獅子の構成

(1) 獅子頭
大獅子頭は桐材、赤漆塗
中獅子頭は桐材、赤漆塗
小獅子頭は桐材、赤漆塗
越中井波製です。

(2) 獅子の頭持ち
頭持ちといい、カヤの中におり、
交替を含めて4人です。

(3) 獅子の胴体
胴体は大中小ともカヤであり、
本麻、赤牡丹巻毛模様
カヤ入りは頭持ち、
尻尾持ちとも4人です。

(4) 天狗
獅子に対する演舞者を天狗といいます。
烏帽子(垂付)をかぶり、
赤高鼻面をつけます。
天狗と獅子が一緒になって舞うのです。

(5) ハヤシ
女の子が縦笛を吹き、青年団員が
大太鼓の片面を1人で
両バイで拍子をとります。
鉦も1人で打ちます。
獅子舞の見えるところで行います。


【由来】
【ルーツ】
【地区について】
【概要】
【獅子の構成】
【演目】
【内容】
トップ


【写真】


他の写真・動画はPCでこちら
(C)久保町青年団