各種講座・研修会


視覚障害者ご本人やご家族、市民、地域で支援に携わっている方々を対象に、視覚障害についての理解や援助のし方の普及啓発を図るための講座や研修会を実施しています。

 

平成28年度 点字のいろは教室

全3回の連続講座

ちらし(PDF文書)はこちらからダウンロードできます。


○現在世界各国で使われている「6点点字」が最初に生まれた国はどこ?
○点字にもひらがなやカタカナってあるのかな?
○点字での投票を世界で最初に認めた国ってどこだろう?
○図書の点訳ではいまやパソコンが不可欠の道具になっているって本当?

触って読むことを目的として、線ではなく「点」の組み合わせでできた点字の世界をいっしょにのぞいてみませんか? 点字を知ることからひろがる豊かな世界へといざなう「超」入門講座です。
興味をお持ちの方、どうぞご参加ください。

1.日時
平成28年10月26日(水)・11月2日(水)・11月9日(水)
いずれも午前10時〜12時半
※全3回の連続講座です。

2.会場
仙台市福祉プラザ 10階 第2研修室
 住所 仙台市青葉区五橋2丁目12-2)
 電話 022-213-6237
 交通 仙台市営地下鉄南北線「五橋」駅 南1番出口より徒歩3分
    宮城交通・市営バス「五橋駅」バス停より徒歩4分

3.対象
市内にお住まいの方10人(先着)

4.内容
@点字の歴史
A読み方・書き方の基本(日本語の文字や文の書き表し方のルール、数字の書き方)
B点字を「書く」道具のいろいろ など

5.定員
10名(先着順)

6.参加費
1,000円
※初回に受付にてお支払いいただきます。2回目以降を欠席された場合でも返金はできませんのでご了承ください。

7.申込み方法
10月6日(木)午前9時から電話で仙台市中途視覚障害者支援センターで申込みを受け付けます。

8.申込み・お問い合わせ先
NPO法人アイサポート仙台 仙台市中途視覚障害者支援センター
住所 仙台市若林区荒町215 荒町中央ビル1階
電話 022-212-1131
ファックス 022-212-1136
電子メール sisien@sky.plala.or.jp


平成28年度 視覚に障害のある方へのボランティア養成講座



ちらし(PDF文書)はこちらからダウンロードできます。

目の不自由な方をボランティアとしてサポートするために必要な知識やガイド方法を基礎から学ぶ講座です。
講座修了後、仙台市中途視覚障害者支援センターで開催しています目の不自由な方と家族の交流会や仙台市障害者地域活動推進センターきりんの活動等においてボランティアとして活動していただける方のほか、目の不自由な方へのサポートに関心がある方など、どなたでもご参加いただけます。

1.日時

平成28年8月31日(水) 10時〜16時

2.場所

仙台市旭ヶ丘市民センター 3階 第1会議室
  住所:青葉区旭ヶ丘3丁目25番15号
  電話:022-271-4729
  交通:地下鉄南北線  旭ヶ丘駅下車 徒歩1分、市営バス 旭ヶ丘駅バスターミナル下車

3.内容

(1)講義 視覚障害者の理解とサポート法
(2)実技 ガイド歩行の基本(基本的なガイドの方法、階段を昇り降りするときの介助、席への誘導、など)

4.定員

15名(先着順)

5.参加費

無料

6.申込み

準備の都合上、電話、ファックスまたは電子メールで事前に必ずお申込みください。
申込み時の必要事項
 @お名前(ふりがな) Aご住所 B電話番号 C(あれば)勤務先・所属等
8月8日(月)より申込受付(先着順)

7.お申込み・お問合わせ先

NPO法人アイサポート仙台 仙台市中途視覚障害者支援センター
〒984-0073
仙台市若林区荒町215 荒町中央ビル1階
電話 022−212−1131
ファックス 022−212−1136
電子メール sisien@sky.plala.or.jp

8.その他

当日は、筆記用具持参の上、動きやすい服装、靴でご参加ください。
昼食の準備はございませんので、各自でお取りください。(会場内での飲食は可能です。)



平成28年度 視覚障害リハビリテーション・生活支援研修会


案内文書とFAXでの受講申し込み書(PDF文書)はこちらからダウンロードできます。

1.開催の趣旨

 仙台市には視覚障害により身体障害者手帳の交付を受けている人が約2,100人います。しかし、その5.3倍の約11,200人が、見えない・見えにくいことで生活しづらい状況にあると考えられています(日本眼科医会による推計)。この約11,200人の中には、加齢による眼の病気や、生活習慣の変化などによる糖尿病性網膜症なども多く含まれ、高齢化に伴い今後更に増えることが予想されます。地域における支援の必要性は一層高まっている状況です。

 しかしながら、視覚障害を持つ人が何に困っているのか、どのようなリハビリテーションを行えば良いのかといった内容を十分に勉強できる場はほとんどないのが現状です。そこで、「視覚障害者ならではのリハビリテーションは、どのようなことが行われているか」、「公的なサービスにはどのような制度があるのか」「地域にはどのような支援機関があるのか、どのような職種のスタッフがいるのか」などについての具体的な情報を伝えることを目的に本研修を企画しました。

 本研修では、視覚障害者本人やその家族などのニーズをよく理解し、適切な支援ができるような知識や情報の獲得を目指します。

2.主催

特定非営利活動法人アイサポート仙台 仙台市中途視覚障害者支援センター
仙台市(仙台市障害者総合支援センター)

3.開催日時

平成28年9月6日(火)9時15分〜17時00分・7日(水)9時00分〜17時00分

4.会場

仙台市障害者総合支援センター (ウェルポートせんだい) 2階 研修室1
住所 仙台市泉区泉中央2丁目24-1
電話 022-771-6511
交通 仙台市営地下鉄南北線「泉中央」駅 北3出口より徒歩8分
※仙台市障害者総合支援センターには併設の駐車場がございますが、駐車できる自動車の台数が限られます。そのため、相談や補装具の判定などでセンターに来られる市民の方に優先して駐車していただくため、本研修会にご参加の方はできるだけ公共交通機関をご利用いただくよう、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

5.内容

・見えない・見えにくいってどういうこと? 〜「視覚のはたらき」の基本を知ろう〜
・補助具や便利グッズの紹介 〜「見えない・見えにくいけれど<できる・わかる>」を体験してみよう〜
・日常生活動作の支援・訓練
・誘導の基本 など
※詳しくは案内文書とFAXでの受講申し込み書(PDF文書)をご覧ください。

6.対象

・障害者相談支援専門員、介護支援専門員
・障害者福祉や高齢者福祉、介護保険サービス等に従事している方
・医療機関等において視覚に障害がある人への援助にかかわる方
・その他、本研修の受講を通して日ごろの業務に役立てたい方

7.定員

20名(先着順)

8.受講料

無料

9.受講申し込み方法

仙台市中途視覚障害者支援センターまでファックスまたは電子メールでお申し込みください。
電子メールでのお申込みの場合は、件名を「視覚障害リハビリテーション・生活支援研修会申し込み」とした上で、本文に以下の項目をご記入ください。
(1)氏名(ふりがな)
(2)所属
(3)職名または職種
(4)住所
(5)電話番号
(6)ファックス
(7)電子メール
(8)受講に際して特別な配慮等を希望される場合はその内容をお書きください。

10.問い合わせ先

特定非営利活動法人アイサポート仙台 仙台市中途視覚障害者支援センター
住所 〒984-0073 仙台市若林区荒町215 荒町中央ビル1階
電話 022-212-1131
ファックス 022-212-1136
電子メール sisien@sky.plala.or.jp

アイサポート仙台 トップページへ戻る