魚種 基本タックル 仕掛け 内容
赤むつ 中型電動リール
PE3〜6号400m以上
錘負荷150号以上の竿
胴突き仕掛け3〜5本針
幹糸8〜18号(1.5〜2m)
ハリス5〜12号(0.8〜1m)
ネムリ針16〜18号
錘200号
水深150m以深を探ります。稲取沖では1kg以上の大型が多いです。6〜9月に良く釣れますが、12月に釣れた事もありました。
イサキ 小型手動か電動リール
PE3〜6号100m以上
錘負荷40号以上
片天秤50cmに2〜3本針
幹糸ハリス、2〜4号(全長約5m)
真鯛8号やチヌ6号など
錘60〜80号
水深15m〜80m。稲取周辺のイサキは脂の乗りが良く、評判が良いです。
鬼カサゴ 小型電動リール
PE3〜6号300m以上
錘負荷100〜150号の竿
片天秤50cmに2〜3本針
幹糸10〜12号(0.2〜1m組み合わせ)
ハリス4〜10号(0.5〜1m組み合わせ)
ネムリ針8〜16号
錘120〜150号
水深50m以上、最深部で200m位まで探ります。ほうろくカサゴや沖メバルなど外道の多い釣りです。
カサゴ 小型手動か電動リール
PE3〜6号100m以上
錘負荷20号以上の竿
片天秤50cmに2〜3本針
幹糸8〜10号(0.2〜1m組み合わせ)
ハリス3〜8号(0.5〜1m組み合わせ)
ネムリ針4〜12号
錘30〜40号
水深10〜70m。ゲストはアカハタなど、潮流速い時はヒラメなんて事もあります。
金目鯛 大型電動リール
PE10〜12号800m以上
錘負荷300号以上の竿
胴突き仕掛け15〜20本針
幹糸24〜40号(1.5〜2m)
ハリス12〜16号(0.8〜1m)
ネムリ針17〜19号
錘1.8kg
水深200m以深で最深部は600m位になります。想像も付かない棚で釣るので、投入と回収時の釣り人のチームワークと船長の指示がカギです。
マグロ 中型〜大型電動リール
20サイズ以上両軸リール
PE8〜15号300m以上
錘負荷300号以上の竿
・鯖釣り用小型電動タックル
フロロ30〜45号かナイロン50号を10m以上をケブラーかザイロンを使用して、PEとループtoループで繋ぐ。
泳がせ針22〜28号
・鯖釣り用にサビキ、錘100〜150号
鯖などの生き餌を使ったふかせ釣りです。50〜200m位のラインを送り当たりを待ちます。常に餌を動かす事がコツです。
 鯛  小型手動か電動リール
PE3〜6号100m以上
錘負荷50号以上の竿
片天秤50〜80cmに1〜2本針
幹糸ハリス、2〜4号(全長約10m)
真鯛8号やチヌ6号など
錘60〜80号
水深30〜150m。稲取周辺では真鯛や黄鯛が釣れます。外道では30cmを超える鯵などが釣れます。
ヒラメ 小型手動か電動リール
PE3〜6号100m以上
錘負荷30号の竿
ハリス4〜6号の食わせサビキ
錘 30〜40号
水深10〜50m。カタクチイワシをサビキに食わして、そのまま落とし込み釣ります。イワシの多い時期しか出来ませんが、鯒やホウボウなど外道も高級魚。
アラ 中型電動リール
PE6〜8号400m以上
錘負荷150号以上の竿
胴突き仕掛け3〜5本針
幹糸18〜24号(1.5〜2m)
ハリス10〜14号(0.8〜1m)
ネムリ針16〜18号
錘250号
水深200m以上を探ります。大型は10kgクラスになり、雄雌ペアでいるそうです。
Since 2005 yamakitimaru
 
仕掛けの参考