仙台ロービジョン勉強会のお知らせ

次回のご案内


第200回

1 日時
平成29年10月11日(水) 19時〜20時30分

2 会場
仙台市福祉プラザ 11階 第1研修室
住所 仙台市青葉区五橋2丁目12−2
電話 022−213−6237
交通 仙台市営地下鉄南北線「五橋」駅下車 徒歩3分

3 内容
仙台ロービジョン勉強会が果たしてきた役割

◆オーガナイザー
小野 峰子
(東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科視覚機能学専攻講師、NPO法人アイサポート仙台事務局長)
◆話題提供者
陳 進志 (あさひがおか眼科院長、東北大学医学部眼科臨床准教授、NPO法人アイサポート仙台理事)
千葉 康彦
(宮城県立視覚支援学校教諭)
阿部 直子
(NPO法人アイサポート仙台 仙台市中途視覚障害者支援センター社会福祉士)

 この仙台ロービジョン勉強会が始まったのは2000年8月。「医療分野の人は福祉や教育のことを知らない。同様に教育の分野に携わっている者は医療や福祉のことをもっと知る必要がある。」という問題意識のもと、眼科医、視覚障害児教育の研究者、補装具販売店のスタッフなどが有志として集まり、自主的な勉強会としてスタートしました。以来、テーマや話題提供者探しに苦労した時期もありましたが、多くの皆さまのご協力によってほぼ毎月開催し続けることができ、このたび第200回を迎えました。
 そこで、この仙台ロービジョン勉強会が果たしてきた役割について、まずは医療・教育・福祉の各分野の話題提供者から1人あたり15分程度を目安に発言していただきます。それを踏まえて後半では、今後この勉強会で取り組むと良いこと、あるいは仙台・宮城の地域におけるロービジョン者支援に求められていることなどをディスカッションしたいと思います。

4 参加費
500円

5 参加申し込み締め切り
10月4日(水)まで

6 参加のお申し込み方法
参加ご希望の方は以下の項目をご連絡ください。
(1)お名前
(2)職業(または所属)
(3)連絡先(メールアドレス、電話番号など)

また 視覚障害等があるための配慮として当日配布する資料の電子データのメールでの事前送付をご希望の方はあわせてご連絡ください。

【今後の予定】

●第201回 平成29年11月8日(水) 19時〜20時30分
●第202回 平成29年12月13日(水) 19時〜20時30分
※会場や内容については決まり次第お知らせいたします。


仙台ロービジョン勉強会 とは・・・

 視覚障害児・者の支援についての定例の勉強会です。月ごとにテーマが変わり、目の病気のことから、福祉サービス、福祉機器、具体的な支援方法などテーマは多岐にわたります。
 2000年8月に自主的な勉強会としてスタートし、2006年4月(第66回)からは事務局をNPO法人アイサポート仙台に置いて引き続き開催しています。
 支援者どうしの分野や組織の枠を超えたネットワーク作り、「顔の見える関係」の基盤にもなっています。関心があるテーマの回のみ参加される方も大歓迎です。是非お気軽にご参加ください。


これまでの開催記録


第171回からの開催記録 随時、更新しています。

第121回から第170回までの開催記録

第101回から第120回までの開催記録

第1回から第100回までの開催記録


詳しくは仙台市中途視覚障害者支援センターにお問い合わせください。
メール sisien@sky.plala.or.jp


アイサポート仙台 トップページへ戻る