阪 神 連 珠 会 が 3 年 ぶ り に 優 勝 !
第34回 京 都 阪 神 対 抗 戦
9月22日(日)於:尼崎産業郷土会館
 実に34年間、一回の休みもなく連続して行われてきた「対抗戦」が、今年も無事開催され、歴史を積み重ねた。

 今年は、副将・三将に高校生・大学生の若手を起用。1勝でもあげてくれれば十分、という将来を見据えた布陣だったのだが、あれよあれよと白星を積み重ね、また揃ってA級棋士の高川六段を破る殊勲! 
 「うれしい誤算」とは正にこういうことを言うんでしょうね♪

 京都チームに回った吉川さんも柏原五段を破るなど、3勝をあげる活躍で、若手たちが大会を大いに盛り上げてくれた。

 若手の活躍だけでなく、ベテランの阪本七段、柿内三段が、山本二段、吉川初段の全勝を阻止するという意地を見せ、チームワーク良く3年ぶりに阪神連珠会が優勝を果たした。

 二人のA級棋士の成績が冴えなかったのは、箱根から帰って1週間たっていないので、エネルギーが空っぽの状態だったと、高川さんと自分の弁護をしておきます。私も平五段の時にA級優勝直後の河村さんに勝ったことがありますし。。。

   阪 神 19勝    17勝 京 都

大将 飯尾 義弘 七段 ○●●○  高川 悌二 六段  ○●●●  
副将 高嶋 純也 初段 ○○○●  奥村 豊彦 六段  ○●○○ 
三将 田村 一誠 1級 ○○●○  井綿 章久 五段  ●○●○

四将 阪本 弘氏 七段 ●○○○  畑  雅幸 五段  ●●○
                 小磯 重正 七段     ○
中堅 宮川  創 二段 ●●○●  飯田 晧一 四段  ●○●●
四鋒 中島 光男 五段 ○●●   山本 啓介 二段  ○○○●
   宮川 淳三 六段    ●

三鋒 松尾 嘉浩 五段 ●●    亀井 茂男 二段  ○○●●
   柿内 圭介 三段   ○○
次鋒 松尾 敏子 五段 ●●○○  日輪ヨシ子 初段  ●●●●
先鋒 柏原 昭彦 五段 ●○●○  吉川 博将 初段  ○○○●

  

[ホームへ戻る ] [ 連珠会案内へ ] [ 結果報告表紙ヘ]