懐古趣味 三種の神器・電気冷蔵庫

昭和30年代の前半、テレビ、電気洗濯機に続いて電気冷蔵庫が普及しました。
それ以後、食料品の買物に対する考え方が少しずつ変わっていきました。



電気冷蔵庫は戦前から生産されていましたが、購入者は一部の人に限られていました。

量産体制が整ったのは昭和28年ごろで、昭和30年代前半に一般家庭への普及が急速に進みました。


電気冷蔵庫の普及は、梅雨時など食料品の保存に苦労していた主婦にとって大きな助けとなりました。子供にとってはアイスクリームが身近なおやつになりました。

電化製品の普及は家庭生活のあり方に大きな影響を及ぼしてきましたが、電気冷蔵庫は食生活そのものの変化の要因となりました。


TOPページ 懐古趣味