仙台ロービジョン勉強会のお知らせ

次回のご案内


第198回

1 日時
平成29年8月9日(水) 19時〜20時30分

2 会場
仙台市福祉プラザ 11階 第1研修室
住所 仙台市青葉区五橋2丁目12−2
電話 022−213−6237
交通 仙台市営地下鉄南北線「五橋」駅下車 徒歩3分

3 内容
いろいろな動物の眼と進化
講師 小田眼科 理事長  小田 泰子さん

 カンブリア紀の三葉虫は眼を持った最初の生物とされている。三葉虫は現在の昆虫、軟体動物、脊索動物へと進化を遂げた幹生物である。
 現在生息する動物の95%以上が何らかの眼(光感知器)を持っている。すなわち眼は生きる為の標準装備である。草食動物の眼は廣い視野を持つが、両眼視機能は無い。一方肉食動物の眼は顔の前に付いていて視野は狭いが獲物にピントを合わせ、捕獲することに貢献している。
 眼を獲得することで、動物は互いにその形態・機能を学んだ。これは光スイッチとも表現される画期的な変化を引き起こし動物に多様性を与え、爆発的な増殖と進化、遂に人類誕生への引き金になった。

【勉強会企画スタッフから……】
 2000年8月に第1回を開催して以来、ほぼ毎月実施してきたこの勉強会はこの度18年目に入ります。そこで今回は、勉強会開催当初よりかかわってくださっている小田泰子先生に講師を務めていただくことになりました。小田先生は女性の眼科医として仙台の地域医療で活躍し続けておられるとともに、医療文化史の研究でも複数の著作を世に出すなど幅広い活動をしておられます。興味をお持ちの方はぜひご参加ください。


4 参加費
500円

5 参加申し込み締め切り
8月3日(木)まで

6 参加のお申し込み方法
参加ご希望の方は以下の項目をご連絡ください。
(1)お名前
(2)職業(または所属)
(3)連絡先(メールアドレス、電話番号など)

また 視覚障害等があるための配慮として当日配布する資料の電子データのメールでの事前送付をご希望の方はあわせてご連絡ください。

【今後の予定】

●第199回 平成29年9月13日(水) 19時〜20時30分
●第200回 平成29年10月11日(水) 19時〜20時30分

※会場や内容については決まり次第お知らせいたします。


仙台ロービジョン勉強会 とは・・・

 視覚障害児・者の支援についての定例の勉強会です。月ごとにテーマが変わり、目の病気のことから、福祉サービス、福祉機器、具体的な支援方法などテーマは多岐にわたります。
 2000年8月に自主的な勉強会としてスタートし、2006年4月(第66回)からは事務局をNPO法人アイサポート仙台に置いて引き続き開催しています。
 支援者どうしの分野や組織の枠を超えたネットワーク作り、「顔の見える関係」の基盤にもなっています。関心があるテーマの回のみ参加される方も大歓迎です。是非お気軽にご参加ください。


これまでの開催記録


第171回からの開催記録 随時、更新しています。

第121回から第170回までの開催記録

第101回から第120回までの開催記録

第1回から第100回までの開催記録


詳しくは仙台市中途視覚障害者支援センターにお問い合わせください。
メール sisien@sky.plala.or.jp


アイサポート仙台 トップページへ戻る