これはどうだ!のおすすめ狛犬
No.23〜 2007.8

高虎の燈籠 〜 獅子のレリーフ

上野東照宮(台東区上野公園地)
野東照宮参道には大名達が奉納した燈籠が並んでいます。

多くは慶安四年(1651)の家康公36回忌に奉納されたものですが、その中に
寛永5年(1628)に「藤堂高虎」によってが奉納された銅製灯籠があります。
その燈籠の台座部分と石の台座に
獅子のレリーフがあります。

藤堂高虎は弘治2年(1594)近江の国藤堂に生まれ、15才の時浅井長政に仕えたのを初めとして10人の主君に仕え、足軽から伊賀上野32万石の大名に登り詰めた武将です。

高虎は武人として優れていただけではなく、築城の名手とも云われ、石工や大工の棟梁などと深い繋がりがあったようです。
織田家、豊臣家と仕え、徳川家では家康、秀忠、家光の三代に仕え晩年は目を患って失明しましたが家光のご意見番として江戸城に出仕した。

野東照宮は高虎によって寛永4年に勧請されました。
翌5年は家康公13回忌です。
そして2年後の寛永7年10月5日、高虎は75才で亡くなりました、墓は上野動物園内の寒松院にあります。
製燈籠に獅子のレリーフは珍しくなく、古いものもある様ですが、石造としては寛永5年の獅子のレリーフは東京に現存するものでは最も古いと思われます。
江戸中期以降の獅子のレリーフには優れたものがありますが、余り面白いものはありません。が、
このレリーフは大変面白い。
像のタテガミは毛束が太く先が巻き毛になっています。
吽像のタテガミはストレートで
頭の真ん中から分けられていてユニークです。
それにも増して面白いのは
尾の形状です。
尾の先のふさふさした毛を表していると思いますが、まるで葉っぱのようです。丸彫りの獅子では出来ない形状もレリーフなら可能というところか。

(写真・文 山田敏春)

前月までの「今月の狛犬」〜左のリストからどうぞ!
No.22〜2007.7 木旭晨の獅子山 〜 木村弥七は木村旭晨なのか?! 榛名神社(埼玉県富士見市勝瀬791)
No.21〜2007.6 足尾銅山の山神社狛犬 〜 狛犬と一文銭 山神社(栃木県日光市足尾町通洞)
No.20〜2007.5 諏方神社の再建狛犬〜「狛犬歴記」に注目! 諏方神社(荒川区西日暮里3-4-8)
No.19〜2007.4 ビル内神社にいた中央区最古の狛犬! 松島神社(中央区日本橋人形町2-15-2)
No.18〜2007.3 八右衛門の狛犬と紅白の梅 根津神社(文京区根津1-28-9)
No.17〜2007.2 大王寺のマンガキツネ2号 大王寺(埼玉県春日部市西宝珠花88)
No.16〜2007.1 鷲神社(杉戸町)の狛犬〜私の狛犬初め 鷲神社(埼玉県杉戸町鷲巣649)
No.15〜2006.12 大宮氷川神社の灯籠狛犬 大宮氷川神社(さいたま市高畠町1-407)
No.14〜2006.11 愛宕神社の銅狛犬 愛宕神社(港区愛宕1-5-3
No.13〜2006.10 日中友好会館の狛犬 日中友好会館(文京区後楽1-5)
No.12〜2006.9 名探偵浅見光彦と獅子山 平塚神社(北区上中里1-34-8)
No.11〜2006.8 タレ目のキツネ目! 王子稲荷神社(北区岸町1-12)
No.10〜2006.7 顔が良いので顔だけ盗まれた狛犬 氷川神社(豊島区高田2-2-18)
No.9〜2006.6 足上げの足止め狛犬 足立神社(さいたま市緑区寺山1,137)
No.8〜2006.5 年の差65歳の備前焼狛犬! 鹿島神社(茨城県小川町下馬場530)
No.7〜2006.4 あの見返り狛犬が…その近況報告 近津神社(埼玉県杉戸町清地1丁目)
No.6〜2006.3 仁兵衛の名品狛犬がもう撮れない! 王子稲荷神社(北区岸町1丁目)
No.5〜2006.2 石屋の寺狛犬 幡ヶ谷不動尊 荘厳寺(渋谷区本町2-44-3)
No.4〜2006.1 タレパンダ狛犬 星宮神社 (栃木県高根沢町西高谷 333)
No.3〜2005.12 江戸期の大谷石狛犬〜現代アート? 鷺宮神社 (栃木県宇都宮市鷺の谷町179)
No.2 〜 2005.11 妙義山麓の青苔狛犬〜奉犬された狛犬とは? 中之嶽神社(群馬県下仁田町上小坂)
No.1 〜 2005.10 なんだこりゃ?のミックス狛犬 示現神社(栃木県安蘇郡田沼町閑馬)