名古屋工業大学ごきそ技術士会サイト内検索    by Google
組織概要  入会案内

 ごきそ技術士会 平成29年度総会・通算第25回例会のご案内

例会概要

来る5月27日、名古屋工業大学ごきそ技術士会平成29年度総会および第25回例会を下記の通り開催いたします。
 
今回は、名古屋工業大学に対して実務型教員として、教育支援活動にご協力頂ける方向けの説明会を例会において行いますので、ぜひ、母校への教育支援にご協力頂ける会員技術士の皆様は必ずご参加下さい。
 
ご家族、知人の方、非会員の方の参加も可能ですのでお誘い合わせの上ご参加下さい。


日時    
  2017年5月27日 土曜日  13:00〜17:00(平成29年度総会・第25回例会)
    17:30頃〜19:00頃(懇親会)
     
会場    
  総会・例会 名古屋工業大学 2号館 1階 0212教室
 
  懇親会 (5月19日現在未定です。参加人数により開催場所を決定しますので、参加ご希望の方には追ってご連絡致します。)
     
参加費    
  総会・例会 技術士 2,000円  名工大教員・学生・院生・一般 無料
  懇親会 4,000円程度ほぼ実費
 
CPD行事参加票の発行
 ご希望の方にはCPD参加票を発行致します。参加お申し込み時に、申し込みフォームにて「CPD参加票」のところのプルダウメニューから「必要」を選択して送信してください。
 
参加申し込み
 次のリンクにある「参加申し込みフォーム」に入力し、「送信ボタン」を押してください。
 
 http://www15.plala.or.jp/hidekih/gokiso_reikai.html
 
 申し込みフォームに、必要事項をご記入ください。
 
 事務局へのお問い合わせのある方は、申し込みフォームの「お問い合わせ欄」に、同伴者のあることをご記入下さい。
 
参加申し込み締め切り
 資料準備の都合上、できるだけ2017年5月25日(木)頃までにお申し込み下さい。
 

問い合わせ
  名古屋工業大学ごきそ技術士会事務局 橋本英樹まで電子メールにて。
  (このリンクをクリックすると、メールソフトが起動します。)
 
  
または、ごきそ技術士会行事参加お申し込みフォームからお問合せください。
 

内容詳細
総会議事   @活動報告・会計報告
  A名古屋工業大学への教育支援活動について(詳細は例会のディスカッションにて)
   
記念講演 名古屋工業大学副学長(教育改革推進担当) 犬塚信博様(予定)
  @名古屋工業大学の技術者教育改革の展望について(予定)
  A最新の人工知能研究の動向について(予定)
   
例会 【会員報告】
  「実践的技術者のための電気電子系教科書シリーズ アルゴリズムとデータ構造」の出版にあたって
  田中秀和技術士(Es48・情報工学部門)
   
  【ディスカッション】
  「名古屋工業大学への教育支援とごきそ技術士会の技術士人材活用拡大について」
   
  主旨
 

名古屋工業大学の教育改革の中身として、ごきそ技術士の人材の活用も視野にある。
 
一方、社会工学科(土木)の技術者倫理、電気電子工学科(現在の学部3年生まで)特別講義、社会工学科(土木)のPBL(Project Based Learning)においてはごきそ技術士会員の活用が既に始まっている。
 
現時点では、幹事を中心としたごきそ技術士会会員を中心に講師(実務型教員)として対応しているが、その年齢制限(定年)の問題もあり、対応可能な会員人材の発掘とスキルアップをはかり世代交代を図ることが喫緊の課題である。
 
本ディスカッションでは、@どのようなスキルが必要か? Aどのような教育支援が可能か?を考える。
 
今後、名古屋工業大学にごきそ技術士会会員の技術士を実務型教員として推薦するにあたり、事前にスキルアップの場を事務局として提供することを検討している。当面、ごきそテクノカフェ、またはごきそ技術士会例会の場を活用したいので、名古屋工業大学への教育支援活動に参加を希望する会員技術士は積極的にごきそテクノカフェや例会への参加をお願いしたい。


2017/5/7 2017年5月27日(土)13:00〜開催 『平成29年度総会・第25回例会』のご案内を掲載しました。

2017/5/7 『入会のお誘い』を更新しました(PDF)

2010/11/23 会則を掲載しました。

2009/11/23 このホームページを立ち上げました。

Last Update:2011/5/2

入会のご案内
1.名古屋工業大学ごきそ技術士会の設立趣旨
 
 我々名古屋工業大学卒業生の技術士有志は、技術士の資格を有する名古屋工業大学卒業生を結集し、名古屋工業大学関係者の協力を得て、名古屋工業大学への教育支援、名古屋工業会との連携、会員の職務能力向上と社会的貢献を果たすため、名古屋工業大学ごきそ技術士会(略称ごきそ技術士会)を設立しました。
 名古屋工業大学は、日本の近代化の発展の礎となる科学・技術の研究開発、教育に真剣に取り組み、建学以来、工学・工業教育一筋に邁進して、今日に至っています。日本をリードするものづくり産業を支える立地と教育環境に恵まれ、有能で多彩な教授陣と社会的に活躍する多くのの卒業生を擁する研究・教育機関です。
 名古屋工業大学の卒業生、大学関係者には高度な科学技術を支える技術者が多数存在し、多方面で活躍しています。日本の産業が継続的に発展していくためには、科学技術創造立国を担う新技術の開発、実用化が必要であり、その推進役は技術者であります。とりわけ、専門的知識と応用能力、そして技術者倫理を兼ね備えた技術士への期待が高まっています。
 技術士は、技術者として最高位に位置づけられた国家資格で、プロフェッショナルエンジニアや技術コンサルタントとして社会的に認知されています。技術の高度化、情報化、企業活動の国際化などにより、技術士は技術者のリーダーとしてその職場で活躍することだけでなく、地域や社会に貢献することが期待されています。
 ごきそ技術士会は、技術部門を越えて会員の相互研鑽と親睦を通じ、名古屋工業大学の学生や教職員と交流できる場の創設や、名古屋工業会、日本技術士会、他大学技術士会とも連携しながら、会員の職務能力の研鑽を図り、地域そして社会への貢献に寄与していきたいと考えています。
設立総会での末利銕意会長のごあいさつ
 
2.名古屋工業大学ごきそ技術士会設立の目的と活動内容
 
名古屋工業大学ごきそ技術士会設立の目的と活動内容は以下の通りです。
2.1.目的
名古屋工業大学ごきそ技術士会は、次に挙げる項目を設立の目的とします。
○会員の技術の継続的な研鑽を図り、地域社会に貢献し、社会の発展に寄与する。
○会員組織をあげて、名古屋工業大学および名古屋工業会と連携協力し、その発展に寄与する。
○会員の連携を図り親睦を深める。
2.2. 活動内容
上記目的を達成するために、次の活動を行います。
○会員の継続研鑽に関する講演会、研究会、交流会、見学会の運営。
  2010年6月26日に名古屋工業大学において設立総会と第1回例会を開催いたしました。
  2010年10月30日に名古屋工業大学にて第2回例会を開催いたしました。
  2011年2月26日に名古屋工業大学にて第3回例会を開催いたしました。
○名古屋工業大学の教育の場等において、会員の実務経験に基づく教育研究支援。
○学生、卒業生および修習技術者(JABEE修了生*を含む)に対する技術士資格の取得支援。
○名古屋工業会が行う事業への協力・支援
○日本技術士会や他の大学技術士会が行う事業への協力・支援
○その他、本会の目的を達成するために必要な活動
*日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定した教育プログラムの修了者
 
3.名古屋工業大学ごきそ技術士会の会員数

  • 正会員 : 105名(2017年5月7日現在)
     
4.名古屋工業大学ごきそ技術士会会則
 
こちらをクリックして下さい(新しいウインドウで会則を表示します−PDFファイル)。
 
5.名古屋工業大学ごきそ技術士会入会の入会金と年会費
 
入会金 : なし
年会費 : なし(会の運営は例会開催時の参加費および懇親会費の剰余金にて行っております)
会計幹事・事務局 橋本英樹(Zk1 技術士(金属部門・総合技術監理部門))連絡先 : hidekih@wine.plala.or.jp
例会等にはその都度実費(会場費及び講師謝金の按分の負担金、1,000円〜2,000円)を徴収致しております。
入会金、会費のお振り込の前に、会計幹事(hidekih@wine.plala.or.jp)まで電子メールにて次の内容をご連絡願います。

【入会申し込み
氏名、技術士登録部門、卒業学科、卒業年、学科記号(C50、Es48、K40など)、電子メールアドレス、連絡先住所・電話番号(自宅など)を事務局まで電子メールでおしらせ下さい(hidekih@wine.plala.or.jp)。

折り返し、入会に関してメールにてご連絡を差し上げます。

ご入会頂いた方には、電子メールアドレスをメーリングリストに登録させて頂きます。ご入会後は電子メール(Googleのメーリングリストを利用)によりご連絡、行事のご案内などを致しております。
 
6.これまでの例会
第2回例会(2010年10月30日開催)のご案内
第3回例会(2011年2月26日開催)のご案内