読 書 日 記(11) 宮 部 み ゆ き 4 連 発

宮部みゆきの本が次々と文庫化されています。
宮部みゆきにはずれはありません! どれからでも是非是非!
 
(1)時代物 
  『天狗風』霊験お初捕物控(二) 講談社文庫 781円
    『震える岩』に続く第2弾!
    超能力を持つお初が怨霊と戦う
    かどわかされた娘たちを救えるか?
 
  『堪忍箱』    新潮文庫      476円
    8つの時代小説短篇
    ちょっとミステリー仕立ての江戸人情話
 
(2)現代物
  『R.P.G.』  集英社文庫      476円
    ネット上の疑似家族の「お父さん」が殺された
    舞台劇のような構成の長篇ミステリー
  
  『人質カノン』  文春文庫      476円
    街の片隅、日常に潜む、短篇ミステリー7篇
                     (2001 12/14)
    

読書日記(12) 五 辧 の 椿

NHKの金曜時代劇で放映中!(11月30日から連続5回)
 
 「ちゅらさん」の国仲涼子を主役に抜擢! 残念ながら役が難しすぎて・・・
 
 原作は、山本周五郎での昭和34年の作。
昭和39年に新潮文庫の第1刷が刊行されている。  54刷は438円
 
 「この世には御定法で罰することのできない罪がある」
 
 最愛の父が死んだ夜、自分が父の実子でなく不義の子なのを知った18歳の
『おしの』は淫蕩な母を焼き殺し、その相手の男たちを自らの手で裁く決心をする。
 
 「法」と「掟」との葛藤をテーマに、ミステリー仕立ての時代劇。
  
                           (2001 12/14)

読書日記(13) 理系の女の生き方ガイド

「理系の女の生き方ガイド」 宇野賀津子 坂東昌子
     講談社ブルーバックス  860円
 
女性研究者の最大の障害とされる結婚や出産や子育ても
その経験を男にはまねのできない強みにしてしまおう。
 
お二人の女性研究者による、研究者としての生き方のアドバイスです。
 
でも、出産以外は男から見ても、なるほどな〜と思わせられる点が
数多くありました。
 
「男は仕事、女は家庭」というのは、すでに封建時代の遺物です。
研究者を目指すなら、男も女もないでしょう。
 
大学あるいは大学院には行こうと思ってるが、学者にまでなる気はない、
という人にも、参考になる点が多いはずです。
 
理系を目指す人は、男女を問わず、ぜひ御一読を!!
                       (2002 1/31)

読書日記(14)  ベ ル ナ の し っ ぽ

「ベルナのしっぽ」 郡司ななえ 角川文庫   600円
 
ベルナは盲導犬です。
郡司ななえさんは、27歳のときに失明。夫の幸治さんは幼い頃からの全盲です。
 
ななえさんは犬嫌いでしたが、途中失明なので白いつえだけでは外出が不便です。
思いきって盲導犬のお世話になることにしました。
 
盲導犬ベルナとの出会い。出産〜子育てとベルナとのかかわり。
ベルナの14歳での大往生までを描いています。
 
ベルナを飼い始めた頃は、区役所ですら「犬は建物の外へ」という理解のない
時代だったそうです。
 
盲導犬のことを、もっともっと知ってもらうために、アニメ化を進める
「ベルナのしっぽ」を支える会 があります。
http://www.asahi-net.or.jp/~sg9t-nin/Berna.htm
                   (2002 6/3)

読書日記(15)  聖 の 青 春

『聖(さとし)の青春』   大崎善生  講談社文庫 648円
 
 重い腎臓病を抱え、命懸けで将棋を指す弟子のために、師匠は彼のパンツをも洗った。
弟子の名前は「村山 聖(さとし)」享年29。将棋界の最高峰A級に在籍したまま
の逝去だった。
 
 名人への夢半ばで倒れた「怪童」の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情
を通して描く、感動のノンフィクション。
(第13回新潮学芸賞受賞作)
 
 将棋雑誌の編集長から作家へ転身した大崎氏だけに、将棋界のシステム、勝負の厳しさ
をよく理解しておられるので、その描写は確かです。
 
 幼い頃から腎臓を患い、入退院をくり返し、20歳まで生きられるかどうかわからない
という厳しい状況にあった「さとし」にとって、将棋との出合いは運命的だった。
「名人になるんだ!」という強い思いが、彼をかろうじて生かし続けたのだろう。
 
 プロ将棋界では、師匠ー弟子は形ばかりの場合が多いのだが、お互いの人生にまで
大きな影響を及ぼしあった、師弟の関係はうらやましい気もする。
 
 私はアマチュア将棋四段の将棋ファンですから、文庫になったのを見つけてすぐに買い
ました。でも、将棋を知らない人にも是非ぜひ読んでもらいたいと思います。
                   (2002 6/28)
 
[読書日記INDEX]  [HOME]