畑五段 初の  飯尾八段 連続のA級リーグ進出
第46期名人戦 関西北陸地区2次予選
2008年6月15日、22日 於;神戸市/SS数学教室
前順位 氏名 R 1 R 2 R 3 勝点 順位
1 飯尾 義弘 八段 4 △ 3 ○ 2 ● 1.5 2位 全国大会へ
2 畑 雅幸 五段 3 ● 4 ○ 1 ○  2 1位 全国大会へ
3 阪本 嵩山 七段 2 ○ 1 ● 4 ●  1 4位  
4 卵 坊  六段 1 △ 2 ● 3 ○ 1.5 3位  次 点
 
 今年5月11日の1次予選からの勝ち上がり3名に、シードの飯尾八段を加えた4名による総当たりリーグ戦での2次予選が6月15日に開催された。

 今年は2回戦を終えた時点で連勝者も連敗者もおらず、全員にチャンスが残されたまま最終戦に突入。
飯尾八段が畑五段に快勝かと思われた矢先に四追いを見落として敗れる波乱。阪本七段が勝てば2人が決定、という状況だったが卵坊六段の勝利に終わる。 
 これで畑五段の1位通過が決定!初のA級リーグ入りを果たした。

 2位と3位がタイになったため、翌週6月22日に2位決定戦が行われた。
黒:飯尾義弘八段 ○−● 仮先白:卵 坊六段(銀月提示)
飯尾八段が勝って3年連続9回目のA級リーグ入りを果たした。

 
 「名人挑戦者決定リーグ戦(A級リーグ)」は9月13日〜15日に熱海で開催される。
A級シードの賀茂雪六段を加えた関西代表3名の活躍を期待したい。
[ 結果報告表紙ヘ] [ ホームへ ]

[関西北陸地区2次予選の(同点決勝の場合の)規定]

1.単独1位、2位〜3位タイ、4位以下別 →2位と3位で決定戦(4位者失格)
2.1位〜3位タイ、4位以下別    →1位は通過、2位と3位で決定戦
3.単独1位、2位〜n位タイ(n≧4) →2位と3位で決定戦、4位以下は失格
4.1位〜n位タイ (n≧4)   →1位は通過、2位と3位で決定戦、4位以下は失格

(ここでいう2位以下の順位は前年順位+1次予選結果によって決定する)
(現在の参加人数の規定=原則4人、2次予選シード(前年A級での勝ち点4.5以上)者が3名以上の場合は6人で2次予選を行う、となっている。ただし40期、44期のように2次シード者が2名の場合は1次予選が、あまりにも『狭き門』となるので規約の見直しが必要かもしれない)