つわりを楽にするには  

ホームへ戻る

何ものどを通らない、食欲がわかないというひどいつわりの場合、

胸や胃部不快感につい意識が集中しがちですが、

胃の裏側に当たる背中のぐあいはどうなっているのでしょう。

肩から肩甲骨周辺、背骨の両側の筋肉がガチガチにこっていませんか?

 

つわりが長引いたり重症化するときには、

背骨のバランスの悪さや、背部筋肉のこりから起こることが多いといいます。

背中のこりを解消するためにマッサージや鍼灸が有効です。

それに加えて、

◆胸椎左右の圧痛点や中脘(胃のポイントになるツボ)を中心とした上下の圧痛点に

皮内鍼(ひないしん)を置くのも良い効き目があります。

皮内鍼とは、ごく小さい短い鍼を皮膚の浅い層に寝かせるように留め置くものです。

痛みも違和感もなくハリの効き目が持続するため、数日留め置いたままにしておきます。


つわりの手当ての料金 

はりきゅう治療 ぷらす マッサージ ぷらす 皮内鍼 

(時間およそ60分) ¥5000

ホームへ戻る

 


はりきゅう指圧マッサージ ニコニコ堂治療室

9970034 

山形県鶴岡市本町1丁目411

☎02352929669001830

Copyright(c) 2016 ニコニコ堂治療室