(1)雪は何故、白い?
 
雪が何故、白いか?などと考えた事はあるでしょうか?雪は「天
からの手紙」とも呼ばれ雪の結晶を調べるとその時々の空の様子
が解るとも言われています。実際に北海道に住んでいる私達でさ
え雪が何故白いのかを言える人は少ないと思います。北海道に住
んでいる者にとっては雪は白くて当たり前でかえって雪が白色意
外の色の雪が空から降って来たら不吉な事が起こる前触れではな
いか?と愕くと思います。何故、雪は結晶だと白く見えて解ける
と無色透明なるのに雪が白く見えるかについて説明させて頂きま
す。
雪は、六角形の結晶で良く知られている代表的な模様は昔の雪印
のマークで一般的にこの結晶のマークを知らない人は少ないと思
います。この様な複雑な雪の結晶が白く見えるのには光が大きく
関わっていて光が雪の結晶に当たると光の乱反射を起こし光が四
方八方に飛び散る事が人間の目で見ると白く見えると言われてい
ます。説明されると何か物足りない感じと意外さが感じられます
が単純の中に神秘があるのかもそれません。
 
 
(2)雪根開き
 
雪国では、春の訪れを知る事はなかなか大変です!本州では、春
一番が吹くと春が近いとか?言われますが北海道の様な雪国では
春一番が吹いてもまだまだ寒い日が続きます。
雪国では、春が近い事を一番最初に知らせる現象が何と言っても
雪根開きでしょうね!只、「雪根開き」と聞いてもなかなか分か
らないと事と思います。雪の積もる森の中で木の幹の部分と根元
の部分の雪が融けて根元部分の土だけが出ている現象が「雪根開
き」と言われていて北海道ではこの現象が起こっていると春が少
しずつ近づいている証拠とも言われています。
何故、「雪根開き」と言う現象が起きるかと言うと長い冬の少な
い日差しから次第に春が近づくと日差しも少しずつ強くなり、こ
の春の日差しが樹木の幹を暖めその熱が根に伝わり根の周辺の雪
を融かす事がくぼみを創り穴が開いた様な現象を引き起こします。
この「雪根開き」の現象が見られると道路の雪もかなり融けアス
ファルトが出てきて道路も走りやすくなりますがときたま雪が積
もりびっくりする事もあります。
「雪は何故、白い」・「雪根開き」・「 川霧」・「寒さを利用した酒造りアイスドーム」・ 
「今は、あまり見されないつらら」・「雪の中のポール」など冬や雪に関してを紹介。
(3)川霧
 
気温ー23度まで下がった早朝の旭橋を撮影したものです。旭橋
が石狩川から立ち上る川霧に包まれ霞んでいます。川霧は、川の
水温より極端に外気温が低いと発生すると言われていますが気象
状況などにも大きく影響を受け発生しない場合もある現象です。
北海道では、気温がマイナス15度以下になるとダイヤモンド・
ダストが見られるとも言われていますが空気中の湿度や風の強さ
など自然界の微妙な影響によりダイヤモンド・ダストが発生した
り川霧が発生したり何も発生しない場合もあります。1月下旬の
流氷がオホーツク沿岸に接岸した頃から2月中がダイヤモンド・
ダストや川霧などを見られる可能性が多くなる時期ですから早朝、
少し早起きをして外を観て見るのも良いかもしれませんよ。
(4)寒さを利用した酒造りアイスドーム
 
今や冬の風物詩ともなっている蔵元のアイスドーム。酒造りの三
大要素の一つである寒い気候を最大限に利用したものです。
写真は、旭川の蔵元・高砂酒造のアイスドームですが男山酒造で
も雪室で酒を絞っています。高砂酒造の造ったアイスドームの中
では、布の袋に入れられた「一夜雫」のもろみが約1日をかけ、
一滴、一滴とお酒になって落ちています。このもろみを吊るし絞
る方法だと時間は掛かりますが雑味がなくなる事とアイスドーム
の内の一定の冷温が酒本来の風味を損なわず出来る事が特徴だと
も言われています。只、欠点として酒を絞るのに時間と手間が掛
かる事で大量生産が出来ず限定品になってします事です。
(5)今は、あまり見られない「つらら」
 
冬になると今も昔も子供達が意外に喜ぶのが「つらら」です。昔
の住宅の軒先には、かならずと言っていいほどできていたのが
「つらら」です。現在の一般住宅では、断熱材の向上から「つら
ら」が軒先にできている家は少なく昔ながらの古い木造建築の工
場やレンガ倉庫など「つらら」が屋根から垂れ下がっている光景
は特定の建物でしかなかなか見る事ができなくなりました。写真
の「つらら」は、旭川の醤油工場の屋根に出来ていたかなり太く
大きな「つらら」ですが写真でわかるでしょうか?
余談ではありますが「つらら」が出来る原因は、一般的には、室
内の熱が天井を抜けて屋根に伝わり屋根に積もった雪を溶かし屋
根から雫となって落ちる水が凍ったものが「つらら」になると言
われています。但し、室内の熱だけで「つらら」が出来るとは限
らず太陽の熱、気温、風など自然の力により「つらら」は成長し
ます。
(6)雪の中のポール
 
冬になると雪の中に立てられているポール。正式名は、わかりま
せんが道路の縁石やガードレールのあるところなどに立てられて
います。このポールは、除雪や排雪などの時にそこに障害物があ
る事を指示しています。旭川の様に雪が約1m位積もる所では、
縁石やガードレールなどの位置がわからなくなり除雪の為の重機
などが衝突したり壊したりいない様に目印として立てられていま
す。このポールを見つけたらこの近くにはあまり近づかない方が
よいと思います。障害物が雪の中に埋れていますよ!
旭川個人タクシー「旅人の心をわかる会」
「四方山話編」
(第七章)
dosanko112053034.jpg
第一章
dosanko112053033.jpg
第二章
dosanko112053032.jpg
第三章
dosanko112053031.jpg
第四章
dosanko112053030.jpg
第五章
dosanko112053029.jpg
第六章
dosanko112053028.jpg
第七章
   HP代表
 奥山タクシー
090-6442-4244


はしばタクシー
090-1300-8932
  HP代表
 奥山タクシー
am_pen.gif dosanko112053020.gif
観光案内
dosanko112053019.gif
旭川観光
dosanko112053019.gif dosanko112053019.gif dosanko112053019.gif dosanko112053019.gif dosanko112053019.gif dosanko112053019.gif
富良野観光
大雪山観光
道東観光
道北観光
道央観光
美瑛観光
dosanko112053019.gif
道南観光
dosanko112053018.gif dosanko112053017.gif dosanko112053017.gif dosanko112053017.gif dosanko112053017.gif
観光コース
 料 金
ちょこっと
観光ぷらん
 5時間
観光ぷらん
1日(8時間)
観光ぷらん
 その他の
観光ぷらん
dosanko112053012.gif dosanko112053012.gif
問い合わせ
 予 約
スタッフ
 紹介
Feature
Page link
dosanko112053013.gif dosanko112053013.gif dosanko112053013.gif dosanko112053013.gif
北海道の雑学
四方山話編
動物編
自然編
歴史編
dosanko112053012.gif
Top Page
dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif dosanko112053010.gif
風景写真
春風景(壱)
秋風景(壱)
秋風景(弐)
冬風景(壱)
冬風景(弐)
道北編
道東編
道央編
春風景(弐)
夏風景(壱)
夏風景(弐)
夏風景(参)
dosanko112053010.gif
道南編
Infomation
dosanko112053008.gif dosanko112053008.gif dosanko112053008.gif dosanko112053008.gif dosanko112053008.gif
都市間距離
温泉地位置
観光スポット
名水湧水情報
運賃料金概要
問い合わせ
 ・予約先
電話担当者
E-mail
dosanko112053003.jpg dosanko112053002.jpg
馬鈴薯の話