水道の圧力測定

 オークションで圧力計を買った。千円。直径10cm最大計測圧力0.6Mpa。昔の基準では6kg /cm2だ。水圧も油圧も空気圧も同じ機能と思うが、実際のところ、使用方法の区別は解らない。圧力計には違いはないと思う。

 とりあえず、自宅の水道圧力を計測してみた。なんとメーター振り切り状態だ。こんなに圧力があるとは思わなかった。家は低位部にあるものの、0.3〜0.5mhp程度と想定していたが、こんなにあるとは?。単純に計算して、6kg cm2は貯水槽水面とこのメーターとの落差は60m近くになる。確かに、家のシャワーは水圧がありすぎて、痛い程である。

 水道を全開した。水頭差60mでもこの程度。1m程しか上がらない。でも、ホースの先をつぶして放水すると、10m程は飛んで行く。洗車時はこの圧力が結構重宝する。下回りの泥もある程度落とせる。

 今度は風呂の残り湯を洗濯機に使用するためのミニなポンプを試してみた。0.04mpa。

 ミニポンプはジジイの〇○○ベン程度。

 ネコの額ほどの庭でスプリンクラー(ホームセンターでどちらも398円)のテストを行った。黄色のスプリンクラーはY字に突き出た2本の口がクルクル回り放水する。右のスプリンクラーは中央部から吹き出た水が真ん中の緑色の羽に当たり、水圧で羽がクルクル回りな放水状体になる。

 蛇口を少し開放して半径3m程度だ。全開したら、狂ったように回っている。半径10m以上にもなる。低圧で半径3m以内には均一に蒔くことはできるが、水圧を上げると中心部には撒けない。
 緑色のほうは、水圧を上げると遠くにも飛んでいくが、中央部が霧状になりそれなりに撒くことができる。低圧では水滴が大きくてバラバラと近くに飛ぶ。

 こんどはミニポンプで試してみた。これでも半径3m程度は飛んでいる。

HOME