視覚障害リハビリテーションとは



私たちは日ごろ意識する・しないに関わらず、実に多くの情報を目で見て捉え、周囲の状況を判断しながら行動し、生活しています。
そのため、目が見えなくなる(あるいは見えにくくなる)ことによって、生活のさまざまな動作をおこなうことが不自由になります。
たとえば、文字の読み書き、調理や洗濯などの家事動作、時計による時刻の確認、通勤や通学に必要な移動、紙幣や硬貨の区別、電話機のボタンの位置の把握 などがあります。

視覚障害リハビリテーションでは、その人がそれまで培ってきた経験や保有視覚、視覚以外の感覚(触覚、聴覚など)、補助具を活用したり、社会サービスを利用したりする方法を知り、目が悪くなったために「できにくくなったこと」を「できる」ようにしていきます。


視覚障害リハビリテーションには次のようなものがあります。
◆生活訓練◆
歩行(定位と移動):
・ガイド歩行(介助者とともに移動するときの手引きのされ方)
・白杖歩行(白杖の働きについて知り、用途や状況に応じた白杖選びをすることから始まります)
・盲導犬歩行
・保有視覚を利用した歩行(日中、夕暮れ時、夜間など、明るさの違いによって歩行時に困ることが異なる人の場合、それぞれの状況に応じた対処方法を知っておくことが重要になります)

コミュニケーション(読み書きと情報収集・発信):
・拡大読書器やルーペの活用
・パソコン(音声読み上げソフトや画面拡大ソフトの活用)
・ハンドライティング
・点字(触読)

日常生活技術:
・身辺動作(着席、食事動作、トイレの利用、整容、金銭管理、電話の利用、時計等の利用 など)
・家事動作(そうじ、洗濯、裁縫、調理 など)
・ロービジョン訓練(編み物や裁縫などの手作業における拡大読書器やルーペの活用 など)

◆職業訓練◆
・あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師
・コンピュータープログラマー、一般事務など


なお、道の向こうからこちらに向かって歩いてくる人を一定の距離から識別して知り合いであるか否かを判断することなど、人の顔を自分の目で見て判断することは目が不自由になるとどうしても難しくなります。そんな時、単眼鏡のようなレンズを用いるわけにもいかないことが多く、もどかしさや不安を覚える場面に遭遇しがちです。
そのためにも、必要な援助を必要な時に周りの人から円滑に得られるようになることは自信をもって生活していくためにとても大切です。
と同時に、家族をはじめ周囲の人たちも、目が不自由になるとどのような場面でどんなことに困るのか、その時どんなサポートが望ましいかについて知っておくとよいでしょう。


「視覚障害」とは
目の不自由な人への接し方



アイサポート仙台 トップページへ戻る