写真,獅子頭,動画

勇壮な獅子舞はこちら

獅子舞
獅子舞,羽咋郡宝達志水町,写真
動画,写真

携帯版
モバイルサイト

獅子舞の由来

石川県羽咋郡宝達志水町子浦の出雲神社で毎年9月に行われる
秋季例大祭で披露される華麗な獅子舞写真動画をご紹介

獅子舞は、正月やお祭の時に行われる、獅子頭を頭にかぶって
舞う民俗芸能で、 日本各地によって獅子舞の降り方は様々ですが、
主にお正月など の縁起の良い日に行われます。獅子舞は疫病退治・
悪魔払いを するものとして昔から一般大衆に広く信じられています。


石川県には能登獅子・加賀獅子と富山県がルーツの越中(氷見)獅子があります。
当地区は能登半島の付根にあり、また加賀・富山県氷見市との境界でもあり
それぞれの「獅子舞」の特長や要素を受け継いできた郷土の伝統芸能です。


久保町の獅子舞は江戸時代から続くとされている能登獅子(子ども獅子)と
大正末期〜昭和初期に針山(針山は氷見字見内から)から習った越中獅子(青年が躍る大人獅子)
があります。

祭りの日程や獅子舞の概要、他地域の獅子舞の紹介は入口からどうぞ。