【所在地】 奈良県桜井市
【代表的なお酒】 「三諸杉」シリーズ

造り酒屋の軒先に、シンボルとしてある杉玉で知られる、お酒の神様「大神神社」のお膝元で育まれた260年間の今も尚、手造りを守っている蔵です。
和釜での蒸や、酒袋でしぼる酒舟などで昔ながらの醸造方法で醸し、仕込み、総米も1t以下に抑え、桶一木一木を大切に醸す酒造りをされています。

最近では、四年連続で全国、大阪新酒鑑評会で金賞を受賞、酒質の評価が高い蔵です。
酒の特徴は、関西伝承の四段仕込みで、酒本来の「こく」を大切にした「うまくち」のお酒です。