これはどうだ!のおすすめ狛犬
No.4〜 2006.1

タレパンダ狛犬

星宮神社 (栃木県高根沢町西高谷 333)
犬は神社の守護獣です、社殿を背にして休むことなく参道に目を向けています。
これは当たり前の事だと思っていましたが、何事にも例外というものがあるようです。
ここ
星宮神社の境内脇にある小さな社の前にヘンテコな狛犬がいます。
建立は
大正12年1月で、古口新松・七十七歳記念・七十六歳之作と銘があります。
どうやら石工さんが
自分で彫って奉納したようです。
が家の老犬も良くこんな格好で寝そべっていますが、神域を守る姿勢としては、緊張感のない格好です。顔は参道に向けていますが、前足に顎をのせて寝ているように見えます。
背中の丁髷みたいなものはどうやら尾のようです。
今はあまり見なくなりましたが、一時期タレパンダというのが流行っていろいろなグッズを良く見かけました。そんな
タレパンダのような狛犬です。
                                 
(写真・文 山田敏春)
前月までの「今月の狛犬」
No.3〜2006.1 江戸期の大谷石狛犬〜現代アート? 鷺宮神社 (栃木県宇都宮市鷺の谷町179)
No.2〜2005.11 妙義山麓の青苔狛犬〜奉犬された狛犬とは? 中之嶽神社(群馬県下仁田町上小坂)
No.1〜2005.10 なんだこりゃ?のミックス狛犬 示現神社(栃木県安蘇郡田沼町閑馬)