高 嶋 四 段 三 度 目 の 制 覇 !!
第 3 8 期 登 龍 門 戦

2005年3月20日 於;豊一市民センター
 関西ではようやく春らしくなってきた彼岸の中日に登龍門戦が開催された。

 東海から篠田初段が参戦。宮川創四段、最近急成長の賀茂初段格らと共に優勝争いを繰り広げてくれることを期待したが、過去2回の優勝を誇り、A級リーグ出場経験もある高嶋四段がやはり強かった。
 篠田初段がかろうじて半星をもぎとったが、無敗で三度目の優勝を成し遂げ、登龍門戦を卒業。晴れて高段者の仲間入りを果たした。

 奥田1級と辻林2級の級位者が健闘を見せて、上位に食い込んだが、惜しくもトロフィーに届かなかった。

 上位3名は、第43期名人戦/関西地区1次予選への出場権を獲得。篠田新二段は東海地区からの出場となるので、4位の宮川四段が繰り上がりで出場権を獲得した。全国大会であるA級リーグ出場、さらにはその先にある『連珠名人』を目指してさらなる飛躍を期待したい。
 
順位 氏 名 R 1 R 2 R 3 R 4 R 5 R 6 勝 敗 分
1 高嶋純也 四段 11 ○ 7 ○ 2 ○ 4 ○ 3 △ 8 ○ 5−0−1 五段に昇段
2 賀茂 雪 初段格 6 ○ 4 ○ 1 ● 8 ○ 7 ○ 3 ● 4−2 二段に昇段
3 篠田 聖 初段 5 △ 8 ○ 4 ● 11 ○ 1 △ 2 ○ 4−2 二段に昇段
4 宮川 創 四段 10 ○ 2 ● 3 ○ 1 ● 5 ○ 6 △ 3−2−1
5 奥田新悟 1級 3 △ 9 ○ 7 ● 10 ○ 4 ● 12 ○ 3−2−1
6 辻林太朗 2級 2 ● 10 ○ 9 ○ 7 ● 12 ○ 4 △ 3−2−1
7 杉山太朗 初段 12 ○ 1 ● 5 ○ 6 ○ 2 ● 9 ● 3−3
8 小澤哲史 初段 9 ○ 3 ● 11 ○ 2 ● 10 ○ 1 ● 3−3
9 柿内圭介 三段 8 ● 5 ● 6 ● 12 ○ 11 ○ 7 ○ 3−3
10 武原健次 初段 4 ● 6 ● 12 ○ 5 ● 8 ● 11 ○ 2−4
11 舛谷 浩 2級 1 ● 12 ○ 8 ● 3 ● 9 ● 10 ● 1−5
12 牧 達也 初段 7 ● 11 ● 10 ● 9 ● 6 ● 5 ● 0−6
 
 勝点が同じ場合はポイント計算により順位を決定(1. 対戦相手の勝点合計 2. 勝った相手の勝点合計 3.直接対局の勝者)

 運営は、長谷川九段、飯尾七段 
 観戦+例会参加は、阪本七段、小磯七段、卵坊六段、高川六段、土居五段、田村五段格、西村初段



[ 結果報告表紙ヘ] [ ホームへ ]