とうししんたく【投資信託】

投資家から資金を集め,専門会社が運用しその収益を分配する投資商品.ファンドともいう.

初心者向き?
初心者向きの投資なんてものは初めからこの世にありません.こっちが初心者マークをつけていても相場は一切手加減してくれません. 投資信託は小額でも可能な投資ってことであって,プロ中のプロでも資金が10万円しかなければ投資信託を活用するでしょう.

小額でも充分な分散投資が出来ることが投資信託の魅力です.

投資額→ 1万円〜 10万円〜 100万〜 1億円〜

日本株

投資信託 投資信託
ETF
投資信託
ETF
個別銘柄
投資信託
ETF
個別銘柄
外国株 投資信託 投資信託
ETF
投資信託
ETF
個別銘柄
投資信託
ETF
個別銘柄
不動産 投資信託 投資信託
リート
投資信託
リート
投資信託
リート
マンション現物
商品 投資信託 投資信託
商品先物
投資信託
商品先物
投資信託
商品先物
金銀財宝現物
日本債券 投資信託
個人向け国債
投資信託
個人向け国債
日本債券現物
投資信託
個人向け国債
日本債券現物
事業債
投資信託
個人向け国債
日本債券現物
事業債
外国債券 投資信託 投資信託
外国債券現物
投資信託
外国債券現物
投資信託
外国債券現物

↑割と適当.資金が多いほど選択肢が増えるイメージは伝わると思います.


選び方
同じ種類の投資信託を選ぶときは購入するときにかかるコスト(手数料)ともっているときにかかるコスト(信託報酬)を比べてなるべく安いのにしましょう.

手数料無料(ノーロード)で信託報酬が1%のと,手数料1%で信託報酬が0.5%の同じ種類の投資信託があったとしたら,2年以上売らないつもりなら後者のほうがお得です.

100万円買って投資先の相場がずっと変わらなかった場合の残高.

 

手数料無料(ノーロード)で信託報酬が1%
手数料1%で信託報酬が0.5%
0年
1,000,000円
990,000円
1年
990,000円

985,050円

2年
980,100円
980,124円
3年
970,299円
975,224円
(実際には信託報酬は毎日 年率/365 くらい引かれるのでちょっとズレます)

はい.投資信託の恐ろしいところは,客が儲けようが損しようが,運用会社は信託報酬でウハウハと言う点ですね.なるべく,運用会社のピンハネが少ないところを選びましょう.


インデックスvsアクティブ

インデックスファンド…インデックスに沿うように機械的に売買.中の人は楽ちん.
アクティブファンド…割安の探してきたり 成長しそうなとこ調べたり 買ったり 売ったり.頭と足を使う.

人件費が多くかかるアクティブファンドの方が信託報酬が高いです.私としてはインデックスファンドをオススメしたいところですが,客から見ればインデックスファンドとアクティブファンドの成績はトントンらしいです.

1万円ピンハネされて5万円儲ける(信託報酬がなければ+6万円)のと,
3万円ピンハネされて5万円儲ける(信託報酬がなければ+8万円)のとどっちがいいかな.
これはもう好みの問題です.


買わない活用方法
各ファンドの組み入れ銘柄が公表されているのでよさげなアクティブファンドの組み入れ上位銘柄を自分で買ってホールドなんていう活用方法もあります.これなら信託報酬0円です.

株・債券・不動産・国際分散全部入りの投資信託の分散具合などは割と参考になると思います.


オススメ

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
低コストで有名なバンガードのインデックスファンド詰め合わせ.世界の株,債券を時価総額と同じような感じの割合でカバー.手数料無料.実質信託報酬 0.78%程度.これくらい程よく分散されているやつをよそで買うと信託報酬2%はぼったくられるようなしろもんです.

ETFとかならもっと信託報酬安いですが,自分で調べたりリバランスするコストや手間を考えると,最安コストを調べるのが趣味のような人でなければコレ一本で良いんじゃないでしょうか.


関連用語

ETF
インデックス投資
債券ファンド
ヘッジファンド
リート
商品ファンド
株式
預金・個人向け国債
確定拠出年金