皆様からのお便り






商品と一緒にお送りする印刷物ではどうしても内容が限られます。材料の事、作り方、器の事、味について等々、ご意見やご感想、ご覧頂ければと思います。 ご質問にもできる限りお答えしますので、ご遠慮なくメールでお問い合わせ下さい。

萬樹宛てEメール作成 Eメールは、こちら <manki@khaki.plala.or.jp> へお願い致します (Eメールのご注意もご覧ください)。



おいしかったです A.N.様 2010年 3月

ここ見てましたら、結構常連さんが多い感じですが、私は今回初めて注文させていただきました。
届いて箱を開けましたら、くわしーーーい説明書が入っておりまして、使っている材料の事やゆでかたや レシピなどなどです。
じっくり読んでまずは「きざみきつねうどん」に挑戦!
京都時代の事は何も知らないのですが、書いてある通りにゆでたのでうまくいったと思います。
正直、夢でも見ているかのようにおいしくて、つゆまで飲み干しました。
シコシコとかモチモチとかそういう次元じゃないような気がします。
今までもおいしいと言われるうどんは少なからず食べてきましたが、『手打ちおうどん』のおいしさは 他のものとは全く別です。
独りで6食頼んだので、半分は冷凍するつもりでいましたが、冷蔵賞味期限が来る前に食べちゃいました。
萬樹さん、ありがとう!また、お代わりするね



純粋なお味 M.M 様 2009年 11月

おうどんもお出汁も、とても純粋なお味がしました。
かけもののお出汁に椎茸、しめじ、ハナビラタケを入れて、すだちを少し搾っていただきました。
へたな土瓶蒸しよりずーっとおいしかったです!
ごちそうさまでした。




京都に行かなくても S.W.様 2007年 4月

京都に旅行に行ったときは、お昼は萬樹のうどんを楽しみにしたものです。
1日に2度行ったこともありました。
祇園のお店を閉められてから、小路の店の前を通るたびに、京都旅行の楽しみを一つ失ったと思っていました。
細めの滑らかなあの食感のおうどんが食べれなくなったことを、私以上に妻も残念がっていました。
しかし、通信販売の形で、食べられるようになり、本当に嬉しく思います。
考え方を変えれば、京都に行かなくても萬樹のうどんを食べることができる。
信州でも萬樹のうどんが食べれる。
小さな幸せを見つけた気分です。
いつもおいしい萬樹のおうどんを、楽しみにしています。  



焼き餅につけても T.A.様 2007年 4月

早速にお送りいただきましてありがとうございました。
上品なお味で、心豊かにさせていただきました。
濃いだしは、焼き餅につけてもおいしかったです。
安全で安心なおうどんを、ごちそうさまでした。


ホームページを開設してから、2年経ちました。
お客様、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。(2007年4月)


偶然見つけた「萬樹」のHP Brahms様 2006年 8月

お陰で「切り通しのお店」以来、忘れかけたあの感激を再び味わうことが出来喜んでおります。
ただ、あの静かで落ち着いた店内、ひたすら美味しいものを食べる人々の静かな会話など・・・。
本当は永田さんの元へ出かけて食べるのが一番なのでしょう。しかし贅沢は言いますまい。
素饂飩の澄み切った美しいキツネ色のお出汁は感激でした。
美味しいものは「美味しい」と感じる事と、食べ終わった後の「何時までも続く爽やかな
口の中の余韻」が大切であろうと思います。 祇園では「とり南蛮」が好きでした。
ご健康に気をつけられて、ご発展をお祈りいたします。



毎日食べてもいい!! M.K.様 2005年 11月

うどん、さっそく完食しました。 前の祇園のお店のものとはまた違った感じで、おいしくいただきました。
「毎日食べてもいい!!」
難しいのは茹で加減。
最初温かいのを食べたのですが、ちょっと茹で過ぎました。
短めに茹でたつもりだったんですが、あったかいだしの中でのびてしまったようです。
その次に冷たいのを食べるときは茹で時間を押さえました。
これは自分でも悪くなかったです。
ただ数回しかトライしていないので、自分にとってちょうどいい茹で加減はまだつかめていません。
まぁ、トライ&エラーの繰り返しでしょうか。



M.K.様、お便りをありがとうございました。
生うどんを茹でるのは難しいというご感想は他のお客様からも度々頂戴しております。
この度、皆様からのご意見を取り入れさせていただき「おうどんの茹で方」を新しくまとめ直しました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。



少しずつまた新しい輪ができるといいですね A.H.様 2005年 6月

お世話さまでした。 早速お昼に頂きました。箱を開けるまで今日は1人なのでおだしあけたら 容器に入れまた冷蔵庫にと思っていましたら1人分ずつになっていて有難かった です。作る前に同封の説明書きを読み心新たに自分のために緊張して 作りました。
麺が細いので茹で易かったです。家のうどんだしは昆布と鰹節 だけなのでとてもこのような繊細なおだしは難しいです。ほんとに美味しかったです。
京都のお店で美味しいと頂いていた一杯のおうどんがテーブルに置かれるまで 幾つもの細やかなお手間をかけて下さっていたことがあの美味しさに繋がるのですね。
萬樹ファンの私達にまたこうして美味しいうどんを食べる機会を下さり感謝しています。
萬樹のおうどん、多くの根強いファンがいることと思います。 少しずつまた新しい輪ができるといいですね。楽しみにしています。



懐かしいようなでも新鮮な味 M.K.様 2005年 5月

おうどん、美味しく頂きました。 調理方法に注意して、シンプルなきざみきつねうどんを家内に作って出しましたが 大変好評で、何も言わなくても汁をほとんど飲み干してしまいました。 懐かしいようなでも新鮮な味だったようで(家内も関西出身です)、非常に満足し ておりました。 その後家内は鶏肉を入れたものなどいろいろ試したようです。(私はかけうどん などシンプルなものがほとんどでした・・・)
8食ということもあり、全て美味しい期間に食べることができないと判断し、 一部をご近所にお分けさせて頂きました。でも、その後やっぱり自分たちで食べればよ かったと少々後悔もあったのですが・・・。 また折をみて購入させて頂きたいと思います。(実家に帰省の前に購入して実家の 家族にも食べさせてあげたいとも思っています。)



やむをえず一部は冷凍しておこうと思います まきもり 様 2005年 3月 19日

おうどんが届きました、ありがとうございます。さっそくざるうどんでいただきまし た。
お出汁が風味豊かでおうどんをしっかり引き立てていて、気になる後味もなく、
すばらしいと思いました。おうどんは個性的で、滋味たっぷりと感じました。
ほかで は出会えないお味で、とても美味しくいただきました。
きざみうどん、豆腐うどんも 試してみます。
一度に食べきれないので残念ですが、やむをえず一部は冷凍しておこ うと思います。
研究を重ね、着実に進まれているご様子、これから楽しみですね。
お二人ともくれぐ れもお体大切にお過ごしください。

(二週間後)

冷凍しておいたおうどんをざるうどんでいただきました。家庭の冷蔵庫で、2週間
たっているのですが、そんなに劣化していなかったように思います。ただ、長いまま
凍っているため、パスタ用の鍋でゆがいたのですが、お湯に入りきらない部分が最初
のうち出てしまうのが気になりました。主人は、京都の萬樹さんのときとずいぶん変
わったねとすこしおどろいていたようです。



あーっ・・・ 食べるのが楽しみです。 クリケット様 2005年 3月 19日

先程おうどんが届きました。ありがとうございました。
早速、開封したところ案内が同封されておりましたので、拝読させていただきました。
まず、このうどんの誕生にいたった経緯がとても丁寧に表現されていて、読んでいてとても心地よく感じました。
それから、保存方法、茹で方等、科学的根拠もふまえて、うどんの作り方がこと細か(半強制的な感じ)に説明してあり、
いい意味で永田さんらしいなぁと思いました。スナップ写真も大変いい味を出しています。
あーっ・・・ 食べるのが楽しみです。



過日は丹精の美味,有り難う御座いました。 正木春蔵 様 2005年 3月 19日

過日は丹精の美味,有り難う御座いました。
それに詳しいレシピの数々,特にうどんのゆで方は目から鱗でした。
麺もさることながら出汁のおいしさには参りました。
余った出汁を多々利用させていただきました。



心より声援を送らせていただきます。 木村 栄昌 様 2005年 3月 19日

お蔭様で、おいしいおうどんを賞味させてもらいました。
あれから何回か祇園のお店近くにも行ったとき、再開されておられるのでは、などと
手前勝手なことを思って寄ってみました。少し淋しい思いの後でもあり、とても嬉し
かったです。

昔 「哲多新見の水」というのを紹介されしばらく家で飲用していた時期があり新
住所を拝見して懐かしく思いました。素材や水のよい土地に移住され、これからも
Originalityと Creativityのあふれた「作品」を世に出されることと思っています。
心より声援を送らせていただきます。

以下は味わわせていただいたお礼代わりにFEED BACKを記しました。不躾なところは御赦し下さい。
>
・かつを と 昆布のだしが最高。よい素材を使っておられること感じます。家内も同意見です。
・かけだし汁、つけだし汁両方試みました。わたしは、ざるうどんにして「つけだし汁」でいただくほうがさっぱりして好きです。
かけだし汁の場合うどんがやや粉っつぽく感じました。多分漂白されたおうどんにいつのまにか馴れさせられたからかも知れません。
でも、あの蕎麦のような色合いは好きです。食欲をそそります。毎夜のように頂きましたが飽きません。不思議です。 



ホームページ開設おめでとうございます。 \(^o^)/ 同志社大学軽音楽部OB 2005年 3月 16日


つるつる、すべすべ、しこしこ・・・と、言う感じで
最近、なんかごつごつ、ぎとぎとした食べもんが多い中、
久々に味わった「すうっとおなかに届く」食でした。
何故か?自分なりに色々いじってみたい(?)ような誘惑を
感じさせる「素材」のような印象です。
小学3年のやんちゃ坊主の感想は「もうないの?」でした。



【Eメールのご注意】
原則として本名やメールアドレスなど個人情報に関わる部分は掲載致しません。 「MDさん」などのイニシャルで紹介させていただきます。 さらにお便りそのものの非公開をご希望される場合は、その旨をお知らせください。 なおお便りの見出しは、文書の中から適当に選ばせていただくことがあります。



以前のページへ戻ります 戻る    ページの先頭へ戻ります 先頭へ
手打ちおうどん トップページ 萬樹

手打ちおうどん萬樹の許可無くこのホームページの内容を複製・転載することはご遠慮ください。
このホームページへのリンクは自由ですが、必ずトップページへお願い致します。