飯尾七段復活!賀茂五段格は2年連続の
 A級リーグ進出

第44期名人戦 関西北陸地区2次予選
2006年6月18日 於;神戸市/SS数学教室
前順位 氏名 R 1 R 2 R 3 勝点 順位
1 高嶋 純也 六段 4 ● 3 ● 2 ●   0 4位
2 賀茂 雪 五段格 3 ● 4 ○ 1 ○  2 2位 全国大会へ
3 飯尾 義弘 七段 2 ○ 1 ○ 4 ○  3 1位 全国大会へ
4 畑 雅幸 五段 1 ○ 2 ● 3 ●  1 3位
 
 昨年のA級リーグで4位、5位と活躍した大学生の高嶋六段と賀茂五段格の二人が2次予選にシードされていたため、今年5月7日の1次予選からは2人だけの勝ち上がりワクであった。
 昨年の1次予選では、高嶋、田村の両若手に名を成さしめ敗退した飯尾七段が、今年は好調で1次予選から通算7連勝とぶっちぎって2年ぶり7回目のA級入りを果たした。
 賀茂五段格(正式段位は三段、昨年は初段でしかなかった!)は初戦に敗れた後を連勝して、2年連続2回目のA級入り。昨年も多彩な策戦を見せてくれた彼の戦い方に大いに期待しよう。
 自他共に関西の強豪入りと見られる高嶋六段は意外な不出来だった。風邪気味で体調もよくなかったようだが、初戦に「勝たなきゃア!」と力んだか四々禁を見落として破れると、ズルズルと後退してしまった。今回は若さを出してしまったが、今後に期待しよう。
 初戦で高嶋六段を破った畑五段は大きなチャンスだったが、残念ながら連敗で初のA
級入りはならなかった。
 
 「名人挑戦者決定リーグ戦(A級リーグ)」は9月16日〜18日に熱海で開催される。
関西代表2名の活躍を期待したい。
[ 結果報告表紙ヘ] [ ホームへ ]

[関西北陸地区2次予選の(同点決勝の場合の)規定]

1.単独1位、2位〜3位タイ、4位以下別 →2位と3位で決定戦(4位者失格)
2.1位〜3位タイ、4位以下別    →1位は通過、2位と3位で決定戦
3.単独1位、2位〜n位タイ(n≧4) →2位と3位で決定戦、4位以下は失格
4.1位〜n位タイ (n≧4)   →1位は通過、2位と3位で決定戦、4位以下は失格

(ここでいう2位以下の順位は前年順位+1次予選結果によって決定する)
(現在の参加人数の規定=原則4人、2次予選シード(前年A級での勝ち点4.5以上)者が3名以上の場合は6人で2次予選を行う、となっている。ただし40期のように2次シード者が2名の場合は1次予選が、あまりにも『狭き門』となるので規約の見直しが必要ではないか?)