相 楽 八 段  復 活 ? の 優 勝
( 高川陽子5級 高段者をなぎ倒す大活躍!! )
第10回 関 西 早 打 ち 選 手 権 戦

2003年7月20日 於;尼崎産業郷土会館
 梅雨明け間近の尼崎はカンカン照りの暑い一日となった。
 昨年は27名の巨大リーグとなったが、今年は参加16名と、早打ちの総当たりにはちょうどよい人数だったようだ。運営兼任のいいおを除く全員が総当たりを達成した。総対局数は117局。

 序盤は、高嶋三段が飛び出したが、遅れて参加の相楽八段が追い上げ逆転で優勝を果たした。最近久しぶりに家で盤に石を並べたらしい。本格復帰も近いのか?

 A級入りを果たした高嶋・田村両三段が2位、3位に入り、最近の充実ぶりを示した。

 高川陽子5級は、高段者5人を破る大活躍で「敢闘賞」を受賞した。
 
 本大会は、95年大阪南港のATCエイジレスセンターに連珠コーナーが開設された記念行事の一貫として始まった。ATC撤退後は会場を尼崎に移して継続開催されている。
順位 氏 名 段級 相楽 高嶋 田村 阪本 吉川 柏原 宮川 飯尾 高父 高娘 小磯 飯田 小澤 春川 倉井 板谷 勝ち点
1.相楽  俊 八段 12
2.高嶋 純也 三段 11
3.田村 一誠 三段格 10
4.阪本 崇山 七段 10
5.吉川 博将 初段 −− 10
6.柏原 昭彦 五段  9
7.宮川 淳三 六段  9
8.飯尾 義弘 七段 −− −− −−  9
9.高川 悌二 六段 −−  8
10高川 陽子 5級  8
11小磯 重正 七段  6
12飯田 晧一 六段格  5
13小澤 哲史 3級 −−  5
14春川 佳子 5級  4
15倉井 朝道 さん  1
16板谷  始 7級  1
 勝点が同じ場合はポイント計算により順位を決定
 (1.対局数が多い方が上位 2.下位者を優遇する )

[ 結果報告表紙ヘ] [ ホームへ ]