退職前後の心境 通勤定期

私は鎌倉市民ですが、JRの最寄駅は東海道線藤沢駅です。会社から半年ごとにJRの通勤定期代が銀行口座に振り込まれます。ちなみに私がJR東日本を利用するのは藤沢〜東京です。

何にも考えずに藤沢〜東京の通勤定期を買っていましたが、買い方を工夫すると有利になることがわかりました。いわゆる分割購入です。下表をご覧下さい。常識的には定期券を分割して購入すると割高になると考えるのが当然です。ところが、私の場合、藤沢〜横浜、横浜〜東京と分割して2枚の定期券を購入する方が半年で7,720円お得になります。実際には面倒なので分割購入をしていませんが、考えようによっては半年で7,720円というのは馬鹿にできません。


出発駅 到着駅 定期代(円) 出発駅 到着駅 定期代(円) 総定期代(円) 差額(円)
藤沢 - - - 東京 130,190 130,190 -
藤沢 大船 25,700 大船 東京 111,890 137,590 7,400
藤沢 戸塚 33,260 戸塚 東京 99,790 133,050 2,860
藤沢 横浜 57,450 横浜 東京 65,020 122,470 -7,720
藤沢 川崎 81,650 川崎 東京 42,340 123,990 -6,200
藤沢 品川 105,840 品川 東京 24,190 130,030 -160
藤沢 新橋 117,940 新橋 東京 18,150 136,090 5,900

通勤定期というのはありがたいものです。休日に私用で東京へ行っても交通費はゼロです。定年退職したら、藤沢〜東京間の乗車賃は往復で1,900円もかかるのです。友人との飲み会などが時々ありますが、退職したら飲み代も含めて結構大きな出費になりそうです。


TOPページ 退職前後の心境