ニューヨーク 3泊4日  デザインの旅   TOPへ戻る 


●1日目 < 2005/09/19(月) >

●PM 13:20  関空 発  (ノースウエスト航空)

約13時間のフライト 機内で漫画「火の鳥(全13巻)」を熟読。

●PM 12:10  デトロイト 着  入国審査で、両手の指との指紋検査と写真撮影。

●PM 13:40 デトロイト発 約1時間でニューヨークへ。 

●PM14:30 ニューヨーク着(ラガーディア空港)    

 タクシーで、ホテルに直行。

 マンハッタンまで約30分。25ドル。

●PM 15:30  ホテル着

ただでさえ高い、ニューヨークのホテルですが、この時期は、

国連の会議が行われていたことがあり、どこも満室。

旅行会社の人にお願いして、やっと予約できたのが、ホテル「THRITY THRITY」

通常は、一泊 1万4000円ぐらいですが、私の時は、

なんと一泊 2万6000円!

で、こんな部屋・・・
































   






















せま・・・
























ロビーは、写真でみるとおしゃれですが・・・


  


 
まあ、ホテルが目的ではないので、よしとしましょう。


●PM 16:00

ここで、NY在住の友達に無事に着いたことの連絡。

「まだ、PM16:00 なので、一時間ほど眠って、

PM 17:00からエンパイアステイトビルを見学するから、

PM 19:00から夕食を一緒に食べにいこう!」ということに。



で、一眠りして、起きてみると、なんと




PM 19:30 !


完全に寝坊・・・・



実質2日間しかニューヨークの街を見学できる時間はないのに、

ホテルでぐっすり眠ってしまいました・・・・

エンパイアステイトビルは、明日へおあずけ。


●PM 20:00

気を取り直して、友人のMさん家族と食事。

Mさんのご主人おすすめのベトナム料理のお店 「BAO」。


  

フォーとゆう、ヌードルや、香ばしいお肉が美味♪


●PM 22:00

その後、Mさんのお宅にお邪魔させてもらうことに。


  

ハーフのかわいいKAI 君。



Mさんと、デザイナーのご主人、KAI君の3人暮らし。

アメリカなので、基本的には、土足なのですが、

ここでは、床にカーペットをひいています。

靴で暮らすアメリカ人の子供は、土足の床に落ちた食べ物も、平気で拾って、

そのまま食べるから、免疫力がつくそうです。
      

おそろしい・・・

しかも、お風呂から上がったあとなんかは、ハダシで土足の床の上を歩くそうです。

ハダシか、靴、の両極端で、

スリッパとゆう真ん中がない形で暮らすのが、アメリカ式。

信じられませんね。

でも、世界的にみると、日本人がきれい好きすぎるのかもしれません。

●PM 23:00

NYでも安全な道を教えてもらって、歩いて、ホテルへ。





そして、そのまま、ベッドに倒れこみ、 おやすみなさーい 。


●2日目へ



TOPへ戻る