タイトルイメージ

台東区役所空手道部

沿 革
 台東区役所空手道部は、寺田勇 師範が昭和47年に創部しました。
 創部は、東京都庁から台東区役所に異動してきた寺田師範が、濱野正人氏(東心会師範代)と石井利一氏(後に足立区へ異動)を誘い、浅草寺伝法院で稽古を始めたことに端を発します。その後、稽古場を上野警察署武道場、下谷小学校講堂、台東区役所本庁舎9階会議室へと移しつつ、その部員数を拡大してきました。
 昭和49年、近藤達仁 元助役(当時広報課長)を空手部長にお迎えして稽古にも熱が入り、毎年、区役所本庁舎9階大会議室で演武会を開催して、多くの一般職員等の参観をいただきました。昭和56年には、台東区役所空手道部創部10周年と柏道場の発足を機に、寺田師範は、師事する原田彪太朗先生の許しを得て、「誠心塾東心会」と命名しました。
 空手道部創部時の盟友である濱野正人6段は、昭和58年に全日本実業団空手道選手権大会男子組手の部で優勝し、昭和61年に、竹内義一氏を会長に迎えて浅草空手教室を開設しました。
 台東区役所空手道部は、平成11年に神子雅行 区民部長(当時 企画課長)を、近藤部長の後任の空手部部長にお迎えして、上野本部道場と浅草空手教室を中心に、更なる部の充実を図るとともに、剛柔の道の精進に図っています。
 (記 平成18年1月)



稽古の状況
 現在、台東区役所空手道部の稽古は、「上野本部道場」および「浅草教室」で行っています。稽古内容について知りたい方は、両ページをご参照ください。



その他の活動状況

◆空手道部、「守礼之邦」沖縄へ◆    (文責:HP管理者)

 

                                           (Photo by Hiroyuki Suzuki)

 平成17年10月、わが台東区役所空手道部は創部以来初めて、空手発祥の地、沖縄を訪れました。現地不案内の部員が少なくない中、今回の沖縄行が実現したのは、寺田師範の柏道場時代の弟子であり、沖縄に移住した増田典彦氏(剛柔流5段)のお招きと計らいによるものです。(もちろん三田監督や幹事も貢献しましたが…)
 以下、沖縄旅行合宿の様子をご紹介します。

 ※増田典彦氏は、平成17年12月に開催された第33回全日本空手道選手権大会
  男子形の部に九州地区代表として参加しました。
   当部からは、寺田師範、濱野師範を始め多数の部員が観戦、応援しました。





1日目(10月28日)◆晴れ
 初日は、沖縄の歴史・文化と、剛柔流のルーツを辿りました。剛柔流顕彰碑への拝礼に始まり、沖縄剛柔流の重鎮である比知屋先生の道場で披露いただいたお話や、増田先輩による鍛錬法の実践は、剛柔流への認識を新たにする機会となりました。また、併せて見学した福州園や首里城においては、沖縄の地勢、歴史に思いを馳せ、守礼の国の意味を実感することができました。
●初日の行程
(羽田発⇒)那覇空港⇒昼食:沖縄そば店(奥武山公園付近)⇒剛柔流顕彰碑見学:松山公園(那覇市内)⇒福州園⇒道場見学(比知屋先生、増田5段)⇒沖縄都ホテル着⇒夕食:居酒屋「真ちゃん」(知念先生、国際通り)⇒2次会⇒3次会⇒撤収


 
↑那覇市松山公園内の剛柔流顕彰碑です。     ↑顕彰碑:解説はお世話になった増田先輩。

  
 ↑ 剛柔流顕彰碑を背に集合写真(当日の那覇市は気温30℃!南国の日差しです。)
   碑は「先賢 東恩納寛量  拳聖 宮城長順」の名を刻し、その偉功を顕彰しています。

 
↑福州園の八角塔とハイビスカス            ↑比知屋先生の道場(演武の撮影は忘れました。)

 
↑首里城正殿                       ↑知念先生ご経営の居酒屋「真ちゃん」にて

 
↑「真ちゃん」の豪華なお造り… でも熱帯魚ですよね、コレ。

                                    このページのトップに



2日目(10月29日)◆晴れ時々雨
 2日目は、県北部の地勢を知るための行程となりました。県南は晴天でしたが、県北は昼前後にはスコールのような大雨になりました。北谷の碧い海と白い砂浜、ヒロ・ヤマガタの絵のようなアメリカビレッジなど、沖縄に来たことを実感させられる風景との出会いがありました。
●2日目の行程
ホテル発⇒沖縄海洋博j記念公園⇒昼食:我部祖河食堂⇒工場見学:オリオンビール⇒美浜アメリカビレッジとサンセットビーチ⇒(ホテルに撤収)⇒夕食:三線広場「豚々美」(郷土料理と沖縄民謡、見栄橋付近)⇒2次会:松山町ビアドーム⇒撤収


 
↑沖縄都ホテルと椰子の木                 ↑エントランスで差し入れの番をする森田4級

 
↑本部町の海岸にて                     ↑沖縄 美(ちゅ)ら海水族館の大水槽

 
↑北谷のアメリカビレッジにて               ↑サンセットビーチ(若者が泳いでいました。)

 
↑「豚々美」にて(右後方はステージ          ↑合宿に同行された千葉ご夫妻
                                  (ペアルック提供は、稲葉、鈴木両先輩)



最終日(10月30日)◆雨のち曇り
 3日目は、県南部を巡る行程をとりました。曇天で風も強く、肌寒い最終日となりました。県南の戦址を駆け足で廻り、昼食時に那覇市内へ。国際通りやおもろまちを見学した後、ご多忙のところご引率いただいた増田先輩に感謝しつつ、沖縄を後にしました。
●最終日の行程
朝食:丸安食堂⇒ホテル発⇒島南部戦址見学(車中)⇒沖縄ガラス工房⇒あしびなーアウトレット⇒昼食:那覇市国際通り「うちなーステーキ村」⇒首里城祭パレード(国際通り):俄か雨により中止⇒おもろまちDFS⇒ゆいレール⇒那覇空港(⇒羽田着、解散)

 
↑ガラス工房にて:タマ入れに興じる三田監督    ↑同 町田先輩(店員の女の子、ウケてます。)

 
↑大胆な色彩と爽やかな気泡が魅力的です。    ↑おもろまちDFS(むりやりな1枚)



(後記)。
今回は初めての沖縄ということもあり、盛り沢山な合宿となりました。次回は、より目的を限定した沖縄合宿にする予定です。
冗長な道中記となりましたが、最後まで見ていただき、ありがとうございました。
なお、禁欲的な合宿につきましては、「黒瀧山合宿」のページをご参照ください。
                                    
このページのトップに
 (ご参考)
 沖縄の伝統 空手・古武術のホームページ
 http://www.wonder-okinawa.jp/023/index2.html




ご質問・ご意見・入部希望などのお問い合わせは、メールにてお寄せください。