懐古趣味 池袋界隈
今日、池袋は東京の副都心の一つになっています。しかし、昭和30年代の前半まで池袋は戦後の混乱を色濃く残したまちでした。

戦後のドサクサ時代に不法建築によりつくられた西口マーケットをはじめ、池袋は長い間物騒なまちでした。東京のカスバといわれていました。そのようなまちにも多くの人が住んでいました。まちは子供達の遊び場でもありました。今日では土地区画整理事業により近代的な都市に生まれ変わっていますが、渋谷や新宿などに比べ、同じ副都心でもどこか異なる雰囲気を残しているような気がします。




TOPページ 懐古趣味