土留めの擁壁とは?  TOPへ戻る

四角い箱の中の土を、地面に置くと、

形が崩れて、このような形で安定します。



このとき、一般的な土の粘性から、
建築での計算上は、30度で安定すると考え、
これを安息角(あんそくかく)と呼びます。


そこで、宅盤(土)の表面を広げようとすると、
同様に、崩れようとする横への力(土圧)がかかり、



この横への力を、土の重みや、コンクリートの重みで支え
土が崩れないようにするものが擁壁や石積です。


よって、擁壁の高さから計算して、

安息角より、離れていれば、もし擁壁が崩れたとしても、家は残る、ひとまず安心な家。

安息角より、近い場合は、擁壁が崩れると家も一緒に崩れてしまうため、
擁壁の安全性の検討が必要な家となります。


TOPへ戻る