カレイの船釣り

平成28年3月20日(日)鳥の海沖

 わかさぎが終了したので、早速海に行ってきました。きくしん丸のポイントが10個たまり、5000円引きで乗ることができました。
 陸上でも風が結構あり、海上が思いやられます。風波が立つ中、南に向かいポイントに到着、船が揺れる中での釣りになりました。
 今回、ヤフオクでフォースマスター300DHが安く手に入り、早速使ってみました。巻き上げ速度を親指1本で調整できるのは大変便利で、大物がかかった時も難なく巻き上げてきます。去年まで手でゴリ巻きして手首が痛くなっていたのが、うそのようです。ただ、ケーブルが邪魔な感じがします。少し工夫が必要かもしれません。12V12AHのバッテリーは不足することなく使えました。
 最初、アタリがかなり頻発しました。ただ、アワセが遅いために針が飲まれてはずす時に切れてしまうことが多かったです。せっかくのチャンスに手返しが付いていきません。ダブルも4回位ありました。形は非常に良く25〜30cmサイズがバンバン上がり、手の平サイズはありません。
 9時ごろからややアタリが遠くなりますが、時たまマガレイが上がってきます。マコガレイを期待したのですが、あまり上がりませんでした。最後近くに強い引きがあり、なんとナメタガレイの大型が上がってきました。
 帰って、あちこちにおすそ分けし、ナメタを煮付け、マガレイを塩焼きにして食べました。卵が入ってとても美味しかったです。

<道具と仕掛け>:リール:シマノフォースマスター300DH、竿:サクラ ホソカルピン180強、道糸PE.1.5号、仕掛け:0.25形状記憶合金80cm3本針+スネーク天秤、オモリ40号
<船とエサ>:きくしん丸、アオイソメ
<時間と釣果>:6時30分〜12時 46枚(マガレイ41枚、マコガレイ4枚、ナメタガレイ1枚(45cm))