高 川 六 段 3 回 目 の 優 勝 !
第14回 関 西 早 打 ち 戦

2007年7月15日 於;兵庫勤労市民センター
 関西では台風一過の蒸し暑い1日となったこの日、標記大会が開催された。

 残念ながら過去4回優勝の長谷川名人、2回優勝の相楽八段、田村六段らが不参加で、やや少な目の11名の参加にとどまったが、総当たりをするにはちょうどよい人数だったようだ。

 過去2回優勝の高川六段が好調に突っ走り、伸び盛りの賀茂五段を押さえて3回目の優勝を果たした。

 級位者ながら7勝3敗の好成績をあげた斎藤3級に
敢闘賞が贈られた。


優勝 高川悌二 六段 9勝1敗(西村に負け)
2位=賀茂 雪 五段  8勝2敗      3位=斎藤 正志 5級 7勝3敗 
4位=吉田 久夫 五段 7勝3敗      5位=大浦 忠仁 初段 5勝5敗   
6位=田中 新悟 4級 4勝6敗      7位=小磯 重正 七段 4勝6敗
8位=飯尾 義弘 七段 4勝6敗      9位=西村浩一初段 3勝7敗   
10位=小澤 哲史 三段 3勝7敗    11位=蜂須賀 敏浩 5級 1勝9敗  
  

 勝率よりも勝ち点優先、勝点が同じ場合はポイント計算により順位を決定
 (1.対局数が多い方が上位 2.下位者を優遇する )


[ 結果報告表紙ヘ] [ ホームへ ]