暮らしのデザインノートへ戻る


<読書日記>
  



2007/04/18
「LANDSCAPE OF ARCHITECTURE VOLUME 3」を観ました。
カサ・ミラや、セイナッツァロ町役場の思い出がよみがえってきましたので、住宅巡礼に追加してみました。
ラ・トゥーレット修道院には、
一度は泊まってみたいものです。

2007/04/18
中村好文さん監修の
「ラ・トゥーレット修道院」を読みました。
出来上がってみると静謐で落ち着いた印象の空間も、かなりのドタバタ
と緊張感の中で工事が進められたそうです。
この本を読んでから、修道院を訪れると、
一層味わい深い体験になりますね。
2007/04/18
住宅巡礼に

・カサ・ミラ(アントニオ・ガウディ)
・セイナッツァロ町役場
・アトチャ駅
・ユバスキュラ教育大学

を追加しました。
2007/03/13
村田靖夫さんの「緑を楽しむ家」
を読みました。
せっかく一戸建てを建てたのに、
うまくお庭を活用できていないと、
お感じの方にオススメです。
本では、写真が小さくモノクロですが、
村田靖夫さんのホームページで、
カラー写真と合わせて読むと、
楽しさ倍増です。
2007/03/14
久しぶりに、村田靖夫さんの
「住まいのアウトドアリビング100章」
を読み返しました。
本当に気持ちがよくて、
実践的なアイディアが書かれていて、
手放せない1冊です。
村田靖夫さんのホームページも
オススメです。
2007/04/18
「LANDSCAPE OF ARCHITECTURE VOLUME 2」を観ました。
ピーター・ズントーのヴァルスの温泉施設が
秀逸です。
ヴァルスのスパのホームページへは、
こちらからどうぞ。
2007/02/28

インテリアデザインの手法集に、

・網戸は右側?左側?

を更新しました。
2007/03/13
「LANDSCAPE OF ARCHITECTURE VOLUME 1」を観ました。
お気に入りは、ジャン・ヌーヴェルの集合住宅、ネモージェス1。
低所得者用の公営住宅であり、ローコストでありながら、充実した住空間を獲得している手法は、さすがです。
気持ちのよいベンチ付のバルコニーや通路、
元は消防用の全開口サッシなど、
見所が満載です。

2007/03/14
「LANDSCAPE OF ARCHITECTURE VOLUME 4」を観ました。
お気に入りは、ピエール・シャローのガラスの家。
やわらかな光の空間が感動的です。
からくり好きの家具職人、ピエールシャローの
創意工夫が、随所に感じられますね。
2007/01/31

インテリアデザインの手法集に


・間接照明のデザインのコツとは?

・線を減らすデザイン
を更新しました。
2007/02/19
<住宅巡礼>のアクセス数
急激に伸びていたので、何?と思って調べてみたら、ヤフーの今週のオススメサイトで紹介されていました♪
ヤフーのスタッフの方に感謝!

最近、あまり更新してないんだけど、
マイペースでがんばります。
2007/02/20
GYAOで偶然耳にした夏川りみのフルサト。
いい曲だなーと思って、誰が作ったの?と調べてみると、作詞・作曲・編曲が槇原敬之。
さすがに才能のある人は違いますね。
早速、ituneで購入してしまいました。
すばらしい♪
2007/01/10
橘玲さんの「得する生活」を読みました。
海外旅行には、RCIのような
リゾート会員権の活用
も一考の
価値があるんですね。
2007/01/17
・オヤコテイブルとは?
・電気メーターのデザイン!

を更新しました。
空想生活のIHヒーターは、
すごくいいですね。

2007/01/17
糸井重里さんの
「インターネット的」を読みました。
2001年の時点で、すでに
WEB2.0の視点に
思いをはせているところがさすがです。
2006/12/30
「マイアーキテクト・ルイスカーンを探して」
を観ました。家庭人としては、かなり問題があったようですが、建築家としてはやはり偉大であったんですね。
バングラデシュの人々がカーンに
心から感謝しているのが印象的です。
2006/12/31
ESCOLAのル・コルビジェを観ました。
このDVDでは、
コルビジェ先生の生の講義が聴けます!
コルビジェ自身が解説している
アトリエの映像も貴重ですね。
2007/01/04
雑誌「meuble」 (P26) に、
<住宅巡礼>からイームズ邸の写真を
提供させていただきました。
「和田山荘」や「大人のリゾート」の
記事がたのしいですね。
2006/11/29
筒美拓哉の
ライフデザイン研究所を開設しました。
住まいや家計のついての
サポートサービスのご案内です。
2006/12/12
KODAKのV705を購入しました。
ポイントは、
・23mmの超広角レンズ!
コンパクトカメラで、この超広角が味わえるのはすごいことですね。
2006/12/19
ミース・ファンデル・ローエのDVDを観ました。
ガソリンスタンドや集合住宅の設計の中での、
徹底したコスト意識からも、
<less is more >が感じられます。
2006/11/15
メルブルックス監督の
「メル・ブルックスの大脱走」を観ました。
ひげを使ったトリックには、
恐れ入りました。最高です。
今度は、本家の
「生きるべきか、死ぬべきか」も
探して観たいと思います。

2006/11/21

アラーキーの「アラキメンタリ」を観ました。

ものすごい数の写真を撮っていくと、
違った風景が見えてくるような気がします。
2006/10/18
昨日、耐震偽装の判決が出ましたが、
アパの偽装については、
テレビも、新聞も報道しないようですね。
詳しくは、「きっこの日記」をどうぞ。

2006/11/14
ビリー・ワイルダー監督の
「アパートの鍵貸します」を観ました。
巧妙な話の展開や、
急展開のラストシーンには、
素直に感動してしまいます。

2006/11/14
ビリーワイルダー監督の
「あなただけ今晩は」を観ました。
話の展開はもちろん、
屋根裏の部屋がとても魅力的です。
三谷幸喜さんが崇拝している作品だけ
のことは、ありますね。
2006/08/22

最近、ずっとはまっている
「富田ラボ」の
特集サイトを作ってみました。
ドラムから、ベース、ギター、ピアノと
何でもひとりでこなしてしまう
アレンジのグルーヴ感は、絶品ですね。

2006/10/11

住宅巡礼に
「円通寺 借景」
「大河内山荘」
を追加しました。
2006/10/11

YUKIの「WAVE」。
「JOY」に続いて、またもや名曲揃い。
鳶谷好位置の
センスが光っていますね。
2006/08/04
宇多田ヒカルの「ULTRA BLUE」。
作詞、作曲だけでなく
世界感のあるアレンジにも才能が
あふれていますね。
私のイチオシは、おもちゃ箱のように
くるくるとイメージが変わる
「One Night Magic」。
Bメロのコーラス部分がいい感じです。
無料の視聴は
itune music storeからどうぞ♪


iTunes Music Cards

2006/08/05
大前研一さんの面白いコラムの
ページを発見しました。
・なぜ、楽天のTBS買収計画は
筋が悪いのか?
・2006年にアメリカより到来
するTIVOとは?
・インド人経営者の実力とは?
などなど興味深いトピックスが満載です。
2006/08/14

住宅巡礼に

「休日の家・コエタロ」
「テンペリアウキオ教会」
「ユハの幼稚園」

を追加しました。

2006/07/26
「オシムの言葉」を読みました。
「言葉」の使い方によっては、
戦争にもなりうるという慎重な姿勢が、
オシム監督の独特の表現を生み出して
いるのですね。
オシム監督が好きなレミという戦略系の
トランプゲームにも興味深々。

2006/08/01
岩佐孝彦さんの
「小さな会社の社長のお金を残すために
絶対必要な本」を読みました。
どうやって利益を上げるかという
「攻め」のポイントについてかかれている
ビジネス書はたくさんありますが、
この本では、
「上げた利益をいかに残すか」という
「守り」のポイントについて親身になって書かれています。


2006/08/03
bank bandの「to U」。
いい曲ですねー。
作詞 桜井和寿、作曲 小林武史の
黄金コンビ!
最近、ずっと聴いています。
カップリングのピアノバージョンも
最高です。

ミュージシャンが銀行(ap bank)を作るというのも
新しくていいですね。


2006/04/12

<住宅巡礼>に
・4×4の家
・陶板名画の庭
の写真を追加しました♪
2006/05/17
大前研一さんが翻訳された
「ハイ・コンセプト」を読みました。
<デザイン>は<ビジネス>であり、
<ビジネス>は<デザイン>である
と言い切っているところに
大いに共感♪
2006/06/28
「へんな会社のつくり方」を読みました。
「なぜ、学校では制服が必要なのか?」
など、常識を疑ってみるというのは、
大事なことですね。
立ったままの会議、やるべきリストのメモなど、
明日からのビジネスに、
すぐにでも役に立ちそうなアイディアです。
2006/3/1
木村剛さんと三原淳雄さん共著の
「株入門」を読みました。
実践で経験を積まれたお二人の
お話には、説得力がありますね。
これを読んで、外国人投資家に負けない
個人投資家になりましょう!

2006/3/15
「にほんの建築家・伊東豊雄
観察記」を読みました。
伊東さん自身が書かれた本は、
抽象的で分かりづらいのですが、
こうやって、ライターさんが翻訳してくれた
読み物は、とても面白いですね。
2006/03/22

<住宅巡礼>に
・掬月亭
・日暮亭
・東山魁夷せとうち美術館
・欲しかったモノできた展
の写真を追加しました♪
2/13
「起業ってこうなんだ!」
を読みました。事件前の
ライブドアの危なさについても
語られています。
やはり、人を核にした堅実経営が
最後には残るようですね。
2/14
新しいサイト
<あなたの通帳を家計簿に!
自動家計簿のススメ>を作成しました。

こまめに家計簿をつけるのが
苦手な方にオススメです!
2/22
建築家・中村好文さんが
中心となって活動されている
「欲しかったモノできた」展の本を読みました。
それぞれの方の個性が出ていて、
面白いですね。
私は、使い勝手のよい七輪が欲しいです。
12/27
「企業ミシュラン」を読みました。
成長著しいIT業界でも
会社によって、社風はいろいろと
あるんもんですね。
意外と、社員さんの待遇は
よくないようです。
1/11
「WOOD DESIGN」を読みました。
世界のデザイナーが建築の中で、
どのように木を使っているかが分かり、

楽しい写真がたくさんなので
オススメです。

1/24
「住宅巡礼」に、写真をアップしました。
・TOTOセミナーハウス
・ギャラリエ AKKA
・猪熊弦一郎美術館
・南寺
・アルヴァ・アアルトのアトリエ

12/27
最近、立て続けに大前研一さんの
著作を読みました。
やはり、現場主義からの発想が
一番よいようですね。




11/24
「経済ってそうゆうことだったのか
会議」を読みました。
経済学とは、どうやら
共同体のあり方を考える学問のようです。
経済や税金の本質について、竹中大臣が
分かりやすくレクチャーしてくれるので、
おすすめです。
11/29
斉藤正勝さんの「本気論」を
読みました。
カブドットコムの社長さんですが、
本当の顧客指向や、システム指向が
感じられます。
表紙の写真では、真面目そうな顔をされていますが、実はお笑い系の方ようです。
Gyaoの「上を向いて歩こう!」
で、その人柄に触れてみませんか?
12/7
「アマゾンドットコムの 光と影」
を読みました。
とても便利なネットサービスの裏側では
過酷な労働が行われているそうです。
むき出しの資本主義の中での、
顧客満足と従業員満足について
考えさせられます。

11/7
また、今さらですが、
木村剛さんの小説
「通貨が堕落するとき」を読み終えました。
どうやら、度重なる量的緩和によって
通貨量は、バブルの時の水準を
はるかに超えて、うごめいているそうです。
個人としては、いつ、
インフレになっても対応できるように、
預金を、株や、外貨に投資して、
リスクを分散しておくことが大事ですね。

11/8
永橋 爲成さんが編集された、
吉村順三さんの
「建築は詩」を読みました。
自作について、語ることの少なかった吉村さんのコメントや、スケッチは、やはり
心に響きます。
11/10から、12/25まで、
東京芸術大学で、吉村順三建築展
行われます。
吉村先生の想いに、会いに行きましょう!


11/16

吉村順三建築展に行ってきました!
涙ものの青焼き図面や、
スケッチ、模型、家具、照明などなど
盛りだくさんの内容で
2時から5時まで、じっくり鑑賞。

シャワーのような雨の中で、
凛とたたずむ軽井沢の山荘の
映像が素敵でした。
10/30
パソコンテレビ「Gyao」で、
m-floのライブやビデオクリップが
無料で配信されています。

11/2の武道館ライブは、
即日放映されるみたいです。
楽しみですね。

11/2
寄藤文平さんの「ウンココロ」
を読みました。
文と、イラスト、内容のどれもが楽しく、
渾然一体となったイリュージョン!
私もこのような、本づくりを
目指していきたいものです。
11/2
川崎和男さんの
「プレゼンの極意」を読みました。
数多く出版されているテクニック論中心の
プレゼン本とは一線をかくす
まさに、プロの極意。
パワーポイントは使えない!
プレゼンにもっと音楽を!
とゆうところなどは、多いに共感。

10/25
堀江貴文さんの
「カンタン!儲かる会社のつくり方」
を読みました。
上場をするのか、しないのかを巡って、
かなりの対立があったそうです。
興味深い問題です。

10/25
ファイナンシャル・ジャパンで
本田健さんは、
上場しなくても、社員や顧客が幸せな
中小企業の提案をされています。

10/19
私が一番信頼しているエコノミスト
木村剛さんの
「改訂版 投資戦略の発想法」
を読みました。
前作よりパワーアップしていて、、
5年たっても、主張はぶれておらず
本質をついているのはさすがです。
個人投資家の戦略論としては、
この良心的な書物1冊で十分ですね。
週刊!木村剛(木村剛さんのブログ)
10/21
白石まりえさんの
「脱 OLへの道」を読みました。
パソコンとの出会いから、
会社設立までが、本音で楽しく
書かれています。
何はともあれ、実行に移すことが
大事ですね。
脱OLまりえの超節約術
(白石まりえさんのサイト)

10/25
今さらですが、
「竹中プランのすべて」(木村剛)
を読みました。
平成14年10月30日に発表された
「金融再生プログラム」によって、
やっと、本気で不良債権処理が
始まったようです。
それまでの10数年は、なんだったんでしょうか?
思惑だらけの現実に配慮しつつも、原則を貫く
竹中大臣のデザイン力と勇気は、
相当なものですね。


10/15
吉村順三さん設計の
軽井沢の脇田山荘へ行ってきました。
(写真はこちらへ)

数年に一度の一般公開。
内部の見学は、15分のみだったので、
写真を撮るだけで、
居心地を味わう暇もなし・・・
ディテールはこちらの本を参考にすると、
味わい深いものがありますね。
10/19
建築家・中村好文さんの新刊
「意中の建築」
がでています。

読むのが楽しみ。
8/31
m−floのNEW ALBUM
「BEAT  SPACE NINE」を購入。
やはり、最高!です。
8/28
松紳で松ちゃんが絶賛していた、
映画「ペーパームーン」を観ました。
ありがちなお涙頂戴の
感傷的な映画にならないように
繊細に配慮された感性が
とてもいい感じです
!
9/5
旅行用のコンパクトデジカメとして、
「Caplio R2」を購入しました。
あまりコンパクトではないですが、
広角28mmの広い画角と、
単三電池も使えることが魅力です♪
10/19
しかし、ピントが甘い。
ISOを64に固定してもだめなようです。
後継機種のR3に期待しましょう。

9/14
「3Dマイホームデザイナー」を
購入して、使ってみました。
とても簡単に3Dが立ち上がるので、
手書き派の私としては、
プレゼンパースの下書きに利用して、
時間短縮できそうです♪

9/27
「ライブドア?なんだ?この会社」
を読みました。
社長の休日までも、
ネタにして、収益を稼ぐ感性は
株式会社にとっては
大事なことですね。



9/28
「渋井真帆の日経新聞読みこなし隊」
を読みました。
分かりやすい視点と解説は、さすがです。
最近は、朝早く起きれて、
出社前のAM8:00から
英国屋でモーニングを食べながら
日経を読める日が、楽しみなのです。









暮らしのデザインノートへ戻る