定 石 次 の 一 手 (3) [ 斜 月 編 1−1 ]


 斜月はネット連珠家の方たちにも人気の珠型です。黒白ほぼ互角なので、高段者の間でもよく打たれますが、変化が多く打ちこなすのは大変です。
 まずは序盤の組み立て方、考え方を身につけて頂くために、基本的な打ち方を紹介いたしましょう。

    
   A図          B図          C図

 白4はA図が唯一の最強の防ぎです。B図も作戦としては面白いですが、黒が正着を打つと、ほぼ黒の勝ちになってしまいます。C図は「浦月」になってしまうので弱い防ぎです。


    D図
 白4の最強防に対して、黒5はD図のAやBが一般的です。CやDも黒白互角になります。

(第1問)黒先、次の一手は?



 まずは最もよく打たれている形から入りましょう。あなたは黒7をどこに打ちますか?


 [次へ進む]

  [ 次の一手表紙へ ]   [ ホーム ]