東北民俗の会の紹介

東北民俗の会は昭和35年(1960)に創設された民俗の研究団体です。事務局は宮城県仙台市にあります。
「民俗」というのは、たとえば衣食住、農林漁業や年中行事、信仰など、私たちに累々と継承されてきた、身近な生活文化の全般を指しています。 私たちはこれらの理解をとおして、地域や日本の生活文化の本質や変遷、また併せて現在の私たちの暮らしのありようについて考えてみたいと思っています。
現在会員はおよそ140名。会社員、主婦、教員、博物館職員、学生など、職業、年齢とも多彩です。
なお、当会には多くの学生会員が在籍していますが、独自に学生部会を組織して活発な活動を行なっています。


会の名称 東北民俗の会(とうほくみんぞくのかい)
(英文表記)The Folklore Society Of Tohoku
設立 昭和35(1960)年2月
代表者(会長) 佐藤  敏悦    SATOH, Toshietsu
常任委員長 木村  敏明    KIMURA, Toshiaki
事務局 980-8576  宮城県仙台市青葉区川内27−1
             東北大学大学院文学研究科宗教学研究室気付
e-mail jimukyoku  tohokuminzoku.com