仙台ロービジョン勉強会のお知らせ

次回のご案内


第218回

1 日時
2019年4月10日(水) 19時〜20時30分

2 会場
仙台市福祉プラザ 10階 第2研修室
住所 仙台市青葉区五橋2丁目12−2
電話 022−213−6237
交通 仙台市営地下鉄南北線「五橋」駅下車 徒歩3分

3 内容
テーマ
社会参加の一歩としての障害者地域活動推進センターきりんの役割について

講師
東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻 大学院生 宮武 ミドリさん

 人生の半ばで視覚に障害を負ってしまうと、社会への参加を継続・維持することが難しくなることが少なくありません。社会参加ができないことによって、さらに様々な弊害が生じるといわれています。障害者地域活動推進センター「きりん」は、中途視覚障害者のリハビリテーションや自立の促進を図ることを目的に創作活動・レクリエーション活動などを行いながら、失いかけていた生きがいの回復、生活意欲の向上に結びつけていく拠点として位置づけられており、社会とつながる1つの手段になると考えられます。
 今回「きりん」を利用されている方にインタビューさせていただき、活動が利用者様にどのような意義をもたらしているのかについて、「混合研究法」という手法を用いて検討してみました。今後、「きりん」がどのように発展していくことが、視覚に障害を持つ方の幸せにつながるのかを考えるきっかけとして話題を提供させていただきます。

4 参加費
500円

5 参加のお申し込み方法
資料準備の都合上、参加ご希望の方は4月4日(木)までに以下の項目をご連絡ください。
※メールやファックスの場合は、件名に「第218回ロービジョン勉強会申込み」と記載してください。
 (1)お名前(ふりがな)
 (2)職業(または勤務先・学校名)
 (3)連絡先(メールアドレス・電話番号など)

また 視覚障害等があるための配慮として当日配布する資料の電子データのメールでの事前送付をご希望の方はあわせてご連絡ください。

6 お申し込み・お問い合わせ先
仙台市視覚障害者支援センター アイサポート仙台
電話 022-341-1728
ファックス 022-341-1729
メール sisien@sky.plala.or.jp

仙台ロービジョン勉強会 とは・・・

 視覚障害児・者の支援についての定例の勉強会です。月ごとにテーマが変わり、目の病気のことから、福祉サービス、福祉機器、具体的な支援方法などテーマは多岐にわたります。
 2000年8月に自主的な勉強会としてスタートし、2006年4月(第66回)からは事務局をNPO法人アイサポート仙台に置いて引き続き開催しています。
 支援者どうしの分野や組織の枠を超えたネットワーク作り、「顔の見える関係」の基盤にもなっています。関心があるテーマの回のみ参加される方も大歓迎です。是非お気軽にご参加ください。


これまでの開催記録


第171回からの開催記録 随時、更新しています。
第121回から第170回までの開催記録
第101回から第120回までの開催記録
第1回から第100回までの開催記録

詳しくは仙台市視覚障害者支援センター アイサポート仙台にお問い合わせください。
メール sisien@sky.plala.or.jp

仙台市視覚障害者支援センター アイサポート仙台のページへ

NPO法人アイサポート仙台 トップページへ