暮らしのデザインノートへ戻る


         まぶしさと明るさの違いとは?   TOPへ戻る 


まぶしさと明るさの違いを、図解してみましょう。

まぶしいとゆうのは、
光源から直接光が目に当たってくる状態で、不快なまぶしさ(グレア)を感じます。



一方、光源から直接光を受けた面を間接光としてみるときに、

快適な明るさを感じます。



家の外構灯で、門塀の上に、ぽつんとのせられた門灯を
よく見かけますが、これでは、明るさではなく、まぶしさしか感じません。
肝心の表札部分も暗いままです。



そこで、門塀や、表札を照らす照明を選んだり、



下から、スポットなどで門塀を照らすことにより、




表札もしっかりと照らされた外構の明るさ感を演出できます。

外周りの明るさ感がアップするので、防犯にも効果的ですね。

●実例写真 (京都 タイムズ)




暮らしのデザインノートへ戻る