曹洞宗 普門山  慈 眼 寺

ようこそ、福井県 慈眼寺 のホームページへ

皆様が、一度訪ねてみたいと感じて頂けることを願って作りました。

慈眼寺山門
〒919−0114 福井県南条郡南越前町小倉谷7−1
0778−45−2110
mailto:fukui-jigenji@apost.plala.or.jp


春の庭 参道風景 秋:本堂ともみじ 慈眼寺本堂正面

☆ 更新記録 ☆

この「ホームページ」は
平成19年7月6日にトップを更新し、新しくリンクを加えました。
平成19年5月31日にトップ・年中行事を更新しました。
平成19年4月4日にトップを更新しました。
平成19年3月18日にトップ・年中行事を更新しました。
平成19年2月3日にトップ・年中行事を更新しました。
☆トピックス ☆



★リンクをつくりました

リンクのページからインターネットの便利さ、楽しさが味わえます。慈眼寺の周辺の観光施設やイベントを調べたり、

宗教について知識を深めるなど、どうぞ御活用ください。リンクできるHP件数もこれから増やす予定です。



★ふるさとの木の森をつくり続ける宮脇 昭先生

横浜国大教授の宮脇先生のご活躍は新聞等で知っていましたが、混植・密植の実際と潜在自然植生を調べる方法がわかりませんでした。

武生ロータリークラブ主催で6月5日に先生の講演会があると知り、喜んででかけました。すばらしいお話でした。スライドとビデオがありましたので

始めた頃の苦労話や植樹現場の様子がよくわかりました。荒廃の進むお寺周辺の山をどのようにしていったらよいのかまだ結論は出ませんが

79歳の先生が「あと30年は皆さんとともに木を植える」とおっしゃった強い意志と行動力に励まされました。

自分も拾ったどんぐりをたった3本ですが植木鉢で育てています。講演を聞いたら家に帰って早速どんぐりの種類について調べたくなりました。

自分の植えたポット苗から命を守る森が生まれる。夢が育ち、人と人のつながりも広がるはずです。





★晋山式(しんさんしき)を終えて

昔から慈眼寺の大行事は、夜叉ヶ池の竜神様のお出ましで雨が降ると言い伝えられていますが、晋山逮夜の夜に突然

夕立のような雨が降りました。伝説のとおり、闇と雨に紛れて夜叉ヶ池からお参りくださったように思えました。

雨に洗われた翌日の朝は清々しい晴天で、雅楽演奏者とかわいいらしいお稚児さんの行列を先頭に晴れやかな晋山

が始まりました。人数が多いのを心配されたお稚児さん(170名)も順調にスタートすることができました。



晋山式に向けて準備を始めた頃は手探りで進むような状態でしたが、いろいろな会を設けるうちに檀家さんをはじめ

信者や地域の皆様から御理解を得、多く援助、お手伝いを御願いすることができました。

温かいお心を頂戴し、深く深く感謝申し上げます。

「人も、ものも自立自存しているものはない。」の言葉のとおり、すべてはつながり合い、支えあって存在していることを感じました。

こだわりのない心で、一緒になって『晋山の喜び』を分かち合えること。すばらしいことです。

平成19年5月4日、報恩の大法要は無事に円成することができました。ありがとうございました。



晋山式の内容について 年 中 行 事 のページに少し載せましたのでご覧ください。

下に晋山式のスナップ写真を紹介します。多少日数がかかると思いますが、数回に分けて見ていただく予定です。
晋山式スナップ
新命住職晋山 山門法語を終えて
御本尊礼拝 法戦式
お守り渡し 稚児焼香
前日の配役行茶 檀信徒・寄付者の総供養
参道一杯の行列 桟敷のスロープを上って本堂へ

あざみ 樹木葬 ・ ・ ・ 新しい葬送・埋葬の形を求めて、


お便りはこちらに   あなたのご意見やご感想をお待ちしています。(^0^)/ _
●個人情報の取り扱いについて●

ご意見・ご感想・各種問い合わせの際に、当寺にお寄せいただきました個人情報(お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレスなど)は厳正に管理し、第三者に提供することはありません。当寺の行事案内や事務連絡にのみ利用させていただきます。

御本人から当寺が保管している個人情報の照会・訂正及び登録取り消しのご希望がありました場合には速やかに対応させていただきます。

最初に戻る