退職前後の心境 同窓会

高校の同窓会がありました。同窓生約400人のうち三分の一程度の人が出席しました。他のクラスでは、クラス会を既に何度か開いていたり、ホームページを立ち上げたりしているところもあるようですが、私のクラスは約40年振りの再会でした。やはり三分の一程度の出席で、三分の一程度の人は行方不明とのことでした。担任の先生はお元気のようでした。

40年振りの再会ですが、短時間の会話で長い時間の溝が埋まってしまうから不思議なものです。当時は、フォークダンスに胸をときめかせるような素朴な時代でしたから、女生徒と日常的に親しく話をしたような記憶はありませんが、高校時代には殆ど会話らしい会話をしたこともない女性とも懐かしく話をできるのは不思議ですね。


もっとも男性陣の同窓会での楽しみは女性の人たちとの再会かも知れません。二次会でも、○○さんは今でも美貌を保っているとか、△△さんは良い年のとり方をしているとか、話の殆どは女性のことでした。男って、幾つになっても馬鹿なものですね。

50歳も半ばを過ぎると、男性も女性も多少なりとも余裕が生まれるようになり、昔を懐かしむ心境になるようです。近いうちに小学校の同窓会が開かれるという連絡もありました。戦後生まれの第一世代としては、多感な少年時代を過ごした懐かしい昭和30年代、高度成長の活力に溢れていた昭和40年代にタイムスリップできる同窓会は感無量です。


TOPページ 退職前後の心境