暮らしのデザインノートへ戻る


インテリアデザイン編  開口部のとり方




一般的には、壁の真ん中に窓を開けている例が多いですが、






これでは、壁の隅の部分に影ができてしまい、

空間の印象が暗く感じてしまいます。


そこで、窓を壁際に寄せてとることにより、





光をうける壁をつくり、





壁に反射する間接光により、室内の明るさ感をアップさせることができますね。


●実例写真 (サヴォア邸・設計:ル・コルビジェ)





●脇田山荘(設計:吉村順三)








暮らしのデザインノートへ戻る