スウェーデンに行ってきます♪   (2002年4月22日)

 4月28日〜5月3日(現地時間)、スウェーデンに於いて「第4回チーム世界選手権戦」が開催されます。
我らが日本チームは、奈良秀樹九段、久富隆洋六段、安達康弘五段、私の4名です。
 特に選考会があったわけではないんですが、「昨年の名人戦A級リーグ出場者(あるいはそれに準ずる力のある人)のうち、ゴールデンウィークをフルに使える人」という選考基準でした。中村名人や長谷川九段が入る、あるいは将来有望な若手(低段でも)を入れる方が良いのでしょうが、なかなか現実は厳しい所です。日本連珠社はビンボーですから、ほとんどが自費になってしまいますしね・・・
 今年8月には、ロシアで「世界ユース選手権」もありますが、親子で行くには、かなり余裕のある家庭でないと無理ですし、スポンサー探しが連珠界の今後の課題かもしれません。
−−−−−−−−・−−−−−−−・−−−−−−−−−・−−−−−−−−−・−−−−−−−−
 4月27日13:00成田発、アムステルダム経由で19時間かかってストックホルム着です。(遠いのぉ)
(その4)で「スウェーデンに行くゼィ」と書いたのは、2003年の「第8回WC」のつもりでした。今回の参加は、2月に奈良さんから「出ませんか」との打診があり急きょ決まったものです。また、来年には「若手を引き連れて選手兼コーチとして行きたい」と書きましたし、来年も同じ会場の可能性が高いので、「まあ下見のつもりで行ってみるか」という気持ちでした。

 しかし、団体戦ですし、チームの足を引っ張るようないいかげんな対局はできません。連珠では毎年恒例の『京都阪神対抗戦』が、私が参加している唯一の団体戦ですが、学生時代は将棋部で団体戦は経験しました。関西で優勝して全国大会に出た時の大将も務めました。(残念ながら全国大会ではボロボロでしたが(涙))
 団体戦とはいえ連珠は個人競技ですから、1局1局に集中するしかありません。海外旅行に慣れていないのが不安の種ですが、体調を整えて良い局譜を残せるよう頑張ってきます。
−−−−−−−−・−−−−−−−−・−−−−−−−−・−−−−−−−−・−−−−−−−−−
[連珠徒然草表紙] [Home]