トップ 永代供養墓 地図・問合せ
妙泉寺 妙泉寺本堂
お地蔵様

東京の永代供養墓・納骨堂なら妙泉寺へ

 妙泉寺は今からおそそ360年前、寛永11(1634)年に現在の地に開かれた日蓮宗の寺院です。現在の江戸川区は下総国(しもうさのくに)に属しており、東葛西領、谷河内村(やごうちむら)に位置していました。
 谷河内村は幕府旗本の松浦氏の領地でした。勘定奉行、松浦河内守信正(かわちのかみ のぶまさ)の奉納した写経塔、信正の肖像画が当山に現存しています。
 久遠廟の後方に安宅丸(あたけまる)稲荷堂があります。安宅丸は徳川家光が幕府の威信をかけて建造した将軍家の巨大御座船(建造費十万両)ですが、その後同船が深川沖で解体され、船玉(ふなだま・船の守護神)が当山に遷されました。商売繁盛の「いなりさま」として庶民の信仰を集め、当時は日本橋の商人や中村座の歌舞伎役者、野田の醤油屋(現在のキッコーマン)からもはるばる参詣がありました。キッコーマン野田工場に安宅丸稲荷のお札が祀られており、現在でも毎年当山に参詣されています。

永代供養墓は妙泉寺

東京江戸川区の【妙泉寺】は、永代供養を行っている納骨堂があるお寺です。妙泉寺久遠廟では、毎日お経をあげています。午前八時半から午後五時の間は、いつでもお参り可能です。宗旨宗派は不問ですので、お墓でお悩みの方はご相談ください。お金をあまりかけたくない方や、お墓の継承者がいない等、様々なお墓のお悩みに対処しております。また、葬儀のご相談も承っております。

永代供養墓 久遠廟 くおんびょう

お墓の継承者がいない
先祖のお墓が田舎にあるので墓参りできない
生きているうちに自分の墓の心配を解消しておきたい
子供などにお墓で負担や面倒をかけたくない
お墓にあまりお金をかけたくない 等、お墓にお悩みの方は、ぜひ、ご相談下さい。

永代にわたり、
当寺が責任を持って
供養いたします。
永代供養墓はこちら

コンテンツメニュー

納骨堂について
東京で永代供養墓のことなら
永代供養墓のすすめ
注目されている家族葬について
葬儀でのマナーについて
納骨堂とお墓の違い
永代供養墓のタイプについて
永代供養の注意点
家族葬の形式による決めごと
営まれる葬儀の種類について