目次へ

今月の予定

このページでは蘭の栽培を中心に月の予定を載せます。


 

2017年 11月の予定

 台風の異常発生は続いていた様で下旬に続けざまに上陸、接近と方々に被害をもたらした。
国際園芸ではたいした被害はありませんでしたが洋ラン関係の施設の被害があちらこちらで聞かれます。被災された方々には心よりお見舞い申しあげます。
昨年に比べると朝の冷え込みが早いようで10月の下旬には暖房を入れ始める。 
中旬ぐらいまでにはセロジネやノビル系のデンドロなど屋外に置いてあるものをすべて取り込みたい。今月中には保温用の内張りを張り終えるように。
灌水は天気の良い午前中にカトレアなどは乾かし気味に控えて、パフイオやカトレア・パープラタなど新芽の伸びているものはたっぷりとやる。
液肥は18:18:18の5000倍を中心に他の配合のものと一万倍のものと交互に灌水時に混ぜてやる。
カトレアなどの花茎の伸び始めたものの支柱立て、ナメクジの駆除剤の散布、スリップスの予防、混みあったところでのカイガラムシの防除などなど

            

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

11月  3日(金)〜  5日 (日)国際園芸渇キ室内  クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)
 

久栄ナーセリー・秋の蘭展2017

11月 24日 (金)〜 26日 (日)国際園芸梶E出店予定  クリック ⇒⇒ 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)

2017年 10月の予定

 台風の異常発生も治まったようで朝晩は急に涼しくなった、人間にとっては温度変化に付いて行くのが大変時期だがランにっとてはバルブの充実、花芽の形性、および種類によっては新芽の伸びている時期に
カトレアなどはバルブの充実のために日にできるだけ当てるとともに昼と夜とに温度差を10℃以上を付けてやる。灌水は徐々に控えて行くようにして鉢の中が完全に乾いてから灌水、天気の良い時は 朝方軽くシリンジを。
今、生長しているカトレア(元レリア)・パープラタやコクシニア、パフィオなどは灌水・肥料は十分にやるように、種類により管理を変えていく。
作業は山下げ、温室内への取り込みを中心に鉢の移動、鉢の中の草取り、支柱立てなどなど、合い間にパフィオの苗、秋咲きのカトレア、などの植え替え。
来月頭にあるオープンハウスに向けての片付けなど、雑用の一ヶ月になりそう。

10月の催しもの予定

第19回 秋の洋蘭まつり

10月 7日(土)〜 9日(月) 開催場所 : 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市) 国際園芸鰹o展

オーキッドワンクラブ フェア in 福岡

10月20日(金)〜22日(日) 開催場所 : 博多バスターミナル9階 (福岡県福岡市) 国際園芸(株)出展


 

2017年 9月の予定

 8月は梅雨明け後の長雨と冷夏、台風の異常発生と異常気象が続き体調不良を起こすほど、今年も秋咲きからの開花が狂いそう。
日照不足の上、灌水量も少なくその分液肥の回数が減っているので何となく新芽の伸びている種類の芽が細いような、9月の天気の回復を願いバルブの充実を図りたが、日がだいぶ傾き、 今まであたっていなかった所に日があたり始めるのでに気を付けないと思わぬところで葉焼けを起こすので注意
灌水量は種類で分ける、バルブの充実を図る種類、カトレア・ワルケリアナや一般的なデンドロなどは徐々に控えめにしていきカトレア・コクシニア、パープラタ、パフィオなどこれから生長するものは 肥料、灌水とも増やしていく。液肥はリン、カリ系の回数を増やす。
秋雨が降りだす前あたりから高温性のデンドロなどは温室内に取り込み新芽が低温多湿で腐るのに注意、順次整理しながら少しずつ種類により温室内に取り込み
カトレアやデンドロの支柱立て、毎年思っているのだが思うようにできない、薬剤散布に鉢の中の草取り、ナメクジも活発に動き始めているので駆除を忘れずに 下旬ぐらいから山下げ、冬に向かっての雑用が多くなりいそがしくなる。


 

2017年 8月の予定

 台風5号の直接的被害はなかったが持ちこんだ暖気でうだるような暑さ。
CP(寄せ植え)の鉢上げにフラスコ出し、暑さが気になるがやれる時にやることに
朝晩のバンダ類やヘゴ付きのシリンジにデンドロ、シンビの灌水、専門で栽培しているところは自動灌水でやっているところが多いがあちらこちらに少しずつしかないのでて灌水に これが結構くたびれる。鉢への灌水は3日に一度ぐらいの間隔、パフィオは少し乾かし気味にして鉢の中の蒸れを防ぐように、リカステなどは夕方シリンジで少しでも涼しく。
液肥はボブピータース18:18:18と10:30:20を交互ぐらいに5000倍と一万倍で、一万倍の時にそれに加えて活力剤バイオバイタル、自家製腐熟液肥やEM菌を混ぜる。
涼しければ鉢の中の草取りをしたいがまだ暑いようなので先延ばしに、デンドロのノビル系などはだいぶ伸びてきているので支柱に添えてやる。
日がだいぶ傾いてきているので今まで日の当たりの悪いところでも日があたるようになり日焼けをすることがあるので注意。

8月の催しもの予定

8月5日(土)〜22日(火)

サマークリアラスセール


国際園芸(株)では恒例のサマーセール、蘭をお買い上げの方、蘭とともに扱っている資材を全部20%引きで提供。 
詳しくは国際園芸(株)までお問い合わせください。
 

2017年 7月の予定

 北軽でのフェアも珍しく雨にたたられたようだが無事に終わり、後は模様しものは無く植え替えに専念出来る月かな?
去年に続き梅雨がある様な無いような雨が少ないとか前期で横浜などは70%ぐらいしか降っていないとか、前線も北の方に上がっているしこのまま梅雨明けになるのか?
山上げも遅れ気味で後2回分ぐらいある。山でも雨が少なく道志川の水量も少ない。 おじさんにしっかりと灌水をやってもらわないと生育不良を起こすかも。
温室内でも定期的に灌水、屋外に出したバンダやコルクヘゴ付き、デンドロ、シンビは雨が降らなければ毎朝シリンジに灌水。 晴れて気温が上がりそうなら夕方にやる。
二枚葉のカトレヤやデンドロなど伸びている新芽の葉の間にカイガラムシがついている、今年は特に多いような気がするので今月は特に薬散をやることに。
ナメクジの小さな物も出始めているのでナメクジ駆除剤も散布。
肥料は液肥が中心でボブピータース18:18:18の5000倍を中心に他の10:30:20や30:10:10の10000倍に自家製腐熟液肥や活力剤を混ぜたものを交互に灌水ごとに施す。
もちろん朝や夕方のシリンジにも入れる。 真水は基本的にはやらない。
後は遅れてしまった植え替えをひたすらやる(熱中症に気を付けながら)。 あと 鉢の中の草取り
 

2017年 6月の予定

 梅雨の走りも無くカラッとした晴天続き、上旬はまだ模様しものが続きバタバタと、その後山上げに
山上げと共にまた少し鉢の移動、新芽の腐りやすいカタセタムなどは梅雨明け後に屋外に出す。
灌水は屋外に出したものは雨まかせ時々鉢の中が乾いていなくても液肥などが混ざったものを灌水、シリンジ。問題は温室内の鉢、梅雨時で乾きが悪くなりいつも悩む時期。
乾かなくても鉢の中の環境を良くするために定期的(一週間に一度ぐらい)に灌水。毎年思うのだがナメクジの駆除を徹底的にやりたいところ。
まだ落ち着いて植え替えも出来ていない状態、時間があればひたすら植え替えたいところ。

6月の催しもの予定

オーキドワンクラブフェア in 国際園芸

6月9日(金)〜11日(日)

開催場所 : 国際園芸(株)(神奈川県伊勢原市) ホームページ   国際園芸(株)温室にて

オーキッドクラブ・藤沢 ・ 夏の洋らん展

6月27日(火)〜7月2日(日)   

開催場所 : 神奈川県立フラワーセンター大船植物園  (神奈川県鎌倉市)ホームページ 

7月の催しもの予定

軽井沢オーキッドフェア 2016

7月1日(土)〜2日(日)

開催場所 : 北軽ガーデンにて(群馬県吾妻郡)  国際園芸鰹o店予定
 

2017年 5月の予定

 模様しものも一段落、ノビル系デンドロやオンシのオブリザタム、バンダ類、セロジネ、カトレアのインターメディア、シンビなどを連休中に屋外に出す。
デンドロでも少し高温性のアノスマムやファレノタイプやスパチェラ系(以前はケーンタイプと言っていた)、カタセタム属、カトレアの中でも新芽の腐りやすいタイプなど 生長初期に寒さに弱いものはもう少し後に出すことに。
灌水量も徐々に増やしていき天気が安定して乾くようならば3日に一度ぐらいの割で、合い間には天気がよければバンダ類やコルク、ヘゴ付きなどは朝シリンジを
置き肥を施し、ボブピータース18:18:18を中心の5000倍と一万倍に自家製腐熟液肥を2?足したものを交互に灌水。
後はひたすら植え替え。

催し物予定

第6回 Orchid Party in 新潟




2017年5月 19日 (金)〜 21日 (日)


開催場所 : OC ガーデン (新潟市)


 国際園芸(株) 出店予定

第56回 蘭友会らん展 in サンシャインシティー

2017年6月 1日(木)〜 4日(日)

開催場所 : 池袋サンシャインシティー (東京都豊島区) 蘭友会・ホームページ 国際園芸(株) ・ 出店予定


 

2017年 4月の予定

 まだまだ模様しものは続きますが、上旬には温室内の外部遮光を下し、内張りを外す、外出し用のネット張り、と先ずは肉体労働。
生育のよい株のカトレアを植え替え又は鉢増し。灌水量もだんだん増やし、それに伴い液肥をボブピータース18:18:18を中心に10:30:20、30:10:10などを気分で変えていく。補助的に自家製完熟液肥を混ぜてみる 、並行してロングトータルやバイオゴールドなどの置き肥、鉢の中の雑草も抜き。薬剤散布もしたい。
八重桜が咲き終わる頃の中旬ぐらいから屋外に出し始める。寄せ植えからの鉢上げ、フラスコ出しなどなど・・・・いそがしい時期になってくる。

今月の催し物予定

関西らんフェスタ in 神戸

4月14日(金)〜16日(日)

開催場所 : デザイン・クリエイティブルセンター神戸(KIITO)ホームページ   国際園芸(株)出展予定

大垣園芸 春の蘭展

4月21日(金)〜23日(日)

開催場所 : 大垣園芸 (岐阜県大垣市) ホームページ   国際園芸(株)出展予定


JOGA洋ランフェア2015 in Yokohama


4月29日(土)〜30日(日)

開催場所 : 横浜みなとみらい・ワールドポーターズ6F 国際園芸(株)出展予定



 

2017年 3月の予定

 2月は相変わらずドームでバタバタしていてアッと言うままに過ぎてしまった。3月に入り周期的に天気が変わり始めて春を感じられるようになってきた。
展示会はまだまだ続くが日差しも強くなってきているので日当たりのよいところでは葉焼けや温室の換気に注意する。
下旬ぐらいから徐々に遮光ネットの外張りを下し始める。
株を詰めて置いてある所では葉が重なり合っているところでカイガラムシが発生していてることがあったり、蕾にはアブラムシが付いていることがあるので注意、出来れば殺菌殺虫剤を散布。
灌水量も徐々に増やす、特に小さな鉢はよく乾くので注意。
液肥はボブピータース18:18:18と30:10:10などに腐熟液肥や活力剤などを混ぜて灌水。鉢には置き肥「ロングトータル花卉100日用」を施す。
あとはひたすら植え替え。

今月の国際園芸が出展する催し物予定

第71回JOGA洋らん展3月10日(金)〜13日(月) 国営昭和記念公園 (東京都立川市)   クリック ⇒⇒ 昭和記念公園・ホームページ  国際園芸出店 
カトレア・インターメディアと4月の蘭展示会3月24日(金)〜26日(日) 国際園芸梶@(神奈川県伊勢原市)    クリック ⇒⇒ 国際園芸・ホームページ 



 

2017年 2月の予定

 今月は東京ドームの蘭展を中心に行動、今回も東京ドームは17日の金曜日が最終日、間違いの無いように。
灌水は1週間から10日に一度ぐらいを目あすに、間は天気の良い時はバンダ類やコルク付きなどはシリンジ、パフィオやカトレア(元レリア)・パープラタなど生長しているものはよく乾く前に拾って灌水
液肥はボブピータース18:18:18を中心にタンクに溶かしてシリンジでもかけられるように。ボブピータースを5000倍と一万倍で交互に、一万倍の時は腐熟液肥も灌水時にはボブピータースと一緒にやるように混ぜる。
2月中に置き肥をロングトータルの花卉用のものをカトレアやパフィオ、シンビに置いてみる。カトレアの植え替えも始める。
日差しも強くなってくるので南側は日焼けなどに特に注意。ドームの蘭展が終わったあたりで病害虫の消毒をしたいところ。

今月の国際園芸が出展する催し物予定

世界らん展日本大賞2017(東京ドーム)2月11日(土)〜17日(金)国際園芸、出店世界らん展日本大賞2017ホームページ
とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ 20172月4日(木)〜8日(火)国際園芸 、出店夢メッセみやぎ宮城県


 

2017年 1月の予定

遅くなりました

2017年、明けましておめでとうございます。

 今年は4日から蘭展搬入、穏やかな正月を過ごした後、ペースがつかめないまま日が過ぎて行きます。
東京ドームの蘭展が2月11日から一般公開と今までで一番早い、にもかかわらずディスプレイの準備にまだかかっていない、ボチボチ始めなければと思っているところです。
これからはドームの準備で過ぎてしまい、株の管理は手抜き、一週間に一度ほどの灌水、ボブピータース18:18:18と30:10:10などの5000〜10000倍ぐらいで灌水とシリンジで施す。 時間を見てカトレアの植え替え。
ここ数年はカトレアも暖房の温度設定を10℃位に下げて天窓は26℃ぐらいで空くようにしてあるが水さえ控えていれば根の動きはいいようだ。
蕾にアブラムシやこんだ株の間や鉢の中の乾燥によりにカイガラムシが付きやすい、また、せっかく出た蕾をナメクジがなめるので注意。
今年は去年の暖冬とはうって変って最低気温は低目、油代が上がってきているので油の減りが気になるところ、去年は10年ぐらいは暖冬が続くだろうと言ったのがうそのよう。
日は徐々に伸びて行くので植物たちは上向き加減になってくるので施肥にも少し積極的に


今月の国際園芸が出展する催し物予定

第56回 全日本蘭協会洋らん展1月5日(木)〜9日(月・祝)国際園芸 出店全日本蘭協会サンシャインシティ文化会館2階
やまはる園芸・第16回新春洋蘭展1月21日(土)〜22日(日))国際園芸、出店やまはる園芸ホームページ

 

2016年12月の予定

 今期の冬は昨年に比べて気温は低そう、その上、オペックの減産で油代が上がりそうなチョット心配な年になりそう。毎日暖房機のチェック。
模様しものも終わり、内張りもほぼ終わり植え替えモードに、手始めにレリア・アンセプスそのあとはクールタイプの雑多なものを。
灌水はパープラタやパフィオ、シンビなどは乾く前に灌水、カトレアなどは完全に乾かしてからさっと灌水、天気が悪い時は良くなるまで待って灌水
肥料は灌水量に合わせて液肥のボブピータース18:18:18の5000倍から1万倍でやる。
カトレアなど乾燥気味に栽培していると気がつかないうちに根の方にカイガラムシが繁殖しているので注意、エピデンなどの蕾にアブラムシなどがつきやすいので鉢にオルトランなどを 置いておくと良い。
あとはナメクジ対策、一晩で楽しみにしていた蕾を舐められるので特に注意。蕾の出たものやはった痕のあるところにナメクジ駆除剤を散布。
出来ればカルホス(殺虫剤)・ベンレート(殺菌剤)・サンヨール(殺虫殺菌ナメクジ駆除剤)の3種混合を2〜3回散布

今月の催し物予定

ワカヤマオーキッド
ワルケリアナ展

 12月9日(金)〜 11日 (日)  国際園芸
(出張販売予定)      クリック ⇒⇒ ワカヤマオーキッド (和歌山県和歌山市)

クリスマスセール

 12月10日(土)〜 25日 (日)  国際園芸鰍ノて      クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)
 

2016年11月の予定

 11月に入ったところで少し冷え込みが
一週目に国際でオープンハウス、終了後ボイラーの調整火入れ、内張り、様子を見ながら屋外に出ている残りのデンドロやオンシを取り込む。
合い間に出来ればクールタイプやパフィオの苗の植え替えれ。
灌水はカトレア類はほとんどニュージーランドバークにしたので間隔を開ければ水苔と違いそれほど気にしなくて灌水出来そう。
一週間に一度ぐらいの割合で。液肥は18:18:18を中心に5000倍と一万倍を交互に灌水時に施す。
ナメクジ、スリップス、カイガラムシの駆除のために薬散をする。カトレアのシースから出た蕾などは早めに支柱を添えてやる。などなど
ニュージーランドバークに替えてだいぶたつものは水を含み過ぎるものが多くなってきているので特にカトレア類は乾いたのを確認して灌水する。
しかし、パフィオ、元ソフロ・コクシニアや元レリア・パープラタなど新芽が伸びているものは2〜3日間隔でたっぷり目にやる。液肥などもその分多目に施す。

            

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

11月  4日(金)〜  6日 (日)国際園芸渇キ室内  クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)
 

久栄ナーセリー・秋の蘭展2016

11月 25日 (金)〜 27日 (日)国際園芸梶E出店予定  クリック ⇒⇒ 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)

2016年10月の予定

 残暑が厳しく10月に入って30℃になった日が2日間あったのは100数年ぶりとか?。
今月は各地で色々と模様しものが多い月、それに加え屋外からの温室内に順次取り込み、山下げと鉢の移動も多くなる。移動に伴い病害虫のチェック、駆除、支柱立てなどなど・・・・。
灌水はカトレア・パープラタ、コクシニアやパフィオなど一部を除いて控えめにしていく。液肥は試しに先月ボブピータース10:30:20を中心にやったので今月は18:18:18を中心にやってみることに。
出来たら植え替えは山下げの暑さに弱いものやこれから生長期の種類、パフィオの子苗など。

10月の催しもの予定

 秋の全国洋蘭園めぐり

10月1日(土)〜10日(月、祝日) 開催場所 : やまはる園芸 (静岡県浜松市) 国際園芸(株)委託出展

第18回 秋の洋蘭まつり

10月8日(土)〜10日(月、祝日) 開催場所 : 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市) 国際園芸鰹o展

オーキッドワンクラブ フェア in 札幌

10月14日(金)〜16日(日) 開催場所 : 札幌テレビ塔2F (北海道札幌市) 国際園芸(株)出展


 

2016年 9月の予定

 夏前半は台風の発生は少なかったがこのところ立て続けに発生、コースも前例の無いコースばかりで東北から北海道にかけて被害が出ている。
長期予報通り残暑が厳しく台風や東の高気圧の影響のため湿度が高く昼間の気温は高いが夜温は着実にさがってきている。
カトレアの植え替えは寄せ植えから鉢上げも終わり一段落く、今月はパフィオの苗とカトレア(元レリア)・パープラタの植え替えをやる。
下旬ぐらいからの山下げに備えて鉢の移動を始める。デンドロ・ノビル系やカトレアの支柱立て、鉢の中の草取りなど雑用も。
ボブピータース10:30:20を中心に灌水ごとに一万倍に自家製腐熟液肥やEM菌を混ぜたものと5000倍とで交互に施す。デンドロなどは亜リン酸をシリンジしてやる。
カトレア・ワルケリアナやデンドロビウム・リドレイ(元アグレガタム)などは乾かし始める。出来ればデンドロやリカステは少し鉢の間隔を開けてやったり遮光を外して良く日に当てバルブの充実を図る。
真夏の薬散は避けてきたがここで少しカイガラムシ・スリップス・ナメクジなどの殺虫剤と黒班病や軟腐病予防の殺菌剤をやりたいところ。
ボチボチと冬支度の準備をしながらの作業などなどいそがしい月
 

2016年 8月の予定

 関東の梅雨明けは遅くなりましたが空梅雨の用で東京都の水がめはすこ水不足みたい、冬の雪の降雪量も少なかったのも原因の一つらしい。(神奈川は大丈夫みたいだが)
カトレアの植え替えがまだ残っていてこのまま継続してやることに、終わった時点で寄せ植えの鉢上げ、8月は出来れば植え替えはやりたくないが遅れを取り戻すために今年は積極的にやることに。
合い間に鉢の中の草取り、下旬ぐらいから薬散
灌水は水苔の時は3日に一度ぐらいのペースでやっていたがほとんどバークになったので乾かしてもすんなりと水は鉢の中に入るので4〜5日に一度ぐらいにして様子を見ることに。
屋外は早朝に、温室内は夕方、カトレア類はマダムにまかせて出来る時間にやってもらい様子を見ながら補足してみる。
液肥は灌水ごとにボブピータース18:18:18の5000倍と一万倍に腐熟液肥かEM菌を混ぜたものを交互に、天気の良い時にはバスケット植えのバンダ類やヘゴ、コルク付きは朝晩シリンジ 、デンドロ類は毎日夕方灌水。
今年はカトレアで植え替えの遅れた鉢は8月中の置き肥はやめて9月になってからやってみることに。

8月の催しもの予定

8月6日(土)〜23日(火)

サマークリアラスセール


国際園芸(株)では恒例のサマーセール、蘭をお買い上げの方、蘭とともに扱っている資材を全部20%引きで提供 
詳しくは国際園芸(株)までお問い合わせください。
 

2016年 7月の予定

 軽井沢オーキッドフェアも無事に済んだようだ。梅雨明け宣言もしていないのに天気の良い暑い日が続いている? 今年は酷暑とか。
雨が降らなければ灌水量が増える。その分植え替えが遅れている。今月いっぱいはひたすらカトレアの植え替え。
山にはあと一台分ぐらい上がるようだが山も昼間は非常に気温が上がっている。マスデのバックの葉が多く枯れこんでいる。
梅雨明けまでは午前中の灌水にしているが今年は天気がよく暑くなっているので早朝、夕方に早めに切り替えるかな。
バーク植えに替えてから2〜3年たったものは水を含み過ぎるのでカトレアなどは灌水の回数を減らし乾燥気味に管理。
液肥は昨年は亜リン酸の効用でリン系の多いものを多用したが今一バルブの太りや葉の色が良くなかったので今年は少し窒素の多いものを7月一杯やって見る。
肥料はいいからと言って偏らないで色々な種類のものをバランスよくやった方がいい。(バランス良くが難しい)
熱中症に注意しながら植え替えが飽きたら鉢の中の草取り。一週間に一度の山へのドライブ。などなど


 

2016年 6月の予定

 梅雨、全般は雨は少な目と言う予報、中旬ぐらいから山上げ開始、一週間に一度のプチドライブが始まる。
山上げと共にまた少し鉢の移動、新芽の腐りやすいカタセタムなどは梅雨明け後に屋外に出す。
灌水は屋外に出したものは雨まかせ時々鉢の中が乾いていなくても液肥などが混ざったものを灌水、シリンジ。問題は温室内の鉢、梅雨時で乾きが悪くなりいつも悩む時期。
乾かなくても鉢の中の環境を良くするために定期的(一週間に一度ぐらい)に灌水。毎年思うのだがナメクジの駆除を徹底的にやりたいところ。
リカステの植え替え後にカトレアを、ひたすら植え替え。

最近入荷した新しくなったナメクジ駆除剤

6月の催しもの予定

オーキッドクラブ・藤沢 ・ 夏の洋らん展

2015年6月21日(火)〜26日(日)   

開催場所 : 神奈川県立フラワーセンター大船植物園  (神奈川県鎌倉市)ホームページ 

7月の催しもの予定

軽井沢オーキッドフェア 2016

7月3日(土)〜4日(日)

開催場所 : 北軽ガーデンにて(群馬県吾妻郡)  国際園芸鰹o店予定


 

2016年 5月の予定

 今年は気温が高めに推移しているよで上旬のうちには屋外出しが終わるように頑張りたい。
植え替えはカトレアを中心に原種から実生へと、メリクロン苗で生長のいいものは鉢上げをする。
灌水は天気が良ければ3日に一回ぐらいの割で全体に、バスケット入りのバンダ類や原種類のコルク付きは雨が降らなければ毎日シリンジ。シンビ、デンドロは雨が降らなければ毎日灌水。
カタセタムやデンドロの高温が好きな種類は梅雨明けまで屋外に出すのは控える。カトレア(レリア)ペリニー、グアリアンテ(カトレア)ボーリンギアナなどは新芽の伸び始めに水がたまると腐りやすいので注意する。
液肥は灌水時にボブピータースの18:18:18を中心に10:30:20と30:10:10の5000倍単用と、一万倍にして自家製EM菌、自家製熟成腐熟液肥などを混ぜて交互にやることに。 置き肥としてバイオゴールドやロングトータル草花用100日用を種類により、やり分ける。
今年はスリップスに悩まされたので薬剤散布、殺菌剤(ベンレート)と殺虫剤(カルホス・スプラサイト等)に殺虫・殺菌効果のあるサンヨール(ナメクジにも効く)3種混合でやる。

今月の催し物予定

Orchid Party in 新潟

2016年5月 20日 (金)〜 22日 (日)

開催場所 : OC ガーデン (新潟市) 

第56回 蘭友会らん展 in サンシャインシティー

2016年6月 2日(木)〜 5日(日)

開催場所 : 池袋サンシャインシティー (東京都豊島区) 蘭友会・ホームページ

 
 

2016年 4月の予定

 上旬には温室内の外部遮光を下し、内張りを外す。外出し用のネット張り。
今年はカトレアの原種から分け株実生を植え替え。灌水量もだんだん増やし、それに伴い液肥をボブピータース18:18:18を中心に10:30:20、30:10:10などを気分で変えていく。補助的に自家製完熟液肥にEM菌を交互に混ぜてみる 、並行してロングトータルやバイオゴールドなどの置き肥、鉢の中の雑草も抜き。薬剤散布もしたい。
中旬ぐらいから屋外に出し始める。寄せ植えからの鉢上げ、フラスコ出しなどなど・・・・

今月の催し物予定

オーキドワンクラブフェア in 大垣園芸

4月15日(金)〜17日(日)

開催場所 : 大垣園芸 (岐阜県大垣市) ホームページ   国際園芸(株)出展予定


JOGA洋ランフェア2015 in Yokohama


4月22日(金)〜24日(日)

開催場所 : 横浜みなとみらい・ワールドポーターズ6F 国際園芸(株)出展予定



 

2016年 3月の予定

 暖冬だったが2月下旬は平年並みの冷え込みになるが3月に入り気温は高目になるらしい。日差しも強くなり換気をこまめにとりたいところ。
天気が続くと鉢内もよく乾き灌水を増やすようだが新芽の伸び始めに腐りやすい種類があるので新芽に水が溜まらないように注意する。
液肥はボブピータース18:18:18と30:10:10などに腐熟液肥や活力剤などを混ぜて灌水。先月に続き置ききれてない所や植え替えた鉢に置き肥「ロングトータル花卉100日用」を施す。
あとはひたすら植え替え。

今月の国際園芸が出展する催し物予定

福岡らん展3月4日(金)〜6日(日) 平田ナーセリー ・ 小戸店    クリック ⇒⇒ 平田ナーセリー・ホームページ  国際園芸出店 
第70回JOGA洋らん展3月17日(木)〜21日(月) 国営昭和記念公園 (東京都立川市)   クリック ⇒⇒ 昭和記念公園・ホームページ  国際園芸出店 
カトレア・インターメディアと4月の蘭展示会4月1日(金)〜3日(日) 国際園芸梶@(神奈川県伊勢原市)    クリック ⇒⇒ 国際園芸・ホームページ 



 

2016年 2月の予定

 1月の末あたりから冬らしい寒さになり、雪の予報も増えてきている。今月は東京ドームの蘭展を中心に行動、今回の東京ドームは19日の金曜日が最終日、間違いの無いように。
灌水は1週間に一度ぐらいを目あすに、間は天気の良い時はバンダ類やコルク付きなどはシリンジ、パフィオやカトレア(元レリア)・パープラタなど生長しているものはよく乾く前に拾って灌水
液肥はボブピータース10:30:20と18:18:18を気まぐれで交互にでもタンクには溶かしてシリンジでもかけられるように。腐熟液肥も灌水時にはボブピータースと一緒にやるように混ぜる。
置き肥はロングトータルの花卉用のものをカトレアやパフィオ、シンビに置いてみる。
日差しも強くなってくるので南側は日焼けなどに特に注意。ドームの蘭展が終わったあたりで病害虫の消毒をしたいところ。

今月の国際園芸が出展する催し物予定

第26回船橋洋らん展2月4日(木)〜8日(火)国際園芸 出店船橋蘭友会 東武百貨店船橋店6階 世界らん展日本大賞2016(東京ドーム)2月13日(土)〜19日(金)国際園芸、出展予定世界らん展日本大賞2016ホームページ


 

2016年 1月の予定


2016年・初日の出
遅くなりましたが

2016年、明けましておめでとうございます。

 今年も4日はさぼり5日から仕事始め。
相も変わらず1月はらん展にドームの準備であっという間に毎年過ぎてしまい、株の管理は手抜き、一週間に一度ほどの灌水、ボブピータース18:18:18と30:10:10などの5000〜10000倍ぐらいで灌水とシリンジで施す。 4号室の植え替え、花の終わった株などの植え替え。
蕾にアブラムシやこんだ株の間や鉢の中の乾燥によりにカイガラムシが付きやすい、また、せっかく出た蕾をナメクジがなめるので注意。
今年は今のところ暖冬で松の内は昼間は3〜4月の気温が続いている、これから10年間ぐらいは地球全体が暖冬の時期になるとか。
でも冬、これからが寒さの本番、温度管理に注意。


今月の国際園芸が出展する催し物予定

第55回 全日本蘭協会洋らん展1月7日(木)〜11日(月・祝)国際園芸 出店全日本蘭協会サンシャインシティ文化会館2階
やまはる園芸・第15回新春洋蘭展1月23日(土)〜24日(日))国際園芸、出店やまはる園芸ホームページ
第22回とうほく蘭展&バラとガーデンフェスタ20161月28日(木)〜2月1日(月)国際園芸、出店河北新報社ホームページ

 
 

2015年12月の予定

 冬支度の内張りもあと少しで終わりそう、あとはひたすら4号室の雑多のものの植え替え。
灌水はカトレアなどは基本はよく乾いてから天気が続きそうな時に表面が湿る程度の量に、パフィオやカトレア・パープラタなど新芽や新葉が伸びているものはたっぷりとやる。
ほとんどがニュージーランドバークになり植え替えたては乾きやすいが2年ぐらい経つと逆に乾きにくくなってくるので水のかけ過ぎに注意しながら灌水
肥料は灌水量に合わせて液肥のボブピータース18:18:18や10:30:20の5000倍から1万倍でやる。
デンドロを中心に亜リン酸系肥料「ホスカル」を週一で散布。
カトレアなど乾燥気味に栽培していると気がつかないうちに根の方にカイガラムシが繁殖しているので注意、エピデンなどの蕾にアブラムシなどがつきやすいので鉢にオルトランなどを 置いておくと良い。
あとはナメクジ対策、一晩で楽しみにしていた蕾を舐められるので特に注意。蕾の出たものやはった痕のあるところにナメクジ駆除剤を散布、市販のものを色々と購入して試してみることに。
カトレアなどの花に付きなめるスリップス予防にボルスタールを時々散布してみる。出来ればカルホス(殺虫剤)・ベンレート(殺菌剤)・サンヨール(殺虫殺菌ナメクジ駆除剤)の3種混合を散布

今月の催し物予定

ワカヤマオーキッド
開店記念セール&ワルケリアナ展

 12月4日(金)〜 13日 (日)  国際園芸
(出張販売予定)      クリック ⇒⇒ ワカヤマオーキッド (和歌山県和歌山市)

クリスマスセール

 12月12日(土)〜 25日 (金)  国際園芸鰍ノて      クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

第42回 横浜洋らん展

 12月27日 (日)〜 30日 (水)  国際園芸梶E出店    そごう横浜店 8階 催事場 
クリック ⇒⇒ 横浜蘭友会(YOS) (神奈川県横浜市) 
 

2015年11月の予定

 冷え込みが無くのんびりと屋外の蘭を取り込み中。残るは主にデンドロの類と落葉性カランセ。
今月は国際でのオープンハウスがあるのでオープンハウス中心に仕事を進めることになる。まずは売店の場所の片付けと設営。
オープンハウスが終わった所でボイラーの調整火入れし、内張り。デンドロなど温室内に株の取り込む予定。
灌水はカトレア類はほとんどニュージーランドバークにしたので間隔を開ければ水苔と違いそれほど気にしなくて灌水出来そう。一週間に一度ぐらいの割合で。
ニュージーランドバークに替えてだいぶたつものは水を含み過ぎるものが多くなってきているので特にカトレア類は乾いたのを確認して灌水する。
しかし、パフィオ、元ソフロ・コクシニアや元レリア・パープラタなど新芽が伸びているものは2〜3日間隔でたっぷり目にやる。液肥などもその分多目に施す。

 

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

 11月 6日(金)〜 8日 (日) 国際園芸渇キ室内 クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市))
          

久栄ナーセリー・秋の蘭展2014 

 11月 20日 (金)〜 23日 (月)祝国際園芸梶E出店クリック ⇒⇒ 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)

2015年10月の予定

 昨年と同じで気が付けば涼しくなっている。
今月は各地で色々と模様しものが多い月、それに加え屋外からの温室内に順次取り込み、山下げと鉢の移動も多くなる。移動に伴い病害虫のチェック、駆除、支柱立てなどなど・・・・。
株の充実をはかるために出来るだけよく日に当てバルブの充実のため昼と夜の温度差を出来るだけ付けてやるが昼間の最高気温は30℃前後でとどめる。 灌水はカトレア・パープラタ、コクシニアやパフィオなど一部を除いて控えめにしていく。液肥はボブピータース10:30:20を中心にやる。
植え替えは暑さに弱いものやこれから生長期の種類、パフィオの子苗など。

10月の催しもの予定

第11回 秋の全国洋蘭園めぐり

10月3日(土)〜12日(月) 開催場所 : やまはる園芸 (静岡県浜松市) 国際園芸(株)委託出展

第17回 秋の洋蘭まつり

10月10日(土)〜12日(月) 開催場所 : 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市) 国際園芸鰹o展

オーキッドワンクラブ フェア in 福岡

10月16日(金)〜18日(日) 開催場所 : 博多バスターミナル9階 (福岡県福岡市) 国際園芸(株)出展


 

2015年 9月の予定

 酷暑酷暑と言っている間に8月は過ぎてしまう、エルニーニョの影響か太平洋高気圧が弱いのか秋雨前線らしきものが早くから停滞、 天候不順が続いている。
カトレア・ワルケなどは乾かし始め花芽を即すため屋外から温室内に取り込みたいところ。
パフィオの植え替えを始めたがもう少し早くからやってもよかったかもしれない。パフィオが終わればカトレア・パープラタやソフロの植え替えを、下旬ぐらいからの山下げのために 場所を少し開ける。植え替えとともに株の移動、支柱立てなどなど
灌水は鉢の中が完全に乾いてからやるように、液肥は薄め(ボブピータース18:18:18を中心に7000倍〜一万倍ぐらい)で相変わらず灌水ごとに入れる。
蘭業界もいそがしくなってくるようで社長があっちこっち飛び回るようになって来る。
 

2015年 8月の予定

 冷夏を期待したがハズレで酷暑、雨も降らなくて毎日シリンジと灌水でバテ気味。
CP(寄せ植え)の鉢上げがあと少しで終わりそう、少しデンドロの高芽取りをしてから下旬ぐらいからはパフィオの植え替えをやろうと思う。
朝晩のバンダ類やヘゴ付きのシリンジにデンドロ、シンビの灌水、専門で栽培しているところは自動灌水でやっているところが多いがあちらこちらに少しずつしかないのでて灌水に これが結構くたびれる。鉢への灌水は3日に一度ぐらいの間隔、素焼き鉢2〜3号の水苔植えは乾いていそうなら合い間に灌水。
液肥はボブピータース18:18:18と10:30:20を交互ぐらいに5000倍と一万倍で、一万倍の時にそれに加えて活力剤バイオバイタル、自家製腐熟液肥やEM菌を混ぜる。
鉢上げをしたものはロングトータルの置き肥をやる。涼しければ鉢の中の草取りをしたいがまだ暑いようなので先延ばしに、デンドロのノビル系などはだいぶ伸びてきているので支柱に添えてやる。

8月の催しもの予定

8月8日(土)〜23日(日)

サマークリアラスセール


国際園芸(株)では恒例のサマーセール、蘭をお買い上げの方、蘭とともに扱っている資材を全部20%引きで提供、水苔はここで原価がだいぶ上がったので値上げとか。 
詳しくは国際園芸(株)までお問い合わせください。(まだホームページの引っ越しが上手くいってないみたい?)

オーキッドサマーフェスティバル2015 in みやぎ

8月23日(日)の1日のみ

開催場所 : ホテルキャッスルプラザ多賀城(宮城県多賀城市) 国際園芸鰍ヘ出展予定


 

2015年 7月の予定

 今年の梅雨はエルニーニョ現象とかで太平洋高気圧が弱まり長引きそうとか? 少しは灌水が楽かな?
ひたすらカトレアの植え替え、涼しい時に鉢の中の雑草ぬき、時々フラスコ出し、寄せ植えからの鉢上げ、ナメクジ退治などなどやることは沢山ある。
バーク植えでの2年目あたりから水を持ちすぎるので水のやり過ぎに注意。パフィオや暑さに弱い種類は鉢の中の蒸れに注意(乾かし気味に管理)。
液肥はボブピータース18:18:18を中心に、それに加えて活力剤バイオバイタルや自家製腐熟液肥やEM菌を混ぜて雨の止み間に灌水又はシリンジ。
週に一回山の様子を見にドライブ

7月の催しもの予定

軽井沢オーキッドフェア 2015

7月4日(土)〜5日(日)

開催場所 : 北軽ガーデンにて(群馬県吾妻郡)  国際園芸鰍ヘ昨年に続きゲスト出店
 

2015年 6月の予定

 5月は異常に暑く乾き灌水に追われたような中、6月に入り梅雨の走りで曇りがちの雨の予報が増えてくる。
梅雨に入るころから恒例の山上げの予定、まずはネット張り、棚の調整などをしてしばらくは一週間に一度蘭を運ぶ。
天気の悪い日が増え乾きも悪くなるので灌水も少な目にボブピータースの18:18;18を中心に活力剤などを混ぜてやる。天気が良ければ昼間の時間は一番長い時期、梅雨の晴れ間の日焼けに注意。
先月までは提示会などが続けてあったので薬剤散布ができなかったので今月は少しやる予定。あとはひたすらカトレアの植え替え、飽きたらフラスコ出しに寄せ植えの鉢上げ。

6月の催しもの予定

オーキッドクラブ・藤沢 ・ 夏の洋らん展

2015年6月23日(火)〜28日(日)   (今年も水曜日に講演を頼まれる)

開催場所 : 神奈川県立フラワーセンター大船植物園  (神奈川県鎌倉市)ホームページ 


 

2015年 5月の予定

 ゴールデンウイーク中に頑張って屋外出しを、途中他の雑用が入り少し手間取ったが天気に恵まれ一部を除きほぼ出し終わる。 連休中の日差しが強かったせいか一部のデンドロの新葉が焼けてしまったがジッとこらえてもらうことに。
あとはひたすら植え替え、色々とやりたいものがあるが取り合えづはカトレアを中心に、バーク植えにしてから調子が良く伸びがいいようで植え替えが追いつかない様な?
灌水は天気が良ければ3日に一回ぐらいの割で全体に、今年からは早朝からやってみることに。バスケット入りのバンダ類や原種類のコルク付き、シンビ、デンドロは雨が降らなければ毎日シリンジ、 と灌水。
液肥は灌水時にボブピータースの18:18:18を中心に10:30:20と30:10:10の5000倍単用と、一万倍にして活力剤、自家製熟成腐熟液肥などを混ぜて交互にやることに。 置き肥としてバイオゴールドやロングトータル草花用100日用を種類により、やり分ける。
薬剤散布、殺菌剤(ベンレート)と殺虫剤(カルホス・スプラサイト等)に殺虫・殺菌効果のあるサンヨール(ナメクジにも効く)3種混合でやりたいところ。

今月の催し物予定

Orchid Party in 新潟

2015年5月 22日 (金)〜 24日 (日)

開催場所 : OC garden(新潟市) 

第55回蘭友会らん展

2015年5月28日(木)〜31日(日)

開催場所 : 池袋サンシャインシティー (東京都豊島区) 蘭友会・ホームページ

 
 

2015年 4月の予定

 インターメディア展が終わったところで内張りを外し始めてのだがまだ全部が終わっていない。菜種梅雨に入ってしまい雑用を片付けている。
出来ればひたすら植え替えたいところだが相変わらず雑用が多く合い間を縫ってオンシ、デンドロ、カトレアなどの植え替えをしたいところ。
灌水量もだんだん増やすし、ロングトータルやバイオゴールドなどの置き肥もしたいし、鉢の中の雑草も抜きたい。薬剤散布もしたい。
中旬には屋外には遮光ネットを張って出し始めたい。
まだまだ模様しものも多く、荷の出入りがある。

今月の催し物予定

JOGA洋ランフェア2015in横浜

4月10日(金)〜12日(日)

開催場所 : 横浜みなとみらい・ワールドポーターズ6F 国際園芸(株)出展予定

関西らんフェスタin神戸

4月24日(金)〜26日(日)

開催場所 : 神戸デザイン・クリエイティブセンター ホームページ 国際園芸(株)出展予定

第28回オーキドワンクラブフェア

5月1日(金)〜4日(月・祝)

開催場所 : 須和田農園 (千葉県市川市) ホームページ 国際園芸(株)出展予定


2015年 3月の予定

 相変わらず雨が多いような気がする。晴れると日差しは強くよく乾く、日に当てたいが日焼けには注意。
ドームでの残り物の片付け、来年用の植え替え、花ガラ摘み、ロングトータルの施肥などなどいそがしい。今月中にパフィオ、カトレア・ワルケなどの植え替えをしたいが無理かな?
灌水は徐々に増やすが新芽の腐りやすいものは今しばらく控えめに、液肥は18:18:18の4000倍を中心に自家製腐熟液肥を混ぜ始める。たまに活力剤を。
後半には国際園芸の温室でカトレア・インターメディアと3月の蘭展示会があるので売店用に作業場を片付ける。


今月の催し物予定

第69回JOGA洋らん展3月13日(金)〜15日(日) 国営昭和記念公園 (東京都立川市)   クリック ⇒⇒ 昭和記念公園・ホームページ  国際園芸出店 
カトレア・インターメディアと3月の蘭展示会3月27日(金)〜29日(日) 国際園芸梶@(神奈川県伊勢原市)    クリック ⇒⇒ 国際園芸・ホームページ 

 

2015年 2月の予定

 今年は周期的に雨が降っているような、晴れている時は日差しがだいぶ強くなってきている。
前半は東京ドームの準備、11・12日で搬入設営、13日は内覧会、14日から22日まで一般公開、後半は片付け整理かな。
時間があればカトレアなどにバイオゴールドやロングトータルなどの置き肥をやる。灌水はパフィオやカトレア・パープラタなどはたっぷりと他のカトレア類はまだ少し控えめでシリンジが中心。 液肥はボブピータース18:18:18か10:30:20の薄め7000倍ぐらいで常時混ぜておく、出来れば新芽をより多く出させるためにX5をやりたいところ。
今年はナメクジ、蕾へのアブラムシの被害が少ないような気がするがまだまだ注意。中旬ごろになると日差しが強くなってくるので日焼けにも注意。
まだ気温は低いので温度管理に注意。


 

2015年 1月の予定

 今年は4日はさぼり5日から仕事始め。
相も変わらず1月はらん展にドームの準備であっという間に毎年過ぎてしまいそうで株の管理は手抜き、一週間に一度ほどの灌水、ボブピータース18:18:18と30:10:10などの5000倍ぐらいで灌水とシリンジで施す。 時間があればフラスコ出し、花の終わった株などの植え替え。
蕾にアブラムシやこんだ株の間や鉢の中の乾燥によりにカイガラムシが付きやすい、また、せっかく出た蕾をナメクジがなめるので注意。
これから寒さが本番、温度管理に注意。


今月の国際園芸が出展する催し物予定

第25回船橋洋らん展1月8日(木)〜13日(火)国際園芸 出店船橋蘭友会 東武百貨店船橋店6階
やまはる園芸・第14回新春洋蘭展1月17日(土)〜18日(日))国際園芸、出店やまはる園芸ホームページ
第21回とうほく蘭展&バラとガーデンフェスタ20151月29日(木)〜2月2日(月)国際園芸、出店河北新報社ホームページ

 

2014年12月の予定

 冬支度も終わりそう、あとはひたすらカトレアの苗を中心に植え替え。
灌水はカトレアなどは基本はよく乾いてから天気が続きそうな時に表面が湿る程度の量に、パフィオやカトレア・パープラタなど新芽や新葉が伸びているものはたっぷりとやる。
肥料は灌水量に合わせて液肥のボブピータース18:18:18や10:30:20の5000倍から1万倍でやる。
カトレアなど乾燥気味に栽培していると気がつかないうちに根の方にカイガラムシが繁殖しているので注意、エピデンなどの蕾にアブラムシなどがつきやすいので鉢にオルトランなどを 置いておくと良い。
あとはナメクジ対策、一晩で楽しみにしていた蕾を舐められるので特に注意。国際で販売していたナメルトが生産中止になってしまったので代わりのものを探してみる。

今月の催し物予定

ワカヤマオーキッド
開店記念セールと冬の蘭展
(ワルケリアナ展)

 12月5日(金)〜 14日 (日)  国際園芸
(5日から7日特別出張販売)      クリック ⇒⇒ ワカヤマオーキッド (和歌山県和歌山市)

クリスマスセール

 12月13日(土)〜 23日 (火)  国際園芸鰍ノて      クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

第41回 横浜洋らん展

 12月27日 (土)〜 30日 (火)  国際園芸梶E出店    そごう横浜店 8階 催事場 
クリック ⇒⇒ 横浜蘭友会(YOS) (神奈川県横浜市) 
 

2014年11月の予定

 春から伸び、バルブのできる洋ラン類はこの時期にバルブが太り充実、花芽ができるものもある。
今月は国際でのオープンハウスがあるのでオープンハウス中心に仕事を進めることになる。まずは売店の場所の片付けと設営。 オープンハウスが終わった所で内張り。デンドロなど温室内に株の取り込む。
灌水はカトレア類はほとんどニュージーランドバークにしたので間隔を開ければ水苔と違いそれほど気にしなくて灌水出来そう。天気が続けば4〜5日に一度ぐらいの割合で。
しかし、パフィオ、元ソフロ・コクシニアや元レリア・パープラタなど新芽が伸びているものは2〜3日間隔でたっぷり目にやる。液肥などもその分多目に施す。
10月は山下げや温室内にの整理取り込みでほとんど植え替えができていない、今月もまとまった植え替えは無理かも。

 

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

 11月 7日(金)〜 9日 (日) 国際園芸渇キ室内 クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市))
          クリック ⇒⇒⇒ ポスター    事前予約リスト・カラー写真      事前予約販売品リスト    専用注文シート          

久栄ナーセリー・秋の蘭展2014 

 11月 22日 (土)〜 24日 (月)祝国際園芸梶E出店クリック ⇒⇒ 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)

 

2014年 10月の予定

 暑い暑いと言っていたら急に涼しくなり、秋が駆け足で来たような感じ。台風も続けざまに襲来かも?。
屋外の取り込み、山下げと株の移動、整理が中心。植え替えは一時中止。移動時に鉢内の草取り、ナメクジのチェック、今年はカイガラムシの発生が多いので、できれば殺虫剤・殺菌剤などの薬散をしたいところ。
カトレアは鉢内が完全に乾いてから灌水、デンドロは鉢内への水を控え始めシリンジを中心、パフイオやカトレアでもパープラタやコクシニアなどこれから新芽が伸びるものはたっぷりと灌水、施肥。
遮光もできれば外して良く日に当ててやりたいが太陽もだいぶ傾いて昼間に意外な所に日差しが届き日焼けを起こすことがあるので注意が執拗。
今月は温室内をトレーを持って移動する日々、少し足腰が弱ってきているかも、せっかくな伸びた新しいバルブや、花芽などを折らないように注意して作業したいと思います。

   

今月の催し物予定

オーキッドワンクラブフェアin札幌

 10月 3日 (金)〜 5日 (日) 国際園芸梶E出店クリック ⇒⇒ PDFファイル

第10回秋の洋らん園めぐり

 10月 4日(土)〜 13日 (月) 国際園芸梶E販売品協力 クリック ⇒⇒ やまはる園芸 (静岡県浜松市)

秋の洋蘭まつり

 10月 11日(土)〜 13日 (月) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市)
 

11月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展2013

 11月 7日(金)〜 9日 (日) 国際園芸渇キ室内クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

 

2014年 9月の予定

太平洋高気圧が弱いため8月の下旬から急に涼しくなる。秋から冬にかけての開花がだいぶ狂いそう。こと足の夏は去年に比べると最高気温は低めだったが湿度が高く熱中症の患者さんは多かった見たいです。 デンドロなども蒸散作用が上手くいかなかったためか葉焼けがひどくお客さんの所でも「去年は焼けなかかったが今年はずいぶん焼けてしまった」と
このところ仕事が遅れ気味でCP(フラスコ出した寄せ植え)からの鉢上げがまだ終わらない。ぼちぼちカトレア類などは水を控え始める、特にワルケは水を控えた方がいいようで外に出してあるものを取り込んで 秋の長雨には当てないようにする。下旬あたりから山のものを下げ始める。
屋外のものも取り入れる準備として雑草取りや病害虫の駆除。パフィオや暑さに弱いものの植え替え、今年伸びたバルブなどの支柱立てなどなどやることはイッパイある。


 

2014年 8月の予定

 暑い、去年に比べるといくらか涼しい? 早朝の多少涼しい時間帯に少し仕事をして昼休みにしっかり昼寝。
フラスコ出しも一段落つき次の植え替えをと思ったのだが暑さのため雑用として吊り金具をまとめて、できれば一年分ぐらい作ることに、飽きたところでチョコチョコと植え替えを。
灌水はバーク植えが多くなり透けたプラ鉢などを見ていると以外に下の方が乾いていないので今年は4日間隔で灌水して見る。素焼きの水苔植えはよく乾くので合い間にはシリンジをする。
バンダ類やコルク付けなどは雨が降らなければ朝晩タップリとシリンジ、ノビル系デンドロやシンビは出来れば一日に一回たっぷりと灌水。
液肥はボブピータースを適当に灌水ごとに活力剤とともに混ぜてやる。
鉢の中の草取り、伸びた新芽の支柱立てなどなど暑い中、雑用が意外に多い。
国際園芸(株)では恒例のサマーセール、蘭をお買い上げの方、蘭とともに扱っている資材を全部20%引きで提供(私はまだパンフレットを見ていないので詳細は分からない) 
詳しくは国際園芸(株)までお問い合わせください


 

2014年 7月の予定

 あっという間に半年が過ぎてしまった。梅雨に入ったものの陽性で降る時には降るが去年と一緒で中休みが多いような、今のところ太平洋高気圧が弱くて夜間は涼しいが平年並みの暑さになるとか。
このところフラスコ出しが続いている、飽きると、とびとびで鉢からはみ出している株の植え替え、寄せ植えからの鉢上げもしたいところ。梅雨に入っているということでナメクジが目立つので駆除、鉢の中の雑草も涼しい時間帯に駆除。
山に持っていくのもあと2台分ぐらい、温室の中を歩いているとやることがイッパイ見つかるが目をつぶって花の観賞を。
灌水は梅雨の中休みで曇っていても水苔植えなどで乾いていると思ったらやることに、液肥はボブピータース18:18:18、 30:10:10、 10:30:20を交互に、これに自家製完熟酵素液肥、 バイオゴールドバイタル、EM菌、スーパシリーズなどを添加して施す。何が効いているか分からないが偏食するよりはいいだろうと思うのがこの頃の考え方。
夏至も過ぎてこれからは日が徐々に斜めに差し込んでくるので梅雨明けのころから昼間の日の当たり具合に注意した方がよい。

7月の催しもの予定

軽井沢オーキッドフェア 2014

7月5日(土)〜6日(日)

開催場所 : 北軽ガーデンにて(群馬県吾妻郡)  国際園芸鰍ヘゲスト出店
 

2014年 6月の予定

 6月に入って早々に梅雨入り大雨、植え替えもだいぶ押されて追いついていない状態で山上げシーズンに突入。預け場所の大雪が気になっていたがハウスは無事との情報。 (行って見ないとハッキリと分からないが)
灌水は雨模様の日が多くなれば回数も少なくなる、取り合えづは毎回ボブピータース18:18:18を中心に活力剤もたしてやることに。ナメクジが活発に動く時期なので注意して駆除する様にする。
乾きが悪くなるのでパフィオ、ファレノなどの軟腐病に注意、屋外に出したものなどは雨の地面からの跳ね返りで土中の病原菌が入ることがあるので置く場所の高さなどを注意するか土の跳ね返りが ないようにシートなど敷く。

6月の催しもの予定

アーリーサマーフェア 2014

2014年5月13日(金)〜15日(日)

開催場所 : ハタオーキッド (神奈川県藤沢市)ハタオーキッド・ホームページ 

オーキッドクラブ・藤沢 ・ 夏の洋らん展

2014年6月24日(火)〜29日(日)   (昨年に続き水曜日に講演を頼まれる)

開催場所 : 神奈川県立フラワーセンター大船植物園  (神奈川県鎌倉市)ホームページ 


 

2014年 5月の予定

 朝方の気温が思った以上に上がらないまま5月に入ってしまった。大雪のためつぶれた屋外の作場も簡単ではあるが修理もスミ出せるようになる。
強光線にならすために無遮光で栽培するものは早めに屋外に出し徐々に強光線にならすようにする。
順次、ロングトータルの置き肥をやりながら雑草などを抜き屋外に出していく。植え替えはカトレアの実生の小さい所が終わっていないので続きを。
灌水は少しづつ増やしていくがバックからの力で新芽が伸びてくるのでまだやり過ぎには気を付ける。特に新芽の腐りやすい種類は新芽が開き始めた時に水が溜まり夜間の寒さや昼間の強光線で 蒸れないように注意。
液肥は灌水時には常に入れてやる新芽の数や葉の枚数を増やすリン、根の発育をよくすると言われるカリの多いボブピータース10:30:20を中心に窒素多い30:10:10を補足としてやる。
肥料の吸収をよくすために活性剤などを併用して混ぜる。以前に比べると施す肥料の量は格段に増えている。
病害虫の予防のために殺虫剤殺菌剤を散布予定。

今月の催し物予定

第26回オーキッドワンクラブフェアi

2014年5月 9日 (金)〜 11日 (日)

開催場所 : 五島園芸・守山農場 (滋賀県守山市) 五島園芸・ホームページ

第54回蘭友会らん展

2014年5月29日(木)〜6月1日(日)

開催場所 : 池袋サンシャインシティー (東京都豊島区) 蘭友会・ホームページ

 
 

2014年 4月の予定

 3月もドームなどの後片付けをしていたりインターメディア展の準備をしていたらアッと言う間に過ぎてしまったような。
内張りを外し始めたところ、終われば中旬ぐらいから外に出し始めたいので一部雪でつぶれたラスハウスの修復。
今年はデンドロなどを屋外に出しながら植え替え、合い間にはカトレアの植え替え、フラスコ出し、CP(寄せ植え)からの鉢上げなどなどやることはイッパイある。
灌水は上旬は菜種梅雨により曇りがちになるが晴れ間にやり天気が安定してきたら徐々に増やしていきそれに伴い液肥をやる。植え替えのひつようのない鉢はロングトータルの置き肥をやる。
ノビル系交配種、東南アジア産の一部のデンドロやレリア・アンセプスなどは早めに強光線にならしておけば灌水が大変だが無遮光でしっかりしたバルブを作る。

今月の催し物予定

JOGA洋ランフェアin横浜

4月11日(金)〜13日(日)

開催場所 : 横浜みなとみらい・ワールドポーターズ6F 国際園芸(株)出展予定

大垣園芸 ・ 春の蘭展

4月25日(金)〜27日(日)

開催場所 : 大垣園芸 (岐阜県大垣市) ホームページ 国際園芸(株)出展予定


 

2014年 3月の予定

 2月は東京ドーム蘭展のためほとんどつぶれてしまい植え替えはほとんど進まなかった。
今月はカトレアの植え替えをひたすらやろうと思っているが大雪により夏の出し場の棚がつぶれてしまったので少しづつ修復する予定。
日差しもかなり強くなってきて天気が良いと温室内も気温が上がり過ぎるので換気に注意、南側の所は日焼けにも注意が必要。
お彼岸のころまで様子を見て外部遮光を下す。それに合わせて内張りを外す。
新芽が伸びてきたからと言ってあわてて灌水量を増やさずにあくまでも乾いてからやるのペースを保つ、天窓が開いている時間が長くなり空気が乾燥する時は天気の良い午前中にシリンジをする。
肥料は置き肥を施し並行して液肥もやる。アブラムシ、カイガラムシ、ナメクジは先月に続けて注意、駆除する。棚下や外回りに除草剤を散布。

今月の催し物予定

関西らんフェスタin京セラドーム3月21日(金・祝日)〜23日(日)国際園芸出店京セラドーム大阪・9階スカイホール
カトレア・インターメディアと3月の蘭展示会3月29日(土)〜30日(日)) 国際園芸鰍ノて      クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)
JOGA洋ランフェアin横浜4月11日(金)〜13日(日)国際園芸出店ワールドポーターズ・横浜みなとみらい



 

2014年 2月の予定

 今月は東京ドームでの世界蘭展2014が15日(土)〜23日(日) 一般公開=9日間、 公開時間:午前10時00分〜午後5時30分(入場は午後4時30分まで)。でほとんどが時間をつぶされる。
時間が取れればカトレアの植え替え、液肥入りで灌水、日が強くなってくるので日焼けに注意。
先月に続き蕾にアブラムシやこんだ株の間にカイガラムシが付きやすい、また、せっかく出た蕾をナメクジがなめるので注意。



 

2014年 1月の予定

 新年を迎えバタバタしているうちに一週間が過ぎてしまいました。
1月はらん展にドームの準備であっという間に毎年過ぎてしまい株の管理は手抜き、一週間に一度ほどの灌水、ボブピータース18:18:18と30:10:10などの5000倍ぐらいで灌水とシリンジで施す。 時間があればカトレアの植え替え。
蕾にアブラムシやこんだ株の間にカイガラムシが付きやすい、また、せっかく出た蕾をナメクジがなめるので注意。


今月の国際園芸が出展する催し物予定

第24回船橋洋らん展1月9日(木)〜14日(火)国際園芸出店船橋蘭友会 東武百貨店船橋店6階
やまはる園芸・第13回新春洋蘭展1月18日(土)〜19日(日))国際園芸、出展やまはる園芸ホームページ
第68回洋蘭展(J.O.G.A.)・銀座フェニックスプラザ2階1月24日(金)〜26日(日)国際園芸、出展JOGAホームページ

 

2013年12月の予定

 なんとか冬仕度もスミ、あとはひたすら残りのカトレアの植え替えとアンセプスの花の終わったものを植え替えたい。
灌水はカトレヤや休眠期に入ったデンドロなどは控えめに、パープラタ、コクシニア、パフィオ他クールタイプのものはたっぷり目に、肥料はボブピータース18:18:18の5000倍を中心に10:30:20の1万倍を時々混ぜ、その他に活力剤を少量混ぜる。
展示会に備え蕾の上がってきたものには早めに長めの支柱を添えてやる。特にカトレアなどの花にはスリップスが付きやすくなり、乾き気味に栽培するカトレアなどは根にカイガラムシが発生しやすいので注意。
サーモスタットは古くなると感度が鈍くなるものや狂ってくるものがあるので温度計と見比べながら調整する。あとは人間が風邪をひかないように体調管理に注意。

今月の催し物予定

クリスマスセール

 12月14日(土)〜 24日 (火)  国際園芸鰍ノて      クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

第40回 横浜洋らん展

 12月26日 (木)〜 30日 (月)  国際園芸梶E出店    そごう横浜店 8階 催事場  ・ クリック ⇒⇒ そごう横浜店 (神奈川県横浜市) 
 

2013年11月の予定

 上旬には昼間は日が差すと暖かいが朝晩はだいぶ冷えてきて10℃を切る日がある。春から伸び、バルブのできる洋ラン類はこの時期にバルブが太り充実、花芽ができるものもある。
今月は国際でのオープンハウスがあるのでオープンハウス中心に仕事を進めることになる。まずは売店の場所の片付けと設営。 オープンハウスが終わった所で内張り。外気温を気にしながら温室内に株の取り込み。
灌水はカトレア類はほとんどニュージーランドバークにしたので間隔を開ければ水苔と違いそれほど気にしなくて灌水出来そう。天気が続けば4〜5日に一度ぐらいの割合で。
しかし、パフィオ、元ソフロ・コクシニアや元レリア・パープラタなど新芽が伸びているものは2〜3日間隔でたっぷり目にやる。液肥などもその分多目に施す。
10月に台風が続けてきたため温室の外部遮光を上げてそのまま無遮光状態、温室のガラスの汚れもあり日焼けもせずにいる。 以前は春と秋のお彼岸の間だけ遮光していたが最近は残暑がいつまでも続きなかなか巻き上げる機会を逃して内張りを張るまでになっていた。
カトレアの植え替えがどんどん遅れて行く ・・・・・・・・

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

 11月 8日(金)〜 10日 (日)  国際園芸渇キ室内 クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

 クリック ⇒⇒⇒ ポスター    事前予約リスト・カラー写真      事前予約販売品リスト    専用注文シート        

久栄ナーセリー・秋のらん展 

 11月 22日 (金)〜 24日 (日) 国際園芸梶E出店クリック ⇒⇒ 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)
 

2013年10月の予定

 酷暑の夏も過ぎ涼しい季節にやっとなった感じ、このところ台風の発生が多い、10月は数が少ないが台風の被害が統計的には多いとか。注意しなければ。
涼しくなってきたところで山下げ、鉢の取り込み、最低温度が15℃前後で高温性のものを、10℃前後でカトレアなどを温室内に取り込む。
取り込む時は雑草取り、ナメクジの駆除剤置きやカイガラムシなどの害虫が着いていれば駆除してから取り込む。大きめの鉢は蟻が巣を作っていることがあるので家の中などに取り込む時は特に注意。
灌水は春から生長して秋には太るタイプは徐々に控えめに、ワルケなどは特に注意して控えめに水やり、パープラタやコクシニアなどこれから生長するものはタップリとやる。肥料は液肥でリン酸、カリが主成分の物を中心に散布、生長する種類には置き肥を置く。
カトレアの植え替えが遅れているのでこのまま続けることに。
外部遮光も巻き上げよく日にあたるように、暖房機の整備も忘れない様にしなければ。

   

今月の催し物予定

第9回秋の洋らん園めぐり

 10月 5日(土)〜 14日 (月) 国際園芸梶E販売品協力 クリック ⇒⇒ やまはる園芸 (静岡県浜松市)

秋の洋蘭まつり

 10月 12日(土)〜 14日 (月) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市)

オーキッドワンクラブフェアin博多

 10月 18日 (金)〜 20日 (日) 国際園芸梶E出店クリック ⇒⇒ PDFファイル
 

11月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展2013

 11月 8日(金)〜 10日 (日) 国際園芸渇キ室内クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

2013年9月の予定

 月が変わっても昼間の暑さはそれほど変わらないが夜はだいぶすごしやすくなってきた。秋雨前線もそれなりに活発になってきているが関東南岸にはそれほど雨が降らない。これから期待したいところ。
日差しも傾いてきて日の入り方もずいぶんと変わってきたので昼間の時間帯での日焼けに注意、暑いと言っても気温は下がってくるのでそろそろ灌水の間隔や量を調整していく。肥料もバルブの充実をはかり開花に向かうものと これから生長するものとがあるので株の様子を見ながら替えていく。
植え替えはだいぶ遅れてカトレアがまだ終わっていないのでひたすらカトレアの植え替え、本来は元レリアのパープラタあたりを植え替えたいところ。今回初めて上旬にはデンドロの類を山に上げ早めの低温に合わせ開花促進をはかってみる。 下旬あたりからボチボチ山のものを下す。温室内に取り込む準備として鉢の中の草むしり、病害虫の駆除のための薬散をする。


2013年8月の予定

 梅雨明けの猛暑が続いたころに比べると多少は涼しく一息ついているところだが夏はこれからが本番、湿度が高いと蒸散作用も抑えられて人間と一緒で熱中症になるようで小さな鉢は被害が出ている。 葉が黄色ぽっくなるようだったら遮光を強めに早めの対策をした方が良い。
灌水は3〜4日に一度が基本だがカトレアはほとんどがバーク植えになったので水やりは株の様子を見ながらやることに。シリンジの時に混ぜたいた腐熟液肥が今年分は使いきってしまったので元のものを薄めて使うことに。
ボブピータースは3種類を5000〜10000倍で灌水時に交互にやる。真夏は植え替えは控えた方が良いと言うが追い付いていないのでカトレアの植え替え。飽きた時には鉢の中の草むしり。
山げしたものは肥料と薬剤散布を交互にやる。
国際園芸(株)では7月にカタログを発送、その中でのセールとして蘭をお買い上げの方、限定で、扱っている資材を全部20%引きで提供 詳しくは国際園芸(株)まで お問い合わせください。


2013年7月の予定

 梅雨に入ったもののシトシト雨が無く灌水の回数が多く時間を取られている。天気予報では消えていた前線が北に上がり関東地方は天気が良く暑くなりそう。 7月に入っても灌水に時間を取られそうだがカトレアの植え替えを集中してやりたいところ。
シリンジは出来るだけこまめに自家製の腐熟液肥を入れてやることに、灌水時にはボブピータースの色々の配合を交互に5000〜10000倍で、新芽の生長を即す。
このところさぼっている薬剤散布もやりたいところ。山上げもあと一台分ぐらい、屋外出しも最後のひと踏ん張り。
などなどやることはイッパイある、久々に催しもの無いので気分的には楽かな。


2013年6月の予定

 いつもより早い梅雨入りなるが早くも中休みが続くようで雨マークの予報が消えている。ぼちぼち山上げの準備を、2週目あたりから山に運び始める。
屋外にはまだ全部出しきれてなくてどれを出そうか思案中。カトレアの植え替えも素焼き鉢の一部のサイズが無くなる。トモエさんがやめてしまい気にいった素焼き鉢が入らなくなり、いっその事プラ鉢にバーク植えに全部替えるか?
油粕を中心にした腐熟液肥も順調にシリンジ、ボブピータース18:18:18のを中心に5000倍で灌水時に混ぜ散水、水だけの散水は出来るだけしないようにする。
先月に続きナメクジ退治に少し力を入れる。

6月の催しもの予定

オーキッドクラブ・藤沢 ・ 夏の洋らん展

2013年6月25日(火)〜30日(日)   (昨年に続き水曜日に講演を頼まれる)

開催場所 : 神奈川県立フラワーセンター大船植物園  (神奈川県鎌倉市)ホームページ 

大垣園芸 ・ 夏の蘭展

2013年6月28日(金)〜30日(日)

開催場所 : 大垣園芸 (岐阜県大垣市) ホームページ 国際園芸(株)出展予定


2013年5月の予定

 5月に入って気温の低目が続くらしい。4月中旬ぐらいからデンドロのノビル系などから順次屋外に出し始める。今月中には屋外に出せるものは全部出したいところ。
寄せ植えからの鉢上げもあと少し、そのあとにはフラスコ出し、カトレアの植え替えの順番で、色々と雑用もあるが少し植え替えに専念したいところ。
灌水も天気が安定すれば徐々に増やしたいところだが気温とにらめっこで難しい所。肥料は置き肥とボブピータースの液肥とを併用、他に油粕を中心にした腐熟液肥をこまめにシリンジ。
ナメクジが孵化しているようで小さなものが目立つので今のうちに誘引殺虫剤を要所要所に置いて駆除。

5月の催しもの予定

アーリーサマーフェア 2013

2013年5月17日(金)〜19日(日)

開催場所 : ハタオーキッド (神奈川県藤沢市)ハタオーキッド・ホームページ 

6th.和歌山マリーナらんフェスタ

2013年5月24日(金)26日(日)

開催場所 : マリーナシティー・わかやま館1F (和歌山県和歌山市) ワカヤマ・オーキッド・ホームページ

第53回蘭友会らん展

2013年5月30日(木)〜6月2日(日)

開催場所 : 池袋サンシャインシティー (東京都豊島区) 蘭友会・ホームページ


2013年4月の予定

 3月は気温の寒暖が大きく梅が咲くまでは低目でその後、気温が高い時期が有り一気に桜が咲き始め、咲きだしたら低目になり染井吉野の開花期間が長いような。まだしばらくは気温の上下があり落ち着かないみたい。
それでも昨年に比べると暖かい、今年は少しは早く屋外に出せるかも。とりあえずは上旬には外部遮光を下して、内張りを外す。
あとはひたすら植え替え、終わっていない寄せ植えからの鉢上げ、フラスコ出し、できればカトレア類の植え替えを今月中には始めたい。
灌水は徐々に増やし、液肥も窒素系からリン系など色々と規定希釈でやってみる。特に今期は自家製の油粕を3年間醗酵させた液肥を多方面に多くやってみる。置き肥も種類によりバイオゴールドやコーテングした化学肥料などを施す。
入社当時は「洋蘭は肥料は控えめ」だったが最近では肥料の種類も増えは多目になってきている。ただ、種類によりやる時期を間違えると蕾が着きにくかったり置き肥の量や液肥の倍率を間違えると株を痛めることがあるので注意すること。
花ガラ摘み、花ガラをいつまでも付けておくと灌水した後水を含みカビる事がありそれがもとで新芽などが腐る原因になる。特にデンドロの花は注意。
病害虫の発生を抑える意味で時々薬散、鉢焼き、棚下に除草剤の散布。などなど雑用も増えてきていそがしい時期に入る。

第24回オーキッドワンクラブフェア

2013年4月12日(金)〜14日(日)

開催場所 : 仙台洋ラン園 宮城県仙台市

予定参加業者 : 五島園芸 ・ 大垣園芸 ・ 須和田農園 ・ 仙台洋ラン園 ・ 国際園芸(株) ・ 藤井洋ラン園(リストのみ)

JOGAのメダル審査もあります、問い合わせは仙台洋ラン園さんまで


 

2013年3月の予定

 2月はほとんど植え替えができなかった。
ドームも無事に終了、ドームでの入荷分の植え付けをすませ、あとはひたすら温室内の植え替え。(主に今年はカトレアを)
気温もまだ低目の天気が良い時は日差しが強く温室内は真夏?、灌水量を徐々に増やしていき、液肥は色々と取り混ぜて増やす。最近はどれをやればいいか迷うところ。
日差しはかなり強くなってきているので日焼けに注意しながら春のお彼岸あたりで外部遮光を下す予定。気温はまだしばらくは低めのようなので内張りを外すのは様子を見ながら。その分換気に注意。
他に除草剤の散布、カイガラムシやアブラムシが出てきているので殺虫剤、殺菌剤の散布。

3月の展示会予定

東京パフィオ同好会

2013年3月3日(日)

開催場所 : 科学技術館6F第一会議場 (東京) 科学技術館ホームページ 遊びに行ってきます。

にいがた世界の蘭展2013

2013年3月5日(木)〜10日(火)

開催場所 : 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター (新潟県新潟市) ホームページ 社長が準備の手伝いに

インターメディアと3月の蘭展

2013年3月23日(土)〜24日(日)

開催場所 : 国際園芸渇キ室にて  神奈川県伊勢原市    詳細はインターさんのホームページにて

予定参加業者 : αオーキッド ・ 仙台洋ラン園 ・ ナーセリーイデ ・ ハタオーキッド ・ 大垣園芸 

問い合わせは国際園芸(株)まで 展示品よろしくお願いします。

JOGA洋ランフェアーin Yokohama

2013年3月29日(金)〜31日(日)

開催場所 : 神奈川県産業会館 (神奈川県横浜市) JOGAホームページ 国際園芸で出店するのか?
 

2013年2月の予定

 例年通り1月は展示会等であっという間に過ぎてしまった。大寒で寒い寒いと言いながらも天気が良いと温室内はかなり気温が上がってきて乾きすぎの鉢も見られる。
ドームの準備とシリンジ・灌水でほとんど植え替えができない状態、本来ならカトレヤの植え替えを始めたいところ。灌水の量も少しずつ増やし始めるがまだカトレアなどはまだ鉢にはタップリとはやらない。 肥料もできれば置き肥を置き始めたいところ。


 

2013年1月の予定

 去年と同じパターンでバタバタしているうちに中旬にはいいてしまいました。これからは東京ドームのディスプレイの準備が中心。
合い間、合い間で気ばらしに植え替え。灌水は天気の良い日にシリンジを中心に鉢の小さなものや湿度の好きな種類は天気の様子を見ながら1週間に1〜2回たっぷりとやる。
肥料は液肥のボブピータースの18:18:18と10:30:20を交互ぐらいで5000倍で灌水、シリンジで併用する。
花のシーズンに入るのでナメクジに食害されないようにこまめに誘引殺虫剤をまく。寒さが一層厳しくなってくるようなので温度管理も注意。 

2013年(平成25年)洋蘭展・これからの予定

三島パフィオペディラム同好会1月6日(日) 終わってしまった。「パフィオペディラム同好会」オフィシャルサイト
第23回船橋洋らん展1月10日(木)〜15日(火)国際園芸出店船橋蘭友会 東武百貨店船橋店6階
湘南蘭友会・第50回洋蘭展1月16日(水)〜20日(日)平塚駅ビル・ラスカ6F・ラスカホール
第67回洋蘭展(J.O.G.A.)・銀座フェニックスプラザ2階1月18日(金)〜20日(日)国際園芸、出展予定JOGAホームページ
やまはる園芸・第12回新春洋蘭展1月26日(土)〜27日(日)国際園芸、出展予定やまはる園芸ホームページ
西湘蘭展2013
ロビンソン百貨店小田原店
1月23日(水)〜28日(月) 
第11回アジア太平洋蘭会議(APOC)・蘭展・沖縄大会2月2日(土)〜11日(月)沖縄国際洋蘭博覧会事務局
世界らん展日本大賞2013(東京ドーム)2月16日(土)〜24日(日)国際園芸、出展予定世界らん展日本大賞2013ホームページ
インターメディアと3月の蘭展示会3月23日(土)〜24日(日)国際園芸(株)にて

 

2012年12月の予定

 冬支度もほぼ終わり、12月に、長期予報で暖冬のはずが先月の発表では寒くなると訂正。今月に入ってから冷え込み天気の悪日も続いたがここで少し安定しそう。
温室内(展示室以外)は落ち着き植え替えを始める。まずはパフィオの原種その後はペスカトレア類、山上げしていた小物の類など。
灌水はパフィオやカトレア・パープラタやコクシニアなどは多目に、一般的なカトレア類は少なめになど種類により分けて灌水、シリンジ。特にカトレアの12cm以上の鉢は乾いたのを確認して少量、水苔の場合は表面が少し湿る程度に灌水する。 これからは開いた花には直接かけないようにするのと天気良い午前中に済ませる。
温室の温度設定は重油が高いため低目に設定、天窓の開く温度設定は28〜30℃にする。これからは室内栽培などでは難しいだろうが昼と夜との温度差を付けてやるのがポイントの一つ。
肥料は液肥でボブピータース18:18:18の5000倍で灌水やシリンジの時に混ぜる。今年はカイガラムシとナメクジが以上に発生したため今月は特に念入りに消毒予定。
あとはボチボチと東京ドーム準備。

今月の催し物予定

ワカヤマオーキッド洋蘭展

 12月 7日(金)〜 16日 (月)  国際園芸梶E出店・社長が行くのだが10日(月)には帰る予定   クリック ⇒⇒ ワカヤマオーキッド (和歌山県和歌山市)

クリスマスセール

 12月15日(土)〜 25日 (火)  国際園芸鰍ノて      クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

第39回 横浜洋らん展

 12月27日 (木)〜 30日 (日)  国際園芸梶E出店    そごう横浜店 8階 催事場 ・ クリック ⇒⇒ 横浜蘭友会 (神奈川県横浜市) 


 

2012年11月の予定

 山下げも無事に終わり、ハワイからの入荷分も植え付けが終わった所ですでに11月。暑い暑いと言っていた夏が懐かしいような。
屋外の株を温室内に取り入れるのが途中までで上旬のうちに済ませなければまずい。ボイラー掃除も済ませていない。二週目には国際でオープンハウスが有るので植え替え台も売店用に片付け。
外部遮光外しと下旬ぐらいから保温用の内張りを張り始める。灌水は暖房が準備できるまでは天気の良い温室内で温度が上がったら軽めのシリンジでごまかしておく。肥料は液肥で18:18:18の5000倍を中心に 時々10:30:20の5000倍をやる。カトレア・パープラタ、 コクシニアなどは取り込む時に置き肥をやる。リカステ類はバルブの膨らんだものから鞘葉を根元から取り、葉先3分の1ぐらいを切り詰める。 バルブの完成したカトレア、ノビル系デンドロなどは出来るだけ支柱を立てて形を整える。植え替えが出来れば山から下げたクールタイプ、茂りすぎたペスカトレア属類。
カトレアなどのバルブを太らせるために最高最低の温度差を付けてやる、できれば最高は30℃位、最低10℃位と。
灌水は控え目に完全に乾いたら水苔植えなら上から3分の1ぐらい湿る程度でこれからはたっぷりとやらない、天気の良い日に朝のうちに軽くシリンジ。
日焼けを起こさない程度によく日に当てる。

  

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

 11月 9日(金)〜 11日 (日) 国際園芸渇キ室内 クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

久栄ナーセリー・秋のらん展 

 11月 23日 (金)〜 25日 (日)国際園芸梶E出店クリック ⇒⇒ 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)

 

2012年10月の予定

 残暑の厳しい年でしたがさすがに10月だいぶ涼しくなる、が、まだ昼間は30℃を超える日もある。
今月は鉢の移動がいそがしくなる、まずは山下げ、今月いっぱいで山をきれいに片付ける。最低温度が15℃前後で高温性のものを、10℃前後でカトレアなどを温室内に取り込む。
取り込む時は雑草取り、ナメクジの駆除剤置きやカイガラムシなどの害虫が着いていれば駆除してから取り込む。大きめの鉢は蟻が巣を作っていることがあるので家の中などに取り込む時は特に注意。
灌水は春から生長して秋には太るタイプは徐々に控えめに、これから生長するものはタップリとやる。肥料は液肥でリン酸、カリが主成分の物を中心に散布、生長する種類には置き肥を置く。
植え替えは以前のソフロ、レリア・パープラタなどこれから生長する種類、山から下げてきたクールタイプの種類など。
外部遮光も巻き上げよく日にあたるように、暖房機の整備も忘れない様にしなければ。

   

今月の催し物予定

秋の洋らん園めぐり

 9月 29日(土)〜 8日 (月) 国際園芸梶E販売品協力 クリック ⇒⇒ やまはる園芸 (静岡県浜松市)

秋の洋蘭まつり

 10月 6日(土)〜 8日 (月) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市)

オーキッドワンクラブフェアin札幌

 10月 12日 (金)〜 14日 (日) 国際園芸梶E出店クリック ⇒⇒ さっぽろテレビ塔2階 (北海道札幌市)
 

11月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展2012

 11月 9日(木)〜 11日 (日) 国際園芸渇キ室内クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

 

2012年9月の予定

 8月はほとんど雨が降らずに気温も高く毎日シリンジと定期的な灌水、9月に入ったとたん一雨来たがまだしばらくは残暑が続くらしい。
昼間の時間も短くなって日中の太陽も高度が低くなり始め、日の差し方も変わってきているので日焼けに注意。晴れていれば乾くが季節の変わり目で秋雨前線が停滞すると小雨が多く乾きにくくなるので 様子を見ながら灌水は徐々に控えめにする。
肥料はこれから伸び出すカトレア・パープラタ、バルブが太るリカステなどには置き肥を一回やる。デンドロなど寒さに向かって花芽分化するものはリン酸・カリ系の液肥をこまめに葉面散布してやる。
肥料に頼るのも良いが日焼けしない程度に日に当ててやるのが基本で以前は秋のお彼岸のころには温室の遮光を巻き上げていたが最近は気温も高く少し遅らしてから上げることに。 植え替えはカトレアの開花サイズは花の終わった株、品種。パープラタやコクシニアなどこれから芽の動く株、動き出している株、パフィオの苗の鉢上げなどなど。下旬ぐらいから山下げ。


やまはる園芸 秋の全国洋蘭園めぐり


9月29日(土)〜10月8日(月) 静岡県浜松市 やまはる園芸  国際園芸(株)は販売品協力  詳しくはホームページまで
 

2012年8月の予定

 猛暑日が続きオリンピックの応援で時間が不規則なり熱中症に注意。洋ランも光線が強く葉の色が悪いようなら8月中は遮光を少し強めにすると良い。(国際では出しそびれていてデンドロを遅く出したら葉焼けを起こしてしまった。)
今年も温室内の仕事は遅れ気味で暑い8月でもひたすらフラスコ出しと植え替え、灌水は天気が続けば3から4日に一度の割合で、その他の日は晴れていれば余熱を下げるために夕方、全体にシリンジ。
液肥はいつもと違いボブピータース10:30:20を中心に、18:18:18と30:10:10をたまにやることに。腐熟油粕液肥を今年はやりそこなってしまいあきらめることに。

サマークリアランスセール

2012年8月 案内は発送されお客様の所に届いているようだが従業員の所には来ないので詳細は不明

国際園芸株式会社 神奈川県伊勢原市    洋ラン全品 ・ 資材(書籍を除く) 20%引き  問い合わせは国際園芸(株)まで
 

2012年7月の予定

 山上げもあと2回ぐらい運べば完了予定。梅雨に入ったものの天気が良くて灌水の回数も多い。今年の梅雨は陽性?
気温も上がり灌水は夕方に切り替へ、マダムにも手伝ってもらう予定。
液肥はボブピータース18:18:18を中心に10:30:20を灌水の時は混ぜたものと入れないものを交互に。他に今年は早朝か夕方に液肥を溶かしたものをこまめにシリンジしたいところ。
遅くなったが屋外に出したものを中心に油粕の腐熟液肥2年物を散布。
山上げが落ち着いたところで原種類の植え替えと屋外出し、フラスコの苗出し、フラスコ洗い、ナメクジ退治、ハダニなどの防除などなどやることが多い
ネットもこの前の台風でパッカーが飛んでいるので屋根の上に登って止めなおさなければ、今月は特に私用で休むことも多いので仕事が回るか?
イベントが無いだけ気分的に楽かも。


 

2012年6月の予定

 先月に続き原種類を植え替えながら屋外に少しづつ移動。中旬ぐらいから山上げへ、まだ猛暑の予報、山上げまた少し量が増えるかも。
梅雨の走りで曇りがち灌水も考えながら。晴れ間を狙ってやる。
液肥は灌水ごとにボブピータース18:18:18を中心に30:10:10と10:30:20を1回ぐらいやりたいところ。灌水ができなければ曇りの日にでもシリンジでごまかす。
ナメクジ・軟腐病などに注意、カタセタム属やデンドロ・アノスマムは梅雨時の低温多湿で新芽や葉に腐りや黒班病が出るので梅雨明け後に屋外にだす。バンダ類は湿度の高い梅雨時に切り詰めると 痛みも少なく良い。
今月の大船フラワーセンターでのオーキッドクラブ・藤沢の蘭展にて恩師に変わり講演をすることになったのだがはたして務まるのか?

今月の展示会予定

ハタオーキッド サマーフェア

6月22日(金)〜24日(日)     

ハタオーキッド(神奈川県藤沢)にて  展示会もあり、皆様のご出展もお願いしますとのこと。   国際園芸(株)出店予定   

夏の洋らん展

6月26日(火)〜7月1日(日)

大船フラワーセンターにて ホームページ オーキッドクラブ・藤沢



 

2012年5月の予定

 やっと展示室の外部遮光を張り、内張りを外しスッキリした。例年より一カ月ほど遅くなってしまった。
レリア・アンセプスを始め、順次屋外に出し始める。移動の際、雑草取りと置き肥をしておく。カイガラムシなどのチェックも。
今のところ液肥を灌水時にかけられないので天気を見ながら動墳で3〜4日に一度の割でボブピータース18:18:18の4000倍を中心に何種類かの液肥を散布予定。
植え替えは原種系を中心に端からやる。飽きたらカトレアの子苗の鉢上げ。などなど、いそがしい月。

第22回オーキッドワンクラブフェア

2012年5月18日(金)〜20日(日)

開催場所 : 国際園芸渇キ室にて  神奈川県伊勢原市    

予定参加業者 : 藤井洋ラン園 ・ 五島園芸 ・ 大垣園芸 ・ 須和田農園 ・ 仙台洋ラン園

JOGAのメダル審査もあります、問い合わせは国際園芸(株)まで


 

2012年4月の予定

 なかなか暖かくならないがもう4月、ソメイヨシノの蕾もだいぶ膨らんできて東京では3月31日に開花宣言、平年より5日、昨年より3日遅れとか。我が家の周りでは4月1日ではまだまだ。
上旬には内張り外し、下旬には低温性の物から屋外に出し始める。
残りのフラスコ苗出し、原種の植え替え、少し無理があるがマスデ、ドラキュラの類を早めに、あとは出来るだけ植え替える。
灌水は徐々に増やし始め、肥料も液肥も窒素の多いボブピータース30:10:10の5000倍での回数を増やす。置き肥としてバイオゴールドやコーテングした化学肥料をやる。
アブラムシ、カイガラムシ、ハダニなどの害虫予防と軟腐病などの予防に殺虫剤と殺菌剤を散布。

国際園芸での模様しものとして 4月19日〜5月6日   「みんなの植え替えテーブル」と銘打ってやるらしい。詳しくは国際園芸(株)まで
 

2012年3月の予定

 2月は東京ドーム蘭展でほとんどつぶれて植え替えできず。
ドームも無事に終了、後片付けもほぼ終了、あとはひたすら植え替え。
3月に入り天気は不順、ぼちぼち落ち着いてくるような、天気が続くと灌水量を少し増やしていく。それに合わせて液肥も色々と取り混ぜてやることに。最近はどれをやればいいか迷うところ。
日差しはかなり強くなってきているので日焼けに注意しながら春のお彼岸あたりで外部遮光を下す予定。気温はまだしばらくは低めのようなので内張りを外すのは様子を見ながら。その分換気に注意。
他に除草剤の散布、カイガラムシやアブラムシが出てきているので殺虫剤、殺菌剤の散布、鉢焼きなど雑用は多い。

3月の展示会予定

ひろしま世界の蘭展2012

2012年3月15日(木)〜20日(火)

開催場所 : 広島県立広島産業会館 西展示場   ホームページ

インターメディアと3月の蘭展

2012年3月24日(土)〜25日(日)

開催場所 : 国際園芸渇キ室にて  神奈川県伊勢原市    詳細はインターさんのホームページにて

予定参加業者 : αオーキッド ・ 仙台洋ラン園 ・ ナーセリーイデ ・ ハタオーキッド ・ 大垣園芸 

問い合わせは国際園芸(株)まで
 

2012年2月の予定

 相変わらず1月はバタバタしているうちに過ぎてしまい2月になってしまった。
3日から5日に日本洋蘭農業協同組合主催の蘭展が東京国際フォーラムで開催、そのあと18日から26日まで世界らん展日本大賞2012が東京ドームで開催。
結局、2月も蘭展準備などで時間をつぶされ植え替えは出来ない。
乾燥注意報・低温注意報で快晴続きで温室内は乾きやすくなっている。小さめの鉢や水の好きな種類の乾きすぎに注意。
昼間は天気が良ければ温室内の気温は上がるが夜間はまだ冷え込むので水やりもまだ控え目でシリンジで湿度を保つように、
意外に根は動いているのでボブピ−タース18:18:18の5000倍と10:30:20の7000倍ぐらいで交互に灌水。
リン酸分は花芽を着かせるだけではなく新芽の数や葉の枚数に影響するらしく少し多用してみる。
ただしカリが多いと奇形花になりやすいので花芽の大きさによっては注意した方が良い。
日差しが強くなってくるので日焼けに注意。


 

2012年1月の予定

 新年明けましておめでとうございます。
バタバタしているうちに中旬にはいいてしまいました。これからは東京ドームのディスプレイの準備が中心。
合い間、合い間で気ばらしに植え替え。灌水は天気の良い日にシリンジを中心に鉢の小さなものや湿度の好きな種類は天気の様子を見ながら1週間に1〜2回たっぷりとやる。
肥料は液肥のボブピータースの18:18:18と10:30:20を交互ぐらいで5000倍で灌水、シリンジで併用する。 

2012年(平成24年)洋蘭展・これからの予定

三島パフィオペディラム同好会1月15日(日)「パフィオペディラム同好会」オフィシャルサイト
湘南蘭友会・第49回洋蘭展1月18日(水)〜22日(日)平塚駅ビル・ラスカ6F・ラスカホール
やまはる園芸・第11回新春洋蘭展1月21日(土)〜22日(日)国際園芸、出展予定やまはる園芸ホームページ
西湘蘭展2012
ロビンソン百貨店小田原店
1月25日(水)〜30日(月) 
第66回洋蘭展(J.O.G.A.)・東京国際フォーラム2月3日(金)〜5日(日)国際園芸、出展予定JOGAホームページ
世界らん展日本大賞2012(東京ドーム)2月18日(土)〜26日(日)国際園芸、出展予定世界らん展日本大賞2012ホームページ
インターメディアと3月の蘭展示会3月24日(土)〜25日(日)国際園芸(株)にて

 

2011年12月の予定

 先月はほとんど植え替えをすることができなかった。まだ少し冬支度、片付けが少し残っている。
時間ができればフラスコ出しからなるが、東京ドームのディスプレイの準備も間際であせらない様に少しずつ進める予定。
下旬には国際でのクリスマスセールおよび年明けにはすぐに藤沢のさいか屋、静岡の蘭展があるため準備。
灌水はカトレア等は完全に乾いてから灌水、マスデやオドントなどクールタイプやカトレア・パープラタ(元レリア)、コクシニア(元ソフロ)パフィオなどは乾かさない様に。
肥料は液肥をボブピータース18:18:18と10:30:20を交互に5000倍で週一ぐらいで散布。デンドロなど枯れ葉が出るので枯れ葉拾いと鉢の中の草むしり。屋外、温室内の棚下に除草剤散布。
温室内ではこれからカイガラムシ、スリップスの発生が多くなるので殺虫剤・殺菌剤を週一で2〜3回散布。ナメクジの駆除。
まだまだ雑用が多いので予定通り進むか?

国際園芸(株)クリスマスセール 12月19日(月)〜25日(日)

 国際園芸(株)にて12月19日(月)〜25日(日)まで、 問い合わせは国際園芸(株)まで


 

2011年11月の予定

 気が付けば11月、暖かい日が続き気がゆるんでいる。
今月からはカトレアなど生長が夏タイプでバルブがあり、冬は休眠するタイプは完全に乾かしてから小さい鉢はタップリ、大きい鉢は少量の灌水。
マスデやオドントなどクールタイプやカトレア・パープラタ(元レリア)、コクシニア(元ソフロ)パフィオなどは乾かさない様に、カトレアなどバルブの完成したものは少なめに灌水。
今月はボブピータース18:18:18を5000倍と10:30:20の5000倍で種類により週一ぐらいで動墳で多めのシリンジ予定。
低温性のデンドロ、セリジネ、レリア・アンセプスはまだ屋外なので最低気温が5℃を切った時点で温室内に取り込む予定(量が多いので3〜4日かかりそう少し早めに取り込むかも?)
このところさぼっていた殺虫剤・殺菌剤散布。下旬ぐらいまでは保温用の内張りをしたいところ。フラスコ出しがまだあるのであせってやらなければ。できればクールタイプのマスデやドラキュラまで植え替えたいところ。

  

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

 11月 3日(木)〜 6日 (日) 国際園芸渇キ室内 クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

秋のらん展 2011

 11月 25日 (金)〜 27日 (日) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)

 

2011年10月の予定

 9月は台風の影響で仕事が遅れた。10月も多少は暖かいと思っていたが各地の初霜や初氷の冬の便りは例年より早いとの話し、山上げの道志でも低めの気温。少し気になるところ。
今月は室内に取り込み、山下げと冬に向けての準備。遅れているフラスコ出し。山下げしたものや夏の後半から秋にかけての生長を始める種類の植え替え。温室の外部遮光の巻き上げ。 などなどやることはイッパイ。
取り込む時は雑草取り、ナメクジの駆除剤置きやカイガラムシなどの害虫が着いていれば駆除してから取り込む。大きめの鉢は蟻が巣を作っていることがあるので家の中などに取り込む時は特に注意。
灌水は春から生長して秋には太るタイプは徐々に控えめに、これから生長するものはタップリとやる。肥料は液肥が中心でリン酸、カリが主成分の物を中心に散布。

   

今月の催し物予定

秋の洋らん園めぐり

 10月 1日(土)〜 10日 (月) 国際園芸梶Eコーナー クリック ⇒⇒ やまはる園芸 (静岡県浜松市)

秋の洋蘭まつり

 10月 8日 (土)〜 10日 (月) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市)

第21回 オーキッドワンクラブフェア

 11月 12日 (金)〜 14日 (月) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 大垣園芸 (岐阜県大垣市)
 

11月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

 11月 3日(木)〜 6日 (日) 国際園芸渇キ室内 クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

 

2011年9月の予定

 二百十日で台風12号が接近中、当初、関東あたりに上陸の予報だったがだいぶずれて四国あたりに上陸しそう、速度も遅く、被害の拡大が心配。また、長期予報では残暑は厳しくまだまだ暑さが続きそう。これからの台風の発生が気になるところ。
それでも季節は着実に進んでいて昼間の蝉の鳴き声に変わり夜はコオロギなどの鳴き声に変わってきている。8月末の水苔の入荷が遅れたこともあり仕事は相変わらず遅れ気味でCP(寄せ植え)からの鉢上げがまだ残っている。終わり次第フラスコ出し。 間を縫って秋の植え替えの執拗な品種でC.(元L.)パープラタなどの鉢上げ。月末あたりから山下げを始める。
灌水はカトレアなどは徐々に控え始める?シリンジは今まで通り、晴れれば夕方に。液肥はボブピータース10:30:20の5000倍を中心に。久々に薬剤散布も殺虫剤と殺菌剤を混ぜたものを2回ぐらい散布。


 

2011年8月の予定

 天気予報では8月の上旬は少し涼しくなると、予報通り7月の下旬から天気が悪く多少涼しい状態が続いている。日照不足が心配。灌水も不規則になる。
例年だと8月はほとんど植え替えをしないで鉢の中の草むしりや吊り金具の作成など雑用がほとんどでしたが今年は植え替えが予定より1カ月ほど遅れ今月もカトレアの植え替え、寄せ植えからの鉢上げ、フラスコ出しと片付けたいところ。 灌水は天気が続けば3から4日に一度の割合で、その他の日は晴れていれば余熱を下げるために夕方、全体にシリンジ。
液肥はボブピータース18:18:18と10:30:20を交互にやってみる。また、シリンジの時は2年前に漬けた腐熟油粕液肥がまだあるので無くなるまで散布。

サマークリアランスセール

2011年8月4日(木)〜23日(火)

国際園芸株式会社 神奈川県伊勢原市    洋ラン全品 ・ 資材(書籍を除く) 20%引き  問い合わせは国際園芸(株)まで
 

2011年7月の予定

 梅雨入りは早かったが中休みが多く、シトシト感が無く気温は高目。梅雨明けは予報では13日ごろ。
山上げもあと2回ぐらい運べば済む。山でも雨は少なそう。
屋外にまだ出し切れていないし、こまごましたしたものの植え替えもまだできていない、カトレアのメリクロン苗の植え替えもなかなか進まない。少し焦りが出てきているができるだけ今月中にめどをつけたいところ。
灌水はすでに午後に切り替え、液肥はボブピータース18:18:18を中心に時々10:30:20を各5000倍でやる。屋外に出した物を中心に油粕腐熟液肥に竹酢を混ぜたものを 800倍でシリンジ。
先月に続き(株)コスモス エンタープライズの水素をナノバブル閉じ込めてたと言う水を散布。週に2回ぐらい散布を予定したがラン全体にかけるには時間的に少し無理があり、 できるだけ週に1回はやるようにする。


 

2011年6月の予定

 例年よりだいぶ早い梅雨入り、新芽の伸び始めの日照不足が心配、先月に続き屋外に少しづつ移動。中旬ぐらいから山上げへ、 昨年ほどは暑くならないとの予報だが念のため昨年の夏に下に置いてあって傷んだものは山に、少し量が増えるかも。
あとはひたすらカトレアの植え替え。梅雨入りも早かったので灌水にとられる時間も少なくなるのでその分植え替えが進むかな。灌水はもちろん梅雨の晴れ間を狙ってやる。
液肥は灌水ごとにボブピータース18:18:18を中心に30:10:10と10:30:20を1回ぐらいやりたいところ。灌水ができなければ曇りの日にでもシリンジでごまかしてみる。
(株)コスモス エンタープライズの水素をナノバブル閉じ込めてたと言う水を散布。アブラムシやスリップス、病気に効くと言うので、また、銅イオンを電気分解で混ぜているらしい?ので ナメクジにも回避効果があるとか、ただ、週に2回ぐらい散布してほしいとか少し手間だが今月中はお付き合いして結果を見たいところ。

今月の展示会予定(国際園芸は出展していません)

第2回 湘南 夏の洋蘭展

       6月 2日(木)〜 6日(月)    平塚・梅屋ユーユー館6階イベントホール 湘南蘭友会・ホームページ

夏の洋らん展

       6月21日(火)〜26日(日)    大船フラワーセンター・ホームページ オーキッドクラブ・藤沢



 

2011年5月の予定

 いつもより早い暖房のカットでしてが昼間の天気が良く温室内の気温も上がったため今のところ生長には障害も無く進んでいるみたい。
 カトレアの実生もあと2日ぐらいで終わりそうなところで五月の連休に、ここからは本格的に屋外に順次出し始める。その合間に植え替え。実生の次にはカトレアの原種からメリクロン苗に、どこまで進むか? 屋外に出す株は鉢の中の雑草を抜いて枯れ葉を取り、肥料の好きな種類はコーティングした化学肥料を置きながら移動。水やりの回数も増えるので液肥を先月同様ローテーションを組みながらやり、間には肥料抜きで灌水。 外に出した株は1週間に1〜2度油粕の腐熟液肥を散布。花は少なくなるものの一番忙しい時期に入る。

5月の展示会予定

ハタオーキッド アーリーサマーフェア

2011年5月20日(金)〜22日(日)     

ハタオーキッド(神奈川県藤沢)にて  展示会もあり、皆様のご出展もお願いしますとのこと。   国際園芸(株)出店予定   

第51回蘭友会らん展

2011年5月26日(木)〜29日(日)

池袋サンシャイン シティワールド インポートマートビル4F展示ホールAにて、国際園芸(株)出展予定 蘭友会のホームページ
 

2011年4月の予定

 3月は震災後、計画停電などや品不足で落ち着かない中、無事にカトレア・インターメディアと3月の蘭展は無事に終わりました。土曜日は多くの方が来られ賑やかでしたが日曜日は少なくチョット 寂しいような、皆さんとゆっくりお話をしたければ日曜日に来れれるといいかも。(来年の参考までに)
 1号室以外は内張りは外し外部遮光を下し終わる。1号室の西側外部遮光は入荷待ちで入り次第張る予定。
 乾燥注意報が出っぱなしで天気が良いと昼間の気温はだいぶ上がるので良く鉢が乾く、灌水を少し多めにしたいところだが重油節約のため夜間の最低温度を全体に下げているため、まだ、全体にはたっぷりとやれない。 液肥はすでに18:18:18を中心に10:30:20と30:10:10を交互にやるようにしたいのだが灌水の回数が少ないとローテーションが難しい。
 置き肥は有機質の物は水が多いとゼニゴケなどが付きやすいので今年はコーティングした化学肥料を中心に置いてい見ようと思う。八重桜が咲き終わる中旬ぐらいから低温性の種類から屋外に出し始める。
 あとはひたすら植え替え、今月はカトレアを中心に、特に実生をやる予定、水苔からニュージーランドバークに大半を変えるつもり。

4月の展示会予定

第20回記念 オーキッドワンクラブフェア

2011年4月22日(金)〜24日(日)

開催場所 : 須和田農園ホームページ   記念すべき20回目、仙台洋ラン園さんも無事に出られるそうです。
 

2011年3月の予定

 2月は半分はドーム蘭展のためにつぶれる、会期中は1月に比べ天気は不安定で天気が良いと気温が上がる。毎日ドームに通い灌水は出来なかったためカリカリに乾いている鉢もある。
下旬にはインターメディア展、それまでにはひたすらカトレアを中心に植え替え、灌水も徐々に増やし、液肥は18:18:18を中心に10:30:20を時々、規定倍率で灌水ごとにやってみる。
日差しもかなり強くなってくるので日焼けにに注意しながら換気をする。お彼岸のころには外部遮光を下し、内張りを下旬ぐらいに外す。温室の棚下と外回りに除草剤を散布。
名古屋国際蘭展は今年で最後とか?

3月の展示会予定

フラワードーム2011 名古屋国際蘭展

2011年3月11日(金)〜14日(水)

開催場所 : ナゴヤドーム  愛知県名古屋市東区大幸南   フラワードーム2011ホームページ

インターメディアと3月の蘭展

2011年3月26日(土)〜27日(日)

開催場所 : 国際園芸渇キ室にて  神奈川県伊勢原市    問い合わせは国際園芸(株)まで
 

2011年2月の予定

 1月神奈川は雨が降らずに乾燥注意報が出っぱなしそれにおまけに最強のラニーニャ現象のおかげで低温注意報が時々出ている、日本海側は大雪、これも温暖化の影響とか。
晴天続きで温室内の昼間も高目、バンダ類やコルク付きはほとんど毎日シリンジ、バンダ類はじっくりとシリンジしてやったら思った以上に根の伸びが良い。
今月の鉢への灌水は先月に続きほぼ一週間に一度の割でカトレアなどの12p以上の鉢は軽めに。小さな鉢ほど多目に。 マスデや以前のソフロ・コクシニアなどは今の時期でも水を好むものはたっぷりと、間、間で乾いているようであれば灌水。種類、鉢の大きさにより、やり分ける。
液肥はボブピータース18:18:18:と30:10:10をそれぞれ5000倍で交互に灌水時に混ぜてやる予定。置き肥はコーティングしたものを置いてみる予定。 カトレアを中心に植え替えと鉢増し。

今月の蘭展

世界らん展日本大賞2011(東京ドーム)・2月19日(土)〜27日(日)・世界らん展日本大賞2011ホームページ


 

2011年1月の予定

 新年明けましておめでとうございます。
 温室ではらん展の準備の合い間にカトレアを中心の植え替え。灌水は全体には一週間から10日のペースで天気の良い午前中に、カトレア系は少なめに。リカステやパフィオなど水を好むものは定期的な灌水の間にもタップリと。
 液肥はボブピータースの18:18:18を5000倍で灌水ごとにやっています。バンダ類など吊ってあるものは天気の良い日の午前中にシリンジ。 花に水をかけないように、詰めて置いてある場所の病害虫の発生や小さい鉢の乾きすぎに注意。
 1月中は寒気が流れ込んでかなり冷え込むと、油も値上がりするみたいでかなりつらい年初め、取りあえずは暖房機のトラブルが無いように日々気を付けるように。

2011年(平成23年)洋蘭展・予定

平塚梅屋(湘南蘭友会)1月6日(木)〜10日(月) 湘南蘭友会ホームページ
サンシャインシティ世界のらん展2011(全蘭)
池袋サンシャイン文化会館2階
1月6日(木)〜10日(月) 全日本蘭協会ホームページ
くまもと世界の蘭展20111月7日(金)〜12日(水)国際園芸、出展予定グランメッセ熊本
さいか屋藤沢店 第31回新春蘭展 (藤沢洋蘭愛好会)1月12日(水)〜18日(火)国際園芸、出展予定
三島パフィオペディラム同好会1月16日(日)「パフィオペディラム同好会」オフィシャルサイト
やまはる園芸・新春洋蘭展1月22日(土)〜23日(日)国際園芸、出展予定やまはる園芸ページ
西湘蘭展2011
ロビンソン百貨店小田原店4階ギャラリー
1月26日(水)〜31日(月) 
第65回洋蘭展(J.O.G.A.)・東京国際フォーラム1月28日(金)〜1月30日(日)国際園芸、出展予定JOGAホームページ
世界らん展日本大賞2011(東京ドーム)2月19日(土)〜27日(日)国際園芸、出展予定世界らん展日本大賞2011ホームページ
インターメディアと3月の蘭展示会3月26日(土)〜27日(日)国際園芸(株)にて

 

2010年12月の予定

 アッという間の一年、最後の1カ月、ここにきて気温は少し高目、ただし、ヨーロッパでは寒気が流れ込みかなり気温が下がっているよう。反動で反対側の日本付近にもこれから寒気が流れ込んで今年の冬は冷え込むとの予報。
油代も上がっているし嫌な雰囲気。このまま温かくいてくれればありがたいのだが。
 冬支度も無事に済み、あとはひたすら植え替え、これからはカトレアの分け株、実生を中心に。少しバーク植えの物を増やす予定。植え替えはもちろん灌水も水苔よりもバークが楽そう。
つぼみもちらほらと目立ってきたのでナメクジに注意、早めの支柱でも立てながら殺ナメクジ剤でも置きたいところ。デンドロなどの葉が落ちるので病気の蔓延防止のために早めの除去。
灌水は先月に続き、成長期にあるものは多めのに、カトレアなど休眠期に入っているものは控えめに、温度が低めの時は特に大きめの鉢はタップリやるのでなくコンポストの表面が湿る程度の量にしておく。
灌水をやる日は出来るだけ天気が2〜3日続きそうな午前中に済ませる。
肥料もボブピータース18:18:18を薄めの1万倍を1週間に一度ぐらい、気まぐれで5千倍を月のうちに一度やる。成長期の種類は別にジョーロや液肥混入機で別にかける。
薬剤散布はカイガラムシ用にスプラサイドかカルホスを、ハダニやスリップス用にコテツを、殺菌剤として今月はキノンドを混合で散布する予定。(キノンドを混ぜても大丈夫かは分からないので別に散布するかも?)
結構雑用が多くてどの程度植え替えが進むか?

国際園芸(株)クリスマスセール 12月20日(月)〜26日(日)

 国際園芸(株)にて12月20日(月)〜26日(日)まで、 問い合わせは国際園芸(株)まで


 

2010年11月の予定

 10月は温度は高目で数位、色々温室に内に取り込んだのだが今一気乗りがしなくてギリギリまでかかってしまった。
今月からはカトレアなど生長が夏タイプでバルブがあり、冬は休眠するタイプは完全に乾かしてから小さい鉢はタップリ、大きい鉢は少量の灌水。
マスデやオドントなどクールタイプやカトレア・パープラタ(元レリア)、コクシニア(元ソフロ)パフィオなどは乾かさない様に灌水。
液肥は生長しているものにはやりたいところだが全部まとめてやるのでボブピータース18:18:18を薄めの10000倍で週に一度ぐらいで灌水の時に。
低温性のデンドロ、セリジネ、レリア・アンセプスはまだ屋外なので最低気温が5℃を切った時点で温室内に取り込む予定(量が多いので3〜4日かかりそう少し早めに取り込むかも?)
このところさぼっていた殺虫剤・殺菌剤散布。下旬ぐらいまでは保温用の内張りをしたいところ。植え替えはクールタイプが中心、カトレアなどは花の終わったもの、春に植え替えられなくて 生長が良いものは鉢増しを。

   

今月の催し物予定

オープンハウス&秋の蘭展

 11月 5日(金)〜 7日 (日) 国際園芸渇キ室内 クリック ⇒⇒ 国際園芸(株) (神奈川県伊勢原市)

第19回 オーキッドワンクラブフェア

 11月 12日 (金)〜 14日 (月) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 五島園芸 (滋賀県守山市)

秋のらん展 2010

 11月 26日 (金)〜 28日 (日) 国際園芸梶E出店 久栄ナーセリー (滋賀県彦根市)

 

2010年10月の予定

 9月は温度変化の大きく戸惑った。今月は冬支度が中心で屋外の鉢を順次温室内に、外部遮光を巻き上げ、山下げなどなどなど。
灌水は徐々に控えめに、肥料はリン・カリを多く含むボブピータース10:30:20の5000倍やホスポンーFの1000倍液を種類により散布する。
屋外から温室内入れる時にナメクジや害虫・病気の駆除をしてから取り入れるようにする。

 今月は方々で催し物があるのでそちらの面でも忙しくなりそう。

   

今月の催し物予定

秋の洋らん園めぐり

 10月 2日(土)〜 11日 (月) 国際園芸梶Eコーナー クリック ⇒⇒ やまはる園芸 (静岡県浜松市)

秋の洋蘭まつり

 10月 9日 (土)〜 11日 (月) 国際園芸梶E出店 クリック ⇒⇒ 田口洋蘭園 (宮城県多賀城市)

オーキッドフェア in 富士

 10月 22日 (金)〜 24日 (日) 国際園芸梶E出店 ナーセリーイデ (静岡県富士市)

 

2010年9月の予定

 8月は猛暑続き、人間も蘭もだいぶ応えているようで種類によっては回復不可能になっているものも、温室内の株は新芽が徒長気味、屋外に出した株はかろうじて太ってきているが例年ほどで無いものが 多い。
9月に入ってもまだ2〜3週間は残暑が続くと天気予報では? 台風の発生数はまだ少ないものの気温の高い日がまだまだ続くということは海水温が高く衰えずに近づいたり、近場で発生して急に接近する場合 があるので注意が必要。
暑い暑いといっても夜間は気持ち涼しくなってきているので植え替えを再開、まずは残りのフラスコ出し、CPからの鉢上げ、暴れまわっているバルボの植え替え、パフィオの鉢上げ、C.(元L.)パープラタの鉢上げ 、時期は悪いがデンドロの原種の植え替えなどなど、やることはイッパイ。
灌水はカトレアなどは徐々に控え始める?シリンジは今まで通り、晴れれば夕方に。液肥はボブピータース10:30:20の5000倍に切り替え。薬剤散布も殺虫剤と殺菌剤を混ぜたものを2回ぐらい散布。


 

2010年8月の予定

 7月は梅雨明けとともに快晴続き、気温も高めの強光線、デンドロなどが葉焼けを起こしている。例年なら山上げしなくても大丈夫な種類も数種類暑さ負け、急ぎ山に。
8月も暑さは続く予報、ただし、8月に入ってから夜まで風が有り気温は高目だが比較的寝やすい日が続いている。灌水は午後、様子を見ながら3日目ごとに、曜日や乾き具合を見て2日目だったり4日目にしたり。
灌水しない日は天気が良ければ帰る前一時間ぐらいかけて全体にシリンジ。液肥はボブピータース18:18:18の一万倍で週に一回、他にシリンジの時に気がむた時に同じく1万倍で、真夏でも株維持のため 薄めの液肥を回数多めに予定している。
 あと少しフラスコ出しで取り合えず特別急ぎでなければ植え替えは休み。ミックスコンポストや吊り金具の作成、カトレア、デンドロの支柱立て、鉢の中の草取りなど雑用。

サマークリアランスセール

2010年8月5日(木)〜24日(火)

国際園芸株式会社 神奈川県伊勢原市    洋ラン全品 ・ 資材(書籍を除く) 20%引き  問い合わせは国際園芸(株)まで
 

2010年7月の予定

 梅雨だというのに気温は高目、梅雨入りは遅かったものの梅雨明けは例年より早い予報で14日ごろとか。早いところ明けて湿度のないカラッとした天気になってもらいたいところ。
 灌水はすでに午後と言うか夕方にやるようにしている。液肥もボブピータース18:18:18の5000倍で週一の割合で灌水時にやる。他に外に出したものは 油粕の腐熟液肥に木酢液を一割ぐらい混ぜたものを800倍で週に2回ぐらいシリンジ。梅雨が明けたらバンダ類は朝夕2回のシリンジ、マダガスカルの物や夏眠する種類、パフィオなどは鉢への 灌水は減らしシリンジをこまめに。
 植え替えはフラスコ出しを中心に。山にもあとに2回ぐらい株を持っていく予定。カイガラムシが発生しているので消毒もしたいし。あと少し整理して外にも出したいし。大きな 催し物もないし蚊と闘いながら温室の管理に専念。


 

2010年6月の予定

 アッという間の6月、5月も過ぎて見れば低めで気温、月が変わっても大陸からの高気圧が連なって日本上空を通り、梅雨前線を南に押しやり関東では梅雨入りが平年では8日頃だが今年は 遅れるみたい。
 今月から山上げ、出来れば梅雨に入る前に山でのネット張りとマスデなどを上げたいところだが?ネット張り後は週一の割で順次、株を上げていく。
 植え替えのメインは寄せ植えからの単鉢取りからフラスコ出しへの予定。灌水は梅雨入りまでは晴天が続けば3〜4日に一度の割合で、入梅後は鉢の乾き具合を見ながら出来れば梅雨の間の 晴れの日にでも。肥料は液肥でボブピータース30:10:10の5000倍で週一ぐらいで灌水時に、入梅後は18:18:18に切り替え天気が悪くて灌水が出来ない時は雨の降っていない時 にシリンジで葉面散布。

今月の展示会予定

第18回 オーキッドワンクラブフェアin 仙台

       6月 4日(金)〜 6日(日)    仙台洋ラン園

第2回 湘南 夏の洋蘭展

       6月 3日(木)〜 7日(月)    平塚・梅屋ユーユー館6階イベントホール 湘南蘭友会・ホームページ

夏の洋らん展

       6月22日(火)〜27日(日)    大船フラワーセンター・ホームページ オーキッドクラブ・藤沢



 

2010年5月の予定

 4月は低温気味の日照時間が短く新芽の伸び始めの株には悪い条件でした。パフィオなどは葉が伸びているものの薄い。今月に入ったとたん天候は回復、平年並みの気温?天気も落ち着きそう。
先月半ばには秋田の蘭展が有りかなり時間をつぶされ植え替えが遅れた。今月はひたすら植え替え、まずはカタセタム類、オドント類、少ないがミルトニアなど。灌水の回数も増えてきて3〜4日に一度 、一週間に一度はボブピータース30:10:10の5000倍をやりたいところ。合間合間で屋外に順次出す。




今月の展示会予定

ハタオーキッド アーリーサマーフェア

2010年5月21日〜23日     

ハタオーキッド(神奈川県藤沢)にて  展示会もあり、皆様のご出展もお願いしますとのこと。   国際園芸(株)出店予定   

第50回蘭友会らん展

2010年5月27日(木)〜30日(日)

池袋サンシャイン シティワールド インポートマートビル4F展示ホールAにて、国際園芸(株)出展予定 蘭友会のホームページ
 

2010年4月の予定

 3月は後半になって寒波が下りてきて思ったように気温も上がらずによく暖房が回る。忙しくて栽培温室の内張りを外し損ねていたが返って良かったような。
今月は地方での大型蘭展が2か所で有り、秋田での蘭展は武道館でやるため重機が入らないため主催者の大型展示ができないため各蘭屋さんがディスプレイを作ることになった。
そのため今月前半はその準備かな、でも、内張りも外したいし、悩むところ。時間の合間を見て、新芽の動き出したカタセタム類の植え替え、暑くなる前にオドント類も植え替えたいし、 フラスコ出しもあるし、どれから手をつけてよいか頭の中はパニック状態。取り合えず気が向いた物から植え替え。
天気が良ければ3日に一度ぐらいの灌水になるが品種によっては新芽に水が溜まると腐るので注意しながら、液肥は全体にはボブピータース30:10:10の5000倍を一週間に一度ぐらい、 合間にパフィオには18:18:18の5000倍を葉面散布予定。
出来れば植え替えたカトレアなどにはバイオゴールドの置き肥をやりたいところ。


4月の展示会予定

おかやま蘭の祭典&バラ・ガーデニングフェア2010

2010年4月 2日(金)〜 6日(火)

開催場所 : 岡山ドーム 岡山県岡山市北長瀬表町 

主催 : おかやま蘭の祭典2010実行委員会、山陽新聞社 クリック

あきた 世界の蘭展2010

2010年4月15日(木)〜20日(火)

開催場所 : 秋田県立武道館 秋田県秋田市

主催 : あきた世界の蘭展2010実行委員会、株式会社秋田放送 クリック
 

2010年3月の予定

 昨年と同じように東京ドーム終了後は天候不順、3月に入り最初の一週間は天気が悪い予報。一日ごとに気温の差が大きい。
天気が続けば3〜4日に一度ぐらいは灌水をしたいところ?液肥はボブピータース18:18:18の5000倍を一週間に一度ぐらいはやりたい。
天気が良いと昼間の温室内の気温はグッと上がるのでこまめに温度調整で出入り口の開閉を、中旬ぐらいには一部、内張りを外す。
あとはひたすら植え替え、取りあえずカトレアから。


3月の展示会予定

フラワードーム2010 名古屋国際蘭展

2010年3月12日(金)〜17日(水)

開催場所 : ナゴヤドーム  愛知県名古屋市東区大幸南   フラワードーム2010ホームページ

インターメディアと3月の蘭展

2010年3月27日(土)〜28日(日)

開催場所 : 国際園芸渇キ室にて  神奈川県伊勢原市    詳細はインターさんのホームページにて

予定参加業者 : αオーキッド ・ 仙台洋ラン園 ・ ナーセリーイデ ・ ハタオーキッド ・ 大垣園芸 

問い合わせは国際園芸(株)まで
 

2010年2月の予定

 蘭展の数も減ったものの過ぎてみればアッと言う間の1月。
蘭展の搬入、搬出だけ行っていたのだがドームの準備や灌水などで意外に時間を取られ何をやっているのかよくわからない。
とりあえずは空いている時間はカトレア類の植え替えと鉢増し。ドームが終わるまではなかなかできないだろうが。
液肥はこのところボブピータースの30:10:10の7000倍ぐらいで週に一回ぐらいの割合でやる予定。出来ればバイオゴールドの置き肥もしたいところだがチョット無理かも?
日差しも強くなってきて意外に昼間の温度が上がるので花や葉の日焼けに注意と小さな鉢の乾き過ぎにも注意。
先月あたりからアブラムシやカイガラムシが増えてきているので防除に努める。


 

2010年1月の予定

 新年明けましておめでとうございます。
 温室ではらん展の準備の合い間にカトレアを中心の植え替え。灌水は全体には一週間から10日のペースで天気の良い午前中に、カトレア系は少なめに。リカステやパフィオなど水を好むものは定期的な灌水の間にもタップリと。
 液肥はボブピータースの18:18:18を5000倍で灌水ごとにやっています。バンダ類など吊ってあるものは天気の良い日の午前中にシリンジ。 花に水をかけないように、詰めて置いてある場所の病害虫の発生や小さい鉢の乾きすぎに注意。
 蘭展は昨年の銀座松坂屋の中止に続き、今年は横浜高島屋でも取りやめとなり、さびしい年開けになりました。

2010年(平成22年)洋蘭展・予定

平塚梅屋(湘南蘭友会)1月6日(水)〜11日(月) 湘南蘭友会ホームページ
サンシャインシティ世界のらん展2010(全蘭)
池袋サンシャイン文化会館2階
1月7日(木)〜11日(月) 全日本蘭協会ホームページ
さいか屋藤沢店 第30回新春蘭展 (藤沢洋蘭愛好会)1月7日(木)〜12日(火)国際園芸、出展予定
三島パフィオペディラム同好会1月17日(日)  
横浜高島屋(横浜蘭友会)中止
西湘蘭展2010
ロビンソン百貨店小田原店4階ギャラリー
1月20日(水)〜25日(月) 
やまはる園芸新春洋蘭展1月23日(土)〜24日(日)国際園芸、出展予定やまはる園芸ページ
渋谷東急本店(J.O.G.A.)1月28日(木)〜2月2日(火)国際園芸、出展予定JOGAホームページ
世界らん展日本大賞2010(東京ドーム)2月13日(土)〜21日(日)国際園芸、出展予定世界らん展日本大賞2010ホームページ
インターメディアと3月の蘭展示会3月27日(土)〜28日(日)国際園芸(株)にて

目次へ