これはどうだ!のおすすめ狛犬
No.21〜 2007.6

足尾銅山の山神社狛犬 〜 狛犬と一文銭

山神社(栃木県日光市足尾町通洞)
日久しぶりに足尾銅山に行って来ました。
足尾町は日光市と
合併して日光市足尾町となって、さらに足尾銅山を世界遺産の指定を受けるべく
運動をしていると言います。
驚きました。世の中は動いていますね〜…

でも山神社の狛犬は変わりなく元気でした。

正面の顔は、上の横顔と全く違う印象です。
右の写真、寛保の文字が読めますね。

めてこの狛犬奉納の歴史的な背景を探ってみました。
狛犬の背に刻まれた銘は「
寛保三癸亥天六月吉日 願主 下松原丁 神山清右門」となっています。
かつて簀子橋
(すのこばし)の山神社に置かれていたものです。
願主の神山氏は足尾では古い家系で、先祖が足尾に移住して来たのが正和四年(1315)と言われています。
慶長十五年(1610)、銅の鉱脈が発見され足尾銅山は徳川幕府の直山となりました。
この頃、簀子橋
(すのこばし)に山神社が建立されたといわれています。

出した銅は江戸城、東照宮、増上寺、寛永寺などの銅瓦としてつかわれましたが、足尾銅山が最も繁栄したのは延宝四年(1676)から20年ほどで、以後は銅の産出が激減します。
その後、度重なる洪水や大火、幕府からの借り入れ金などで足尾宿は困窮します。

保元年(1741)、山師達は幕府に寛永通宝(一文銭)を足尾で鋳造するための許可願いを出します。
寛保二年、許可がおりて、以後5年間に渡って一文銭を二千万枚を鋳造しました。
なおこの一文銭は裏に足尾の足の字を刻んだ為「足字銭」と呼ばれ
「お足」の語源となった言われています。
犬は翌年の寛保三年(1743)、銭の鋳造許可願いが叶ったのと銅の産出が増えるようにと願って簀子橋山神社に奉納したものと言われています。
狛犬と一文銭、面白い組み合わせといえます。

参考「村上安正著 銅山の町 足尾を歩く 随想社」

(写真・文 山田敏春)

前月までの「今月の狛犬」〜左のリストからどうぞ!
No.20〜2007.5 諏方神社の再建狛犬〜「狛犬歴記」に注目! 諏方神社(荒川区西日暮里3-4-8)
No.19〜2007.4 ビル内神社にいた中央区最古の狛犬! 松島神社(中央区日本橋人形町2-15-2)
No.18〜2007.3 八右衛門の狛犬と紅白の梅 根津神社(文京区根津1-28-9)
No.17〜2007.2 大王寺のマンガキツネ2号 大王寺(埼玉県春日部市西宝珠花88)
No.16〜2007.1 鷲神社(杉戸町)の狛犬〜私の狛犬初め 鷲神社(埼玉県杉戸町鷲巣649)
No.15〜2006.12 大宮氷川神社の灯籠狛犬 大宮氷川神社(さいたま市高畠町1-407)
No.14〜2006.11 愛宕神社の銅狛犬 愛宕神社(港区愛宕1-5-3
No.13〜2006.10 日中友好会館の狛犬 日中友好会館(文京区後楽1-5)
No.12〜2006.9 名探偵浅見光彦と獅子山 平塚神社(北区上中里1-34-8)
No.11〜2006.8 タレ目のキツネ目! 王子稲荷神社(北区岸町1-12)
No.10〜2006.7 顔が良いので顔だけ盗まれた狛犬 氷川神社(豊島区高田2-2-18)
No.9〜2006.6 足上げの足止め狛犬 足立神社(さいたま市緑区寺山1,137)
No.8〜2006.5 年の差65歳の備前焼狛犬! 鹿島神社(茨城県小川町下馬場530)
No.7〜2006.4 あの見返り狛犬が…その近況報告 近津神社(埼玉県杉戸町清地1丁目)
No.6〜2006.3 仁兵衛の名品狛犬がもう撮れない! 王子稲荷神社(北区岸町1丁目)
No.5〜2006.2 石屋の寺狛犬 幡ヶ谷不動尊 荘厳寺(渋谷区本町2-44-3)
No.4〜2006.1 タレパンダ狛犬 星宮神社 (栃木県高根沢町西高谷 333)
No.3〜2005.12 江戸期の大谷石狛犬〜現代アート? 鷺宮神社 (栃木県宇都宮市鷺の谷町179)
No.2 〜 2005.11 妙義山麓の青苔狛犬〜奉犬された狛犬とは? 中之嶽神社(群馬県下仁田町上小坂)
No.1 〜 2005.10 なんだこりゃ?のミックス狛犬 示現神社(栃木県安蘇郡田沼町閑馬)