【所在地】 奈良県御所市
【代表的なお酒】 「百楽門」シリーズ

「雄町」を使い、硬水で仕込んだ「百楽門」の美味しさに、はじめて口にしたその時から、「このお酒を扱いたい」という強い気持ちが湧いた蔵元です。

硬水で仕込んでいるお酒なら、「軟水」で仕込むお酒と比べて硬い印象があるのですが、この蔵元では1年寝かせることによって、口当たりを良くし、まろやかさを出すという工夫がとられています。

水の性質をきちんと把握し、そこから味わい深い、コクのあるお酒をかもし出すこの蔵元には、まさに、「恐れ入りました」という気持ちが湧いてくるほどです。
この蔵元も、全国のみなさんに知っていただきたい蔵元です。