..................................................................................EME = Earth Moon Earth = Moon bounce


夢のしっぽに掴まって、振り落とされても慌てず焦らず諦めず

身の丈に合せて力を養い、飛びつき、這い上がる・・・・


.....百聞は一見に如かず..............

私のささやかな ”プロジェクト x ” をご紹介します。
(”x”の小文字にご注目)

 



好きになればやる気がでる やる気が出れば元気が出る
元気が出ればその気になる その気になれば根気が出る
根気が出れば本気になる  本気になれば花が咲く・・・・
  民放「人生の楽園」故碇矢長介氏の語りより


行く先を照らすのは    まだ咲かぬ 見果てぬ夢
遙か後ろを照らすのは   あどけない夢・・・・・・・・
ヘッドライト テールライト   旅はまだ終わらない
                                NHK「プロジェクトX」 中島みゆき作詞より


神様は決してピンチだけをお与えにならない
ピンチの裏側に必ず
ピンチと同じ大きさのチャンスを用意してくださっている

愚痴をこぼしたり やけを起こすと
チャンスを見つける目が曇り
ピンチを切り抜けるエネルギーさえ失せてしまう

ピンチはチャンス どっしりとかまえて
ピンチの裏側に用意されているチャンスを見つけよう

                                              佐賀北高 野球部標語 「ピンチの裏側」 
                                                            福岡 ・飯塚の詩人 山本よしき 作詞より

”はやぶさ”に泣く
NASAに先駆けて月以外の天体を往復し7年60億キロの
七転び八起き満身創痍の旅を終え大事なカプセルを地球に
届け花火のように散った瞬間の映像を見て思わず泣きました。

その影に日本の技術者の知恵・努力・忍耐・執念があった
ことを思うと頭が下がると同時に誇りを感じます。(古い?)

最後に役に立ったのが困難を予測して設置したイオン
エンジンの部分共用?をするためのダイオードだった
と聞くとまた涙がこぼれます。(年をとりすぎました・・・)

それにしても、日本の通信技術と制御技術のレベルの
高さにはただ感激するのみです。 (2010.06.13)

でも、これは7年前の技術、昨年は絶対(ここでこそ使える言葉
失敗できない有人宇宙基地への無人貨物船の遠隔操作
ドッキングをやってのけました・・・。スゴイコトデス・・・。
衝突したら一巻の終わり・・では済まないことですから。


ゆっくりでも、止まらなければ けっこう進む 
NHKプロフェッショナル より (2014.04.07.) 
国中均 JAXA  はやぶさ2プロジェクトマネージャー 
 NASAですら実現不可能と諦めた「マイクロ波型イオンエンジン」を開発し,
”はやぶさ”の最後の1手のダイオードを取り付けて奇跡の帰還を支えた男

宇宙輸送船"こうのとり5号"・・・安定していますね。

 
update 19.Nov.2017.