ダウンロードとインストール

:
初めての方は ダウンロード前に 準備段階【1】 【2】 又は 【3】を実施する必要があります 
 
ダウンロードページへ


重 要
   HAMX2016のバージョンは VER6.1 です   
      簡単バージョンアップできます  バージョンアップの方法はここをクリック

     HAMSX2016 Ver 6.1の起動は  HamsX2016.jar をクリックする事で 起動します
     ただし JAVA環境のないパソコンでは 正常に起動しないで  解凍ソフトが起動して 解凍しますか 等と聞いてきますが 絶対に解凍してはいけません 
      準備段階の実行(JAVA環境のセットアップ)が先決です  

 パソコンに初めてHAMSをインストールする方
準備段階として 【1】【2】 または 【1】【2】【3】 と進んでください 準備段階が終わったら【4】に進んでください
重 要 準備段階完了前に HamsX2016 を起動してはいけません

HAMSメンバーで既にパソコン内に旧バージョンが動作している方
  準備段階を省略して 直接 【4】に進んでください


   
 準備段階【1】 SNJRT30のダウンロード とインストール
HAMSを動作させるに必要なドライバのインストールです 
HAMSを始めてインストールするパソコンには必ず SNJRT30 をインストールしてください
ここからダウンロード snjrt30.exe  して 適当なホルダに保存後、クリックして実行します
イントールを実行すると黒色バックのDOS画面のウンイドゥが現れ 数秒で完了 DOS画面は消えます これでインストールは完了です


 準備段階【2】JAVAのバージョンチェック
次にHAMSを動作させるに必要なJAVA実行環境がパソコン内に有るかを確認してください
購入したばかりのパソコンにはJAVA実行環境が無いことがあります 下記の確認でJAVAアイコンが無いときは
JAVA環境がインストールされていないので次の項目のJAVA環境のインストールをお読みください。

@コントロールパネルを開きます JAVAアイコンを確認してクリックします (WinXPの場合)
Win7、 8 、 10の場合は コントロール パネルを開いて 右上の 
コントロールパネルの検索 に JAVA と入力すれば JAVAのアイコンが表示さ
れますから それをクリックしてください

コーヒーカップアイコン=JAVAアイコンの無いときは JAVA実行環境が無い と
いうことですから
準備段階【3】 JAVA環境のインストール へ進んでください。 



Aバージョン情報をクリックします
Bバージョン1.6.0_xx 以上ならOKです


最新では1.7 0_40-b43 以上は動作確認していませんので 動作保証は出来ません
その為 アップデートのタブで
安全のためアップデイトは しない設定が望ましいです



上記は JAVA 1.7.0_40-b43 です


 準備段階【3】 JAVA環境のダウンロードとインストール
  前項のJAVAのバージョンチェックJAVAの環境が無い時はここからダウンロードしてンストールしてください
  
@簡単に済ませたい方 は以下からダウンロード、該当のパソコンをクリックして適当なホルダへ保存してください。
64bitパソコン用  jdk-7u9-windows-x64.exe

32bitパソコン用  jdk-7u9-windows-i586.exe

AJAVAインストール
ダウンロード保存が終わったら、 保存したホルダを開いて ファイルをクリックして指示・案内に従ってインストールしてください

B最後に確認します
 JAVAインストールが無事終了したら、パソコンを再起動します そして前項の準備段階【2】 JAVAのバージョンチェックを実施して
 正しくインストールされていることを確認してください


   
【4】 HAMSX2016のダウンロードとインストール
   いよいよHAMSX2016をインストールします

@ ダウンロード ダウンロードページへ
クリックして ダウンロードページへ移動します  ダウンロード完了したら このページに戻って 次のAインストールへ進みます

A インストール
             先ほど保存したホルダの HamsX2016_SETUP.EXE をクリックすると 自動解凍され
             HamsX2016ホルダが出来ます これでインストールは完成です 簡単です

B ホルダの中身 インストールした HamsX2016 ホルダ をクリックして 開いて中身を確認してください
  以下は HamsX2016 VER6.1 のホルダ構造です
A: 左はHamsX2016 ホルダの内容です 15個のホルダ
21個のファイルが有ります

B: HAMSXの起動は 赤枠 の HamsX2016.jar を
クリックすれば起動します

ファイル表示設定によって .jar  (拡張子 )が表示されないパソコンが有ります その
場合は HamsX2016表示されます がクリックで起動します


注 意 
初めて HamsXをインストールされた方で JAVA環境のないパソコンでは
解凍ソフトが起動して 解凍しますか 等と聞いてきますが 
絶対に解凍してはいけません。
準備段階【3】 を参考にJAVA環境をインストールしてください。


ショーカットをデスクトップ作成する方は アイコンの設定が出来るように 
ホルダ内に 
HamsX_1.ico HamsX_2.ico の2つのアイコンファイルがありますから 好みで設定し
てください



C HamsX2016.jar クリック 
   起動テスト成功でインストール完了です  

HAMSX2016初期設定へのリンク



トップへ
トップへ
戻る
戻る