蔵王コマクサ平(駒草平)
花椛雪 トップへ戻る
蔵王国定公園コマクサ平(駒草平)のコマクサは柵で守られていて接写はできない距離・・・大きな望遠レンズがズラリと並んでました。
蔵王コマクサ平(駒草平)01-2004.6.12



蔵王コマクサ平(駒草平)02-2004.6.12



蔵王コマクサ平(駒草平)03-2004.6.12



蔵王コマクサ平(駒草平)04-2005.6.19



蔵王コマクサ平(駒草平)05-2005.7.2



蔵王国定公園コマクサ平(駒草平)説明看板


コマクサ平(駒草平)説明看板から引用
蔵王国定公園 コマクサ平
 蔵王のコマクサ平は、三十年くらい前まではその名のとおりコマクサの可憐な花が咲きそろうところでした。
 しかし、多くの人が訪れるようになり、可愛い花であるが故に、群落に踏み込んでコマクサを持ち帰ったり、傷つけたりする人が出て、だんだん花が少なくなり、今では疎らにしか見られなくなっています。

 宮城県内では、蔵王でしか見られないコマクサは、花の形が馬の顔を連想させるところからその名がつけられました。
稀に、純白色の「シロハナコマクサ」も見られ、まさに蔵王を象徴する花として親しまれています。
 宮城県では、コマクサの種をまいて群落を復元しようとしていますが、皆様一人ひとりが暖かく見守ることで、コマクサ群落をよみがえらせて下さい。
   コマクサを大切にしましょう!  宮城県
花椛雪 トップへ戻る