吉六ではない吉六/ぞの(4) 〜鶴見神社(鶴見区鶴見中央)
吉六研究の資料「鶴見石工・飯嶋吉六の石造物 その壱」北村正幸 藍 第27号)には
郷土つるみ「鶴見金石誌」に鶴見神社の獅子山の狛犬が吉六の作と書かれている
との記載があった。
ここでは、この狛犬を検証してみることにする。
境内に見事な獅子山がある。
狛犬は、普通の獅子山のような構え型ではない。
 庭師と共に、石工銘が記されている。
 非常に読みにくいのだが、
   石工 ■■三郎 と読める。

 従って、吉六ではない。

 しかし、この場合、この獅子山の石組みが
 ■■三郎と庭師の仕事と言うことも考え
 られる。

 しかし、狛犬自体がどう見ても吉六ではない。
 もっと新しい作に見える。
 また、阿像が玉取りだが、吉六はほとんど
 玉を彫っていない。

郷土つるみ「鶴見金石誌」自体を見ていないので、何とも言えないが…
地元であり、この神社と吉六に関係があったことは間違いないだろう。
もしかすると、今の狛犬は比較的最近置いたもで、元々は吉六の狛犬が置いてあったということも
あり得ないことではない。
大綱金刀比羅神社のように、獅子山に吉六の狛犬が乗っていたのかもしれない。
しかし、少なくとも現在の狛犬は吉六とは思えない。
 神社名  鶴見神社(鶴見区鶴見中央)
 住 所  神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-14
 石 工  石工 ■■三郎
 建立年  不 明
 奉 納  鶴見消防一番組 連名で多数記載