うどん レシピ






まずはシンプルにぜひ「すうどん」「ざるうどん」「釜揚げうどん」でお召し上がり下さい。



すうどん すうどん

おうどんとおだしの味をシンプルに。

ざるうどん イメージ準備中 ざるうどん

おうどんとおだしの味をシンプルに。

釜揚げうどん イメージ準備中 釜揚げうどん

おうどんとおだしの味をシンプルに。

きざみきつねうどん きざみきつねうどん

京都の萬樹でも人気だった「きざみきつねうどん」です。ご自分のお好きな様に作って頂けばよいのですが、少し気をつければいつもより美味しいうどんが出来ます。

とり南蛮うどん とり南蛮うどん

鶏肉を出汁で煮てねぎを入れるだけで出来るのですが、麺類店では色々と細かい事を考えて作っています。

肉うどん 肉うどん

薄切り牛肉を出汁で煮てねぎを入れるだけのあっさりした肉うどんです。

納豆うどん 納豆うどん

納豆うどんは、簡単で材料も手に入りやすく、とても美味しいうどんです。

豆腐うどん 豆腐うどん

見かけは山かけうどんに見えますが、豆腐を使った美味しいうどんです。シンプルで淡白な味なので、旨味のある豆腐でお試しください。

豆腐あんかけうどん 豆腐あんかけうどん

「あん」をつなぎにしてうどんと豆腐を一緒に召し上がって頂くという試みです。 熱いうどんですので冬向きですが、体調を崩した時などには季節を問わずやさしくお腹に納まります。

霙(みぞれ)うどん 霙(みぞれ)うどん

冬の代表的な野菜といえば蕪です。生でも火を通しても美味しくいただけます。 すりおろした蕪をとろみ付けした出汁の中に入れると「霙あん」になります。 うどんに霙あんをかけておろし生姜などを載せただけでも美味しいのですが、少し手を加えると栄養的にもバランスの良いうどんが出来ます。

胡麻ダレうどん 胡麻ダレうどん

つけ麺用の出汁と練り胡麻を使って簡単に胡麻ダレが作れます。胡麻ダレを使って、具沢山のうどんをお試し下さい。

焼き豚(煮豚)うどん 焼き豚(煮豚)うどん

岡山県北部は牛肉の産地であると共に、美味しいSPF豚も産出しています。 ちょっと珍しく見かけはラーメンに似ていますが、味は美味しいおうどんです。

梅長いもうどん 梅長いもうどん

長芋を使った麺の場合、摩り下ろして山かけにするのが一般的です。 長いも独特のシャリシャリとした食感を生かした、夏らしい梅長いもうどんをお試し下さい。

煮茄子と芋かけうどん 煮茄子と芋かけうどん

つけ麺用の出汁を使って美味しい煮茄子が出来ます。 茄子とうどんの取り合わせは難しいのですが、油を使い柔らかく炊き、冷やした茄子はうどんと馴染み、夏らしいうどんになりました。

焼ききつねうどん 焼ききつねうどん

揚げを使ったうどんの代表はやはり「きつねうどん」でしょうか?甘いきつねが苦手な方は「きざみきつねうどん」ですが、何れも熱いうどんです。 最近、甘いきつねをのせた「冷やしきつねうどん」という冷たいきつねうどんもあるようですが、ご紹介するのはさっぱりとした冷たい焼ききつねうどんです。

玉子羽二重うどん イメージ準備中 ※ご注意 うどんマンは食べられません 玉子羽二重うどん

夏といえば玉子豆腐です。美味しく出来た玉子豆腐の、のど越しに代わるものはありませんが、「す」が入って失敗することも多い料理です。 多くの手間と調理器具を使って上手くできなかった時はとても残念です。このうどんは「失敗作の玉子豆腐」を美味しく食べる為のものです。

玉子うどん(クチュクチュうどん) 玉子うどん(クチュクチュうどん)

こんな個人的なうどんをご紹介するのには少しためらいがありましたが、私が小さい時に熱を出したりお腹が痛くなった時に、母がいつも作ってくれた物です。




以前のページへ戻ります 戻る    ページの先頭へ戻ります 先頭へ
手打ちおうどん トップページ 萬樹

手打ちおうどん萬樹の許可無くこのホームページの内容を複製・転載することはご遠慮ください。
このホームページへのリンクは自由ですが、必ずトップページへお願い致します。