第 3 4 期 登 龍 門 戦 熱 戦 譜


黒 中島 治二段 白 安本喜信四段 黒35にて白投了
3連勝どうしで激突の第4ラウンド、優勝の行方を左右する大一番!
黒の気合い鋭い攻めを白は止めきれなかった。白16は一路右の方が強い。白26が敗着で、27または32に止めれば、まだまだ難しかった。 

N_Y.gif
黒 宮川 創初段 白 谷山佳靖初段 白60にて黒投了 
白10はヘンな手だが、12、14、16とガッチリ防いで、白が悪いわけではない。
黒25からの攻めは鋭かったが、29が伸びすぎで、ここを保留しておけば、30、39の四追いが残り黒勝ちだった。
M_T.gif
黒 木村 慎初段 白 田村 一誠1級 黒55にて白投了 
黒7は白に動いてもらって外から包み込もうという作戦。15〜19と下辺に先着できては黒好調。
白も巧みにしのいでいる。さすがはネットで活躍する若い2人の熱戦である。
白36でついにしびれを切らせて欲張ってしまった。ここは反対に止めるところだった。
K_T.gif
黒 尾口 祐介2級 白 北本健二三段 黒63にて白投了 
斜月は自由打ちのJgameでよく打たれるため若い人の方がよく知っている。
白は18で20、24で26など外から包み込んで、黒に無理攻めをさせるような打ち方をしたい。白46は最後の敗着、47に打てばまだまだだった。とは言え、黒の攻め方はお見事でした。
O_k.gif
黒 芥屋 清見1級 白 武原 健次初段 白34にて黒投了 
武原さんお得意の「流星」だが、この形は白有利とされており、3珠交替打ちではあまり打たれない。
白有利とは言え、実戦で防ぎ切るのは大変で、黒には29から、21の一路上からさらに上に引き出す手順で追い詰め勝ちがあった。残念。
A_T.gif