相 楽 八 段 6 年 ぶ り の 優 勝 !
第34回 阪 神 カ ッ プ
2007年1月21日(日)於:吹田市/豊一市民センター
 神戸市の勤労市民センターは日曜日に5時までしか使用できないので、一昨年、昨年と土曜日開催となっていた。今回の阪神カップは初めて吹田市/江坂にある「豊一市民センター」での開催となった。

 この大会は、持ち時間のハンディを取り入れており、同クラス同士は20分切れ負け、1クラス違うと5分のプラスマイナス。(25分と15分)SとCだと実に35分と5分!

 6年前には6戦全勝で優勝された相楽八段は、ここ数年はいつも遅刻の途中出場で、上位に入るものの優勝から遠ざかっていたが、今年はやる気を出して?朝10時に登場。高川六段に敗れただけの5勝をあげて優勝を果たした。
 2年連続優勝だった賀茂五段格は会場を間違えて遅刻。3連勝したが最後に相楽さんに討ち取られた。

 小澤三段は4回戦を終えた時点で4連勝と単独トップに立つ。「今地震が起これば優勝」と不謹慎な発言が災いしたのか?その後連敗で及ばずも、このメンバーで2位に入ったのは立派。斎藤君の活躍がなければ敢闘賞だった。

 無級者ながら高段者3人を倒す活躍を見せた中学生の斎藤さんに「敢闘賞」の楯が贈られた。


 優勝 相楽 俊八段(S)5勝1敗
 
 
 2位 小澤哲史 三段(A)4勝2敗   3位 高川悌二 六段(S)4勝2敗   
 4位 阪本嵩山 七段(S)4勝2敗   5位 卵 坊  六段(S)3勝3敗   
 6位 小磯重正 七段(S)3勝3敗   7位 斎藤正志 無級(C)3勝3敗
 8位 佐伯暢康 5級(C)3勝3敗   9位 賀茂 雪 五格(S)3勝1敗
10位 宮川 創 五段(S)2勝4敗  11位 山家真二 無級(C)1勝5敗
12位 飯尾義弘 七段(S)1勝1敗  13位 土居 学 五段(S)0勝6敗


(級位認定) 斎藤正志さん→5級  山家真二さん→8級

 なお、運営は小生・飯尾でした。

[ 阪神カップの由来 ]
 1968年7月15日、阪神支部長西尾珠豊、阪神支部顧問安井珠瓢の両先生の九段昇段を祝して連珠大会が開催されました。東京の三上繁太郎副理事長(その後理事長)、坪井道弥八段をはじめ神奈川、岐阜、名古屋、京都から珠友が駆け付け、総勢37名の大連珠会でした。(優勝は早川六段(当時))それを機に翌年から「阪神カップ」を創設しました。

[ ホームへ戻る ] [ 連珠会案内へ ] [ 結果報告表紙ヘ]