直線上に配置
バナー





         

                    




                                                                             







                    

 

 ローテクノロジー」の積み重ねこそ

                                     平成31年3月11日

 

東日本大震災の発生から、すでに丸8年を迎えた。

この間、小生は地域社会と消防団、自主防災組織のかかわりを研究テーマとし、沿岸部の被災地に足を運んできた。

一方、東日本大震災の反省を踏まえて、議員立法の「消防団基本法」が成立した。

この法律は地域防災力を高めるために、消防団と防災関係機関の連携のあり方を提示している。

「地域防災機関の連携の重要性」と口で言うことは容易いが、

具体策はなかなか見つからないのが実状である。

最近、あることがきっかけで、地域防災機関は、「自分たちの住んでいる地域社会について、

掘り下げて観察すべきである」と考えるようになった。

どんなに防災関係機関が最先端の技術(ハイテクノロジー)を駆使したとしても、

その地域の課題に全て適合するはずはない。特に、消防団や自主防災組織は、

自分の住んでいる地域の変化にもっともっと関心を向けるべきである。

河川を例にとると、その水量、流速、水の濁り具合、流木の量、などといった

いわゆる「ローテクノロジー」を大切にすることが重要であるように思う。

「ローテクノロジー」こそ、防災関係機関のみならず、

全ての住民が日常から地域社会に関心を寄せることにより、連携の基盤は強固になるという確信をもつようになった。

 昨年から取り組んでいる「消防団と自主防災組織の連携のあり方」(仮題)にも、

やっとめどがつき、夏ごろまでには脱稿することできるのではないかと考えている。 


                               後藤一蔵

 



                                              

自己紹介
主な著書・学会発表論文
調査報告書
村落の消防組織
メール
掲示板
リンク

直線上に配置