暮らしのデザインノートへ戻る


<網戸は右側?左側?>  

網戸の定位置は、右側でしょうか?左側でしょうか?

ここでは、一般的な引き違いのサッシの仕組みをみてみましょう。

通常の引き違いサッシでは、

右側のサッシの障子(ガラスの入った枠の部分)が、室内からみて手前

にくるようになっています。

(これを、右前といいます。これとは、逆に左側が手間にくることを左前と、いって、

「商売が左前だよ」とか、うまくいっていない状態を左前といったりしますね。)

●網戸が左側の場合の通風(×)


もし、網戸が左側にあるとすると、窓を開けて、風を入れようとすると、

サッシの障子と、網戸の間のスキマから、虫が入ってくる状態になります。

また、バルコニーへの出入りをしようとすると、

@まず、サッシの障子を開けて、A次に網戸を開ける、と2段階の手間がかかりますね。

●網戸が左側の場合の動線(×)




これとは、逆に右側に網戸がある状態ですと、風を通す時に、虫が入ってくる心配はありませんし


●網戸が右側の場合の通風(○)



人の出入りもサッシの障子を開けるだけで、スムーズに行えます。

●網戸が右側の場合の動線(○)


と、いうことから、「網戸の定位置は、右側」であることが分かりますね。

そこで、一般的な引き違いのサッシでは、

「人の出入りは左から、風の出入りは右から」が基本となります。






ここで、あるマンションの子供部屋で、家具をレイアウトを比べて、、

AとBのどちらの方が、使い勝手のよいレイアウトになるかというと、





































(動線と通風以外の要素は、除いていますが)

虫を入れずに通風がとれ、人の出入りがしやすいBのほうが、使い勝手がよいといえますね。



ライフデザイン研究所

・・・あなたのライフデザインをサポートする、知識、技術、工夫のご提案






暮らしのデザインノートへ戻る